ナンバーナイン、noteを運営するピースオブケイクとのパートナーシップを締結

株式会社ナンバーナイン 2018年10月17日

From PR TIMES

メディア・プラットフォーム・サービスnoteが実施する、新しい才能を世に送り出す「クリエイター支援プログラム」に参画し、noteを活用する漫画家の電子書籍化サポートを開始します。

デジタルコミックエージェンシーのナンバーナイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小林 琢磨)は、2018年10月17日(水)にピースオブケイク(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:加藤貞顕)とのパートナーシップを締結しました。

本締結により、メディア・プラットフォーム・サービスnoteが実施する、新しい才能を世に送り出す「クリエイター支援プログラム」に参画し、noteを活用する漫画家の作品の「売り場と売上の最大化」電子書籍化サポートを開始します。



2018年4月よりnoteが取り組む「クリエイター支援プログラム」のパートナーシップ第三弾として、この度正式にナンバーナインが参画させていただく運びとなりました。本取組を通して、noteで発掘された漫画作品を、より多くの読者に届けるための「売り場と売上を最大化するお手伝い」を行います。

<この取組みで具体的に行うこと>
noteで発表されている漫画作品のうち、ネットで話題になったり、noteユーザーの人気が高かった作品を定期的にナンバーナインへ紹介。その中から、ナンバーナインが気になる漫画作品の電子書籍化の提案を開始します。

<ナンバーナインと作家とのやり取りについて>
ナンバーナインからクリエイターのみなさまへのオファーについては、note運営を経由して共有していただきます。クリエイターのみなさまは、自分にとっていいと思うオファーであれば、別途打ち合わせをしたり、電子書籍化の契約を結んでいただくことが可能です。
その後、作品が完成して発売された際には、ナンバーナインだけでなくnoteやcakesと共に販売促進のお手伝いもさせていただきます。

<ナンバーナインが提供するもの>
noteよりご紹介いただいた漫画家の漫画作品を電子書籍化し、約200の電子書籍ストアへ配信するお手伝いをさせていただきます。電子書籍化後は、作品プロモーションのサポートや、ナンバーナインが開発する漫画家向けレポーティングシステム「pippi(ピッピ、現在はベータ版)」のサービス利用提供も行います。

<note(ピースオブケイク)に提供いただくもの>
本プログラムでご提供いただく情報については、ページビューや売上など、クリエイターのみなさまのみしか知りえない情報を公開するものではありません。あくまで作家名、作品名といった限られた情報のみをご提供いただく予定です。

株式会社ナンバーナインについて

[画像1: (リンク ») ]


2016年11月に創業した、「漫画でひとびとの人生を豊かにする。」をMissionに掲げるデジタルコミックエージェンシー。漫画クラウドファンディング、電子書籍配信代行、漫画アプリ『マンガトリガー』、東京都渋谷区に構えるマンガ好きのためのコミュニティサロン『トリガー』の4つのサービスを通して、「作る→届ける→読む→繋がる」の視点でデジタル時代における最適な漫画体験を追求します。
企業サイトURL: (リンク »)

note(ノート)について

[画像2: (リンク ») ]


株式会社ピースオブケイクが運営するnoteは、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、クリエイターとユーザーをつなぐことができるウェブサービスです。作品はブログやSNSなどと同様に無料公開ができ、ユーザー間で売買もできます。また、フォロー機能により、クリエイターとファンとの親密なリレーションを提供します。noteにはこれまでに、約2,200,000件の記事がユーザーにより公開されています(2018年10月現在)。
webサイトURL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]