ブロックチェーンアプリにおける開発支援プラットフォームサービス"getho"のβ版リリースのお知らせ

Popshoot 2018年10月15日

From PR TIMES

DApps開発のプラットフォーマーを目指す

株式会社Popshoot (代表取締役社長:大山敏浩、以下、弊社)は、Ethereumプライベートノードの立ち上げや、Webデバッガーを利用したスマートコントラクトの実行とテストなどを行うことができるプラットフォームサービス"getho"( (リンク ») )のβ版提供を本日より開始いたしました。

gethoは世界中全てのDApps開発者にとって必要不可欠な開発支援プラットフォームを目指します。

公式サイト: (リンク »)




gethoについて


gethoは、DApps開発に必要不可欠な機能を持ち合わせたDApps開発者支援プラットフォームです。gethoβ版では大きく分けて以下3つのサービスに絞り提供して参ります。

1. プライベートノードの立ち上げ&HTTPエンドポイント経由でどこからでもアクセス可
getho( (リンク ») )のHPにたどり着けば、あとは"Create Node”を押し、簡単なユーザー登録を行うだけでイーサリアムのプライベートノードを構築することができます。
また、複数人(チーム開発)でDApps開発を行いたい場合でも、簡単にリモートサーバーを構築できるのでチーム開発に適しています。



2. プライベートノードにおけるトランザクションログの表示
Blockchain.infoなどにおけるトランザクションログは、パブリックブロックチェーンを対象にしたもので、プライベートブロックチェーンの場合トランザクションログをコマンドライン上でしか確認することができません。gethoではプラットフォーム内に、トランザクションログの確認可能なGUIを実装し、トークン移動の確認が容易に行えます。

3. Webデバッガーツールを用いたスマートコントラクトの実行とテスト
スマートコントラクトの実行をテスト環境にて簡単に行うことが可能です。


また、これらの機能に加え、DApps開発に一般的なTruffle Frameworkをそのまま用いることで、gethoにスマートコントラクトを簡単にデプロイすることができます。

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]





β版における料金形態について



β版においても、α版から引き続き無料にてお使い頂けます。
また、企業にてお使いをご検討されている場合は随時サポートさせて頂きますのでお問い合わせください。



今後について

gethoは世界中誰もが簡単にDApps開発を行える、そして全DApps開発者にとって必要不可欠な開発支援プラットフォームを目指しています。

現在(2018年10月)はまだβ版のため、利用できる機能なども限られてはおりますが、随時ユーザーからのヒアリングを行い正式リリースへ向けたユーザーエクスペリエンス向上を目指してまいります。


会社概要

会社名 : 株式会社Popshoot ( (リンク ») )
代表者 : 大山敏浩
設立 : 2015年10月15日
事業内容 : スマートフォンアプリの開発・運営
所在地 : 〒106-0032 東京都港区六本木7-3-12 六本木インターナショナルビル5B
お問い合わせ先:getho@popshoot.co.jp

今後の予定などについては順次プレスリリース等でお知らせ致します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]