ブロックチェーン×アートの初売り。新春恒例のアートイベント『富士山展2.0』が2019年開催決定。

スタートバーン株式会社 2018年10月19日

From PR TIMES

~全国50ヶ所の同時開催に向けて参加スペースの募集開始~

スタートバーン株式会社は、2019年1月5日から26日にかけ『富士山展2.0』を開催いたします。新年の活気溢れる1月の「アートの初売り」で、アート×ブロックチェーンの新サービス「startbahn.org」を使い、全国約50会場(予定)での展示を行います。



[画像1: (リンク ») ]


『富士山展』は、多彩なクリエーターと会場の特徴や個性を活かしながら出展や企画を行うことのできる、自由度の高いプラットフォーム。
 日本で多く「描かれ/売買されて」きたであろう日本の象徴とも言える「富士山」に、様々なジャンルのクリエーターが、アート×ブロックチェーン「startbahn.org」と共に挑むことで、観客/クリエーター/コレクター/批評家等の参加者たちは「ポスト平成」のアート×テクノロジーを体験することでしょう。

 会場はウェブである仮想空間と、Gallery MoMo Projects、中央本線画廊、四谷未確認スタジオ、space dike、本屋B&B、ギャラリー広田美術、HAMON GALLERY、Baexong Arts京都、聞光山 照恩寺(東京)......等々、アーティストやクリエーターには、池田剛介、岡崎乾二郎、岸井大輔、下野友嗣、田中かえ、中村紗千、西島大介、グロイスフィッシングクラブ、東京大学・文化資源学研究室+ライアン・ホームバーグ、阪本トクロウ、村田 朋泰、吉田晋之介、CopulAプロジェクト(studio仕組).....等々を予定し、現在交渉中の会場とアーティストの発表、会場の募集概要は公式ウェブサイト( (リンク ») )にて公開していきます。

*全国50箇所の開催に向け、新たなアートシーンの創造を担うスペースの公募を行っております。つきましては報道各社におかれましては、広報のご協力を賜れればと存じます。参加を検討されている団体やスペースは、富士山展事務局までご連絡ください。

◆アート×ブロックチェーンの新サービス「startbahn.org」の活用
『富士山展2.0』ではブロックチェーンネットワークと連動し2018年10月にリニューアルしたアート×ブロックチェーンの新サービス「startbahn」を活用することで以下の実現を予定しています。

・ブロックチェーンによる作品の証明書
アーティスト本人の証明書や富士山展の各会場における売買記録を作品に付与。証明書は来歴証明書も兼ね備えるため、作品の信頼度が流通に伴い高くなり、長く安心して流通させられる仕組みを提供します。

・各会場の作品をウェブ上で一括管理
「startbahn」に実装される作品管理機能、売買機能(予定)を活用することで業務を軽減。参加するアーティストにとっては売買だけでなくウェブ上の情報をポートフォリオとして活用頂くことで、全国の富士山展で新しいアートとの出会いを促進し、活発なアートの売買を実現していきます。

◆全国50箇所の募集内容

[画像2: (リンク ») ]

東京近郊4箇所(2018年 富士山展1.0)     →     日本全国50箇所(2019年 富士山展2.0)
富士山展の会場の活用として、ウェブ上や神社仏閣などを会場にするなど、アート愛好家やコレクターのみならず、アート作品を購入したことが無い方や美術館やギャラリーに足を運んだことが無い方へ訴求力を広げます。

ブロックチェーン技術を活用することで作品売買を活性化し、多くのアーティストの作品の価値と価格が向上する機会をつくると共に、アート作品を価値ある資産として保有し運用することの喜びを多くのコレクターやアート関係者の方々に感じて頂ける、その第一歩となる展覧会を目指しています。

■参加スペース 募集概要

[表1: (リンク ») ]


応募はこちらから: (リンク »)

■富士山展2.0の特色
1.各会場で独自のキュレーション
[画像3: (リンク ») ]

参加作家の選定や展示方法は各スペースに委ねられます。通常の絵画や彫刻の展示だけでなく、ダンスやパフォーマンスなども含みます。期間も会期中の数日から数週間、1日限定イベントなど会場ごとに自由に設定します。

