農業用水監視ソリューションを滋賀県へ導入!

西日本電信電話株式会社 2018年10月16日

From PR TIMES

~農業用水の安定かつ効率的な水管理を実現~

NTT西日本では、農業用水の遠隔監視、自律制御を可能にした農業用水監視ソリューションを滋賀県愛西土地改良区※へ導入し、2016年5月より本格運用されています。
※ 土地改良区とは、土地改良法に位置づけられた法人格を有する団体であり、農業水利施設の建設または維持管理等の土地改良事業を行うことを目的として農業者の発意により都道府県知事の認可を得て設立。



近年、大型台風や集中豪雨などによる水害の脅威が増している中、農業生産力を支える“水”の安定供給を行う農業用水管理施設の重要性は高まってきており、その適切な維持管理が社会的課題となっています。とりわけ施設の老朽化の進行に伴う管理コストの増大、施設の保全管理を支える農業者の高齢化や減少が問題提起されています。


[画像1: (リンク ») ]

                【グラフI.施設老朽化に伴う修繕費の推移】    

[画像2: (リンク ») ]

    
                  【グラフII.農業就業人口の推移】
     
*グラフIは、農業農村振興整備部会報告「農業水利について」(平成24年度)の第2部(農林水産省)参照。
 グラフIIは、農林水産基本データ集「農業就業人口及び基幹的農業従事者数」(平成30年10月1日現在)参照。


NTT西日本の農業用水監視ソリューションは、コスト・品質両面から、固定・モバイル・無線等の最適なネットワークと保守部材が入手しやすい汎用機を組み合わせて、少人数で各エリアの水位や流量情報の監視、水門やゲートなどの開閉の遠隔制御を実現します。
滋賀県においても農業用水を安定供給するための合理的な管理システム構築が求められていた中、同県下の愛西土地改良区内の中央管理所(親局)1局と分水工(子局)30局を対象に、本ソリューションを導入いただきました。

[画像3: (リンク ») ]


[画像4: (リンク ») ]

                   【中央監視所(親局)の模様】
[画像5: (リンク ») ]

                    【分水工(子局)の外観】
[画像6: (リンク ») ]

                     【遠隔監視画面】

[画像7: (リンク ») ]

                    【自動制御イメージ】

★農業用水監視ソリューションの導入事例をWEB動画で公開中です!
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]