ステレオビジョン方式3DセンサーAI, IoT、VR/MR、スマートデバイス開発に最適 「aeroTAP 3D USBカメラGS」発表

株式会社ネクステッジテクノロジー 2018年10月17日

From PR TIMES

ADAS、パーソナルモビリティ、ロボット、AI, IoT、VR/MR、セキュリティ、スマートデバイスなど、今後ニーズが高まる新しい分野の製品開発に最適。

株式会社ネクステッジテクノロジー(本社:茨城県つくば市、代表取締役:坂本堪亮、以下ネクステッジ)は、ステレオビジョン方式の3Dセンサー「aeroTAP 3D USBカメラGS」を発表しました。
これは、ADAS、パーソナルモビリティ、ロボット、AI, IoT、VR/MR、バーチャルユーチューバー、スマートデバイス、セキュリティなど、今後ニーズが高まる新しい分野の製品開発に必要な、3Dセンサーで、深度計算、カラー画像と深度画像との同期とマッピング処理がモジュール内蔵のICチップで処理されるため、CPUへの負担がなく、シンプルな機構で構成されるものです。また、従来のaeroTAP 3D USBカメラに比べ、高精細な3Dキャプチャを実現するために、ベース幅を6cmとし、広角FOV84、グローバルシャッターを取り入れ、1280x780のカラーと深度画像がUSB 2.0/3.0から取得できます。

販売時期は11月出荷、価格は高機能ながら40,000円以下に抑える予定となっています。




aeroTAP 3D USBカメラGS (ステレオビジョン方式3Dセンサー)

ステレオビジョン方式の3Dセンサーでは、深度計算、カラー画像と深度画像との同期とマッピング処理がモジュール内臓のICチップで処理されるため、CPUへの負担がなく、シンプルな機構で構成できます。USB2.0/USB3.0パスパワーで接続、複数のセンサーを同時に接続することも可能です。
従来ハイマフォーマンスのCPU、GPUを必要としていたリアルタイム3D処理を安価なシステムで行えるようになります。

aeroTAP 3D USBカメラのステレオビジョン方式では、左右2つのイメージセンサーが完全に同期して撮像が行われ、深度マップをモジュールに搭載されたICチップで計算します。結果、深度画像とカラー画像も完全に同期し、深度画像とカラー画像のマッピング結果がカメラモジュールから得られます。 ADAS、パーソナルモビリティ、ロボット、AI, IoT、VR/MR、監視カメラ、セキュリティ、見守りカメラ、ゲーム開発、スマートデバイス開発など、新しい分野の製品開発に必要な3Dセンサーを提供します。

カメラモジュール部 10cm x 4cm x 1.84cm



[画像1: (リンク ») ]

広角FOV84レンズの採用により、1.5m離れると人物の全身を捕らえることができます。
[画像2: (リンク ») ]


ステレオビジョン方式では、1280x720深度画像とカラー画像が完全に一致しています。そのため、カラー画像と合成した、3Dキャプチャーが簡単に行えます。


[画像3: (リンク ») ]


■利用用途


モビリティロボット、ADAS用のセンサー
VRやMRコンテンツのインターフェイス
3Dデジタルコンテンツ
インターラクティブ デジタルコンテン
監視カメラ、見守り、セキュリティカメラ
人数カウント
人物動作解析
ゲーム
スケルトン追跡、人物抽出

■スケルトン追跡
無料で提供されるOpenNI2ドライバーを介して、PCL、Unityをはじめ様々な既存のアプリケーション、アプリケーション開発環境で3Dデータを利用できます。

[画像4: (リンク ») ]



■aeroTAP 3D USBカメラ GS ( 6cm ベース)仕様


ベースライン 6cm, 有効距離: 25cm から 4.5m
インターフェイス USB2.0/USB3.0 MicroBメス端子
深度画像 640x480、1280x720
カラー画像 640x480 から 1280x720
イメージセンサー 1280x972
シャッター種類 グローバルシャッター
センサーサイズ 1/3 インチ
FPS 3/10/15/30/60
電源 USB バスパワー(5V/500mA, 5V/800mA)
FOV 84
レンズ種類 デュアルバンド IRカットフィルター付き
その他 UVC1.1互換
左右カラー画像、および深度画像の同期


■aeroTAP 3D USBカメラ ( 3cm ベース)


ベースライン 3cm, 有効距離: 25cm から 2.5m
インターフェイス USB2.0/USB3.0 MicroBメス端子
深度画像 320x240、640x480、640x400*1

*1オプション設定が必要


カラー画像 320x240 から 1280x720
イメージセンサー 1296x812
シャッター種類 ローリングシャッター
センサーサイズ 1/4 インチ
FPS 3/10/15/30/60
電源 USB バスパワー(5V/500mA, 5V/600mA)
FOV 63.2
レンズ種類 Type A IRカットフィルター付き
その他 UVC1.1互換
左右カラー画像、および深度画像の同期


センサー比較 - aeroTAP 3D GS vs aeroTAP 3D USB,
[動画: (リンク ») ]



■リアルタイム3D再構成を使った、デジタルサイネージ用インターラクティブ デジタルコンテンツ例
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

aeroTAP 3D USBカメラと共通のカメラベースが利用できます。また、カメラモジュール部分は取り外して三脚ネジで固定することも可能です。

「aeroTAP 3D USBカメラGS」

【動作環境】 Windows OS、Linux OS
【販売価格】  40,000円前後の予定  *価格は予告なく変更されることがあります
【販売形態】  専用Webサイト www.shareEDGE.com、販売代理店へより販売


■お知らせ■
2018年10月16日(火)から10月19日(金)開催のCEATEC Japan (幕張メッセ)に出展します。
ブースH040でデモ体験随時行います。ぜひお立ち寄りください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]