無線伝送を用いたAV over IPの実証試験を実施 ~ 60GHz帯を用いた高画質低遅延の映像伝送 ~

HCNET 2018年10月16日

From PR TIMES

 このたび、エイチ・シー・ネットワークス株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長 大江愼一)と、株式会社アルバニクス(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長 岩崎良平)は、60GHz帯を用いた無線LANによる低遅延AV over IPの実証試験を実施しました。
 実証試験には、アルバニクス社製のAV over IP伝送装置である「NAPA NP-HD2IP-TR」とSiklu Communication(本社:ペタク・チクヴァ)が開発・販売している60GHz無線システム「MultiHaul(TM)」を選定し、4K@30の映像信号伝送への活用を実証しました。




 MultiHaul™では独自のアンテナ技術により、アンテナの方向調整に時間を費やすことなく、最大300mの距離で1Gbpsの広帯域通信を確立し、維持することが可能です。
 従来の無線LAN(2.4/5GHz)と比べ、混信や揺らぎの少ない通信環境を構築することが可能で、より安定した映像伝送回線の構築ができることを確認しました。
 この実証結果により、有線インフラの敷設が難しい環境においても、高精細な映像伝送が可能となる指針を得ることができました。今後、屋外イベントなどでの中継映像のラストワンマイル伝送や、高画質カメラの監視映像伝送など各種環境でも同様の実証検証を行う予定です。

■実証構成
[画像: (リンク ») ]


■MultiHaul™(Siklu Communication社製)
 MultiHaul™は免許不要の60GHzを用いた、高速無線ブリッジ装置です。
 1台のBaseUnitで最長300mの距離まで接続可能で、最大8台のTerminalUnitと通信できます。
 最大で1.8Gbpsの高速通信が実現可能で、有線接続にも劣らない、通信回線を構築可能です。
  (リンク »)

■株式会社アルバニクス
アルバニクスは業務用映像周辺機器・ケーブル等の輸入・販売を行っている技術商社です。
世界の映像先進国から最新鋭の機器を調達し、エンジニアによる検証・評価を踏まえて、市場投入をしております。
特にAV視聴覚/監視/文教関連/デジタルサイネージ/航空管制などの市場に多くの実績がございます。
豊富な経験に基づいたデジタル機器に関するノウハウを活かしお客様に最適なソリューションを提供します。
(リンク »)

■エイチ・シー・ネットワークス株式会社
 エイチ・シー・ネットワークスは、高品質&信頼ネットワークの提供をビジョンとするネットワークインテグレーション会社です。30年以上のシステム構築実績を生かし、「ネットワーク」、「セキュリティ」、「ビジュアルコミュニケーション」、「トータルマネジメントサービス」のフィールドで、提案から構築・保守までワンストップでトータルネットワークソリューションを提供しています。詳細は以下のURLからご覧いただけます。
(リンク »)

■本ニュースリリースに関するお問い合わせ
 〒111-0053
 東京都台東区浅草橋1-22-16ヒューリック浅草橋ビル4F
 エイチ・シー・ネットワークス株式会社 営業本部 営業推進部 営業推進グループ 山田
 お問い合わせURL: (リンク »)

■登録商標
 本ニュースリリースに記載されているその他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

本ニュースリリース記載の情報(製品・サービスの内容、仕様、価格、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
本ニュースリリースに記載の通信速度などは、ご使用環境により変化するもので、保証するものではありません。本ニュースリリースに記載の通信距離は、遮へい物のない見通し距離の目安です。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]