作品は必ずしも富士山そのものをモチーフとして扱う必要はなく、富士山をテーマにしていれば表現方法は自由とします。また、展示企画は出来ないがスペースだけ提供したいというご要望も受け付けます。
※全体の告知・広報・グッズ制作などはスタートバーンが行います。

2.スペース参加から当日の売買までの流れ

[画像4: (リンク ») ]



■富士山展2.0 概要

[表2: (リンク ») ]



◆『富士山展』のこれまで
『富士山展β』(2017)、『富士山展1.0』(2018)では、多彩なジャンルのクリエイターの表現を扱うことを目標に、アーティスト・デザイナー・マンガ家・起業家・芸人といった多彩なジャンルのクリエイターがAWAJI Cafeのギャラリースペースに参加しました。

過去のオープニングパーティでは琴と尺八の生演奏や、富士山をモチーフとした料理作品などのお正月ムードを保ちつつ、会期中は批評家、美術館館長、バイオアーティストなど多彩なゲストと公開討議を開催し、トークイベントとして盛り上がりを見せました。

今回3回目を迎える『富士山展2.0』では過去の多様性を引き継ぎつつ会場数の拡大を目標に掲げ、全国約50箇所の、アートスペース・オルタナティブスペース・社寺......等々から参加会場を募り、新年から3週間かけて日本各地で同時多発的な展覧会を予定しています。
[画像5: (リンク ») ]

多彩なゲストと共にお正月らしいトークイベント
「こたつトーク」


秋元雄史(東京藝術大学大学美術館 館長・教授、金沢21世紀美術館 特任館長、美術評論家)、
毛利嘉孝(東京藝術大学大学院教授、社会学者)、長谷川愛(バイオアーティスト)、梅津庸一(美術家、パープルーム予備校主催)
富士山のご当地アイドルの3776(みななろ)井出ちよのといった、幅広いラインナップで開催。

【過去実績】
『富士山展1.0 - 来たるべき未来のために - 』2018年1月5日(金)~1月21日(日)
[画像6: (リンク ») ]


上記左(C)愛☆まどんな 『彼女の顔が思い出せない -2018- 』 絵の頭上には隠れた富士山が覗く。女性アイドルグループ・でんぱ組.incとのコラボ企画多数の人気作家。
上記右(C)星川あさこ『ふじさんラーメン』ふじさんを取り巻く世界のスープに浮かぶふじさんラーメンを星川製麺がおとどけ

AWAJI Cafe & Gallery、野方の空白、パープルーム予備校、BRÜCKEの4会場で展覧会やイベントを実施。メイン会場のAWAJI Cafe & Galleryでは、愛☆まどんなら美術作家をはじめ、マンガ家、音楽家、芸人、起業家、研究者など30名が作品展示を行うほか、「ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾」とのコラボレーション企画なども多数開催。
また会期中、すべての出展作品はstartbahn.org上に掲載され、一部はオークションで売買。さらに、公式に選ばれたピッカーによるコメントや、ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾3期生有志によるレビューを公開した。

『富士山展β』 2017年1月6日(金)~1月22日(日)

[画像7: (リンク ») ]

左(C)氷川へきる 『富士さん』代表作「ぱにぽに」、人気漫画家のイラスト
中(C)榎本耕一『富士山麓の戦士(A warrior save Mt.Fuji)』 「六本木クロッシング2019展 (仮)」森美術館に参加予定
右(C)夢眠ねむ『夢土産#1 - 富士山』女性アイドルグループ・でんぱ組.incメンバーであり美大出身のアーティスト


[画像8: (リンク ») ]


国内外で活躍する本格的な美術家を始め、デザイナー、マンガ家、アニメ監督、アイドル、起業家、研究者など29人のクリエイターが作品を出展。作品は会期中にAWAJI Cafe & Galleryで展示されると同時にstartbahn.org上でオークションにかけられる。加えて「目利き役」として30人超のコレクターが参加し、会場とウェブ上で出展作品を鑑賞および入札。startbahn.org上では公式参加者でなくても「#fujisanten」タグで公開することで誰でも作品の投稿やレビューの記入、入札参加が可能。


プレスリリースURL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]