Cayin N8・Nutube真空管搭載デジタルオーディオプレーヤーのご案内

株式会社コペックジャパン 2018年10月19日

From PR TIMES

KORG製Nutube真空管及びトランジスタアンプ搭載で音質選択が可能

株式会社コペックジャパン(本社:東京都渋谷区)は、2018年10月24日(水)よりCayin(カイン)社製DSDネイティブ/ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤーN8の販売を開始致します。
N8は、通常のトランジスタアンプのみならず、KORG製Nutube真空管を搭載することで真空管特有の豊かな倍音もお楽しみいただけるプレーヤーです。真空管アンプで有名なCayinの25周年を記念する長年の技術が惜しみなく注がれたフラッグシップモデルN8が遂に登場します。



[画像1: (リンク ») ]

【Cayin 25周年を記念するフラッグシップDAP N8】
フラッグシップモデルとしてのN8にはCayinの技術と経験の全てが注ぎこまれていると言っても過言でありません。N8のDACにはAKM製AK4497EQをデュアルで搭載し、オペアンプもMUSES02をデュアルで搭載しました。さらに3.5mmシングルエンドだけでなく、ペンタコン製4.4mmバランス出力も搭載しています。
そして、極めつけはトランジスタアンプだけでなく、KORG社製Nutube真空管を搭載したことでしょう。真空管モード時には本体正面からうっすらとブルーの光が輝き、真空管アンプやレコードプレーヤーの音に馴染みのある方にはうってつけのサウンドと言えます。

[画像2: (リンク ») ]

【Nutube真空管とトランジスタアンプ利用で音質の選択が可能に】
Cayinの25周年を記念するフラッグシップモデルN8にはKORG製Nutube真空管6P1と通常のトランジスタアンプを搭載し、音質の選択が可能です(シングルエンドの場合)。Nutubeは従来の真空管と同じく、アノード・グリッド・フィラメントの構造を持ち、完全な3極真空管として動作し、また従来の真空管と同様、真空管特有の豊かな倍音を生み出します。ハイエンド真空管アンプで有名なCayinのノウハウがNutubeのカスタムに当然生かされています。
[画像3: (リンク ») ]

【真空管特有のマイクロフォニックの影響を除去】
また、ポータブルプレーヤーへの真空管搭載の際に問題となりうるマイクロフォニック(振動)の影響を除去するためにN8では先進の設計をしています。フレキシブル・プリント基板、専用設計の衝撃吸収用シリコン、スプリング式サスペンションシステムなど専用設計を施すことでマイクロフォニックの影響を感じさせない仕上がりを実現しました。
[画像4: (リンク ») ]

【デュアル出力モードで多様なヘッドホンへ対応】
N8では、ヘッドホンアンプのボルテージを変更することで出力調整を行い、ハンドリングパワーを高めることが可能です。ユーザーの好みやヘッドホンスペックに応じて対応出来るのです。

[画像5: (リンク ») ]

【最大限の熱対策】
ハイエンドプレーヤーで特有の熱の発生を最大限抑えるために、Panasonic製の熱分解グラファイトシート(PGS)を使用しました。ステンレス製シャーシへの温度上昇が起きやすいコンポーネントにPGSを使用することで、最大の高熱伝導性を発揮し、熱の発生を最大限抑える配慮がされています。

[画像6: (リンク ») ]

【デュアル・ラインアウトで高音質接続の可能性】
3.5mmシングルエンドの他にペンタコン社製4.4mmバランス出力ポートを搭載しており、ユーザーにとってヘッドホンの選択肢の幅が大いに広がることでしょう。さらに3.5mm及び4.4mmはラインアウトとしても機能します。例えば、特別設計のXLR及び2.5mmラインアウト接続用の4.4mmバランス接続アダプターを利用すれば、高音質接続の可能性が飛躍的に向上することでしょう。
[画像7: (リンク ») ]


【高品質なデジタルトランスポートとして】
デュアルラインアウトに加えて、N8では豊富なデジタルインターフェイスとして広範囲に渡る選択肢が用意されています。I2S, USB Type-C経由のUSBオーディオ、S/PDIFなど。これにより、高品質なデジタルトランスポートとしてN8を利用することで、様々なデジタルデバイスとの適合性を発揮します。

[画像8: (リンク ») ]

【究極のオーディオ回路デザイン(なお図はL側チャンネルのみ)】
Nutube真空管、トランジスタアンプ、3.5mmシングルエンド出力、4.4mmバランス出力。これらの組み合わせを最高の音楽パフォーマンスを発揮できるように注意深く、回路のデザインを施しています。手のひらサイズのN8の中に多くの要素が詰まっています。
[画像9: (リンク ») ]

