編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

24時間365日!振込貸付における即時着金の時間帯拡大

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

From: PR TIMES

2018-10-15 15:40

デジタライゼーション×「PROMISE for your Future!」

 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(代表取締役社長:幸野 良治 以下、当社)が展開するプロミスは、10月9日より開始された全国銀行データ通信システム(以下、全銀システム)の稼動時間拡大に伴い、全銀システムに加盟する金融機関のうち504行を対象に、プロミスの振込貸付における「即時着金」の時間帯を拡大します。
 これにより、銀行振込でのご融資において平日夜間や土日祝日の即時着金が可能となり、より多くのお客さまの資金ニーズにスピーディにお応えすることが可能となります。




○サービスの概要
最短10秒程度!「即時着金」の時間帯拡大
 プロミスのお客さまに対する銀行振込でのご融資において、当社はこれまでも三井住友銀行およびジャパンネット銀行の銀行口座をお持ちのお客さまに対して、24時間最短10秒程度で即時着金を行ってきました。このたび全銀システムの稼動時間拡大に伴い、全銀システムに加盟している金融機関1,275行のうち、稼動時間拡大に対応する504行(2018年8月30日時点)について、プロミスの振込貸付における即時着金の時間帯を拡大します。これにより、銀行振込でのご融資を希望するお客さまにとって、平日15時以降や休日の即時着金が可能となる金融機関が増えることから、より多くのお客さまの資金ニーズにスピーディにお応えすることが可能となります。
 また、振込先の金融機関によって稼動時間拡大の対応時間が異なることから、振込貸付のお申込み時には、振込先として指定する金融機関への着金時間を検索しお客さまへご案内を行うサービスを開始します。お客さまは事前に着金時間を確認することができ、安心して振込貸付のお申込みをいただけるようになります。

 近年、スマートフォンの普及によるキャッシュレス・カードレス化が拡大する中、当社では2017年10月にプロミスのお申込み・ご契約・入出金取引などの一連の取引ができる総合サービス「アプリローン」を導入しました。アプリローンではセブン銀行ATMで24時間365日お取引が行える「カードレス取引」、お借入れを三井住友VISAプリペイドへチャージ(入金)できる「キャッシュレス取引」を搭載し、お客さまの“いつでもどこでも”にお応えする各種サービスを実現してきました。このたびの振込貸付における即時着金の時間帯拡大は、“いつでもどこでも”のサービス展開を更に拡充するものとして、お客さまの更なる利便性向上を図ります。
[画像: (リンク ») ]

 
 当社はこれからもデジタライゼーションを活用した利便性向上をテーマに、お客さまにとって身近で安心・便利にご利用いただける金融サービスの提供を通じ、お客さまの未来を応援していきます。

                       
                             
                                             以  上


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]