【Bluetooth接続での多様な可能性】
Bluetooth接続ではaptX及びSBCコーデックに対応しています(ファームウエア更新によりさらなるコーデックへの対応の可能性あり)。さらに、スマートフォンやパソコンとのペアリング時にはワイヤレスDACとしても機能するため、ハイエンドプレーヤーとしては異例の多様性を持っていると言えるでしょう。

[画像10: (リンク ») ]

【スマートフォンとN8をHibyLinkで接続して操作】
スマートフォン用アプリHiByMusic Appを使用してお使いのスマートフォンと接続すれば、スマートフォン側からリモート再生や音量調整が可能に。しかもファイル管理、サーチ、プレイリストの作成も可能です。この機能をハイエンド機種でも待ち望んでいたユーザーはきっと多いことでしょう。

[画像11: (リンク ») ]

【新設計のユーザーインターフェイス】
新世代のCayin DAP用に開発された新しいユーザーインターフェイスは効率的で非常に使いやすく生まれ変わりました。

[画像12: (リンク ») ]

【巨大な内蔵ストレージ+さらなる拡張性】
高速かつ信頼性の高いEMMC内蔵メモリ128GBに加え、最大512GBまでのmicro SDに対応。さらに、Type-Cコネクタ経由でのUSB OTG接続を利用すればさらなる容量の拡大が出来、楽曲の直接再生にも対応しています。

[画像13: (リンク ») ]

【LG製超高精細3.2インチ IPSタッチスクリーン搭載】
視野角が広く480x360のLG製パネルを搭載し、滑らかな文字及び画像を映し出すハイコントラストディスプレイを搭載しています。

[画像14: (リンク ») ]

【マルチカラー・スマートLED搭載】
LEDが再生時のサンプリングレートや充電状態をお知らせします。

[画像15: (リンク ») ]

【大容量7,000mAhリチウムバッテリー搭載】
史上最大級の7,000mAhのバッテリーを搭載することで、ハイパフォーマンスDAPとしては異例の連続再生9.5時間を達成しました(STDモードの場合。HIGHモード時は8.5時間)。※なお環境により再生時間は異なります。

[画像16: (リンク ») ]

【最上級のクラフツマンシップを投入】
外装にPVDコーティングを施したステンレス・スティールを使用し、24K金メッキされた真鍮製のコントロールダイヤルが上品なコントラスを作ります。また、背面パネルにはコーニング社製ゴリラガラスを特別にカーブさせたものを使用し、傷や指紋防止のAF及びDLCコーティングもされています。

[画像17: (リンク ») ]

【先端の“クイック”テクノロジーで充電時間をセーブ】
Qualcomm製QC2.0及びMediaTek製Pump Expressに対応し、7,000mAhのバッテリーを20%から80%に充電するに2時間をわずかに越えるのみです。さらにUSB3.0を利用することでハイスピードでのデータ転送でファイル管理も快適に行なえます。

[画像18: (リンク ») ]

【広範囲にわたるケーブルアクセサリー】
N8には付属ケーブルアクセサリーとして4.4 to 2.5mmバランス接続アダプター、4.4mm to XLR(オス)バランス接続アダプターなど多様なケーブルアクセサリーが付属致します。またN8専用レザーケースも付属します。

【仕様】
DAC:AK4497EQ x 2
オペアンプ:MUSES02 x 2
真空管:KORG社製Nutube 6P1
出力:230mW(@ 32 ohm/STDモード時)、400mW(@ 32 ohm/HIGHモード時)
USB DAC:最大 24bit/192kHz・DSD64/DSD128, DoP
再生周波数帯:20-20kHz (±0.2dB, Fs=192kHz) 5-50kHz (±1dB, Fs=192kHz)
THD+N:0.0008%(シングルエンド)、0.0006%(バランス)
S/N比(アンバランス):120dB (20Hz-20kHz, A-Weighted:シングルエンド)、117dB (20Hz-20kHz, A-Weighted:バランス)
ポート:3.5mmステレオミニ、4.4mm5極バランスプラグ(TRRRS)、USB Type-C、I2S
メモリー:内蔵128GB、micro SD x 1 (最大512GB)。なおUSB-OTG利用可能。
Bluetooth:BT v4.2
連続再生時間:約9.5時間
本体サイズ:128 × 70 × 21mm
重量:約380g
価格:388,800円(税込)

※画像はイメージです。
※商品仕様および外観はリリース時のものであり、予告なく変更する可能性があります。

ウェブサイト: (リンク »)
facebook: (リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社コペックジャパン
TEL:03-3477-0122
info@kopekjapan.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]