米国CMOサミットの主催者・講師が来日! 真のCMO、CDO向けイベント「ELT サミット for Executive」12/11(火)東京アメリカンクラブで開催

コムエクスポジアム・ジャパン株式会社 2018年10月19日

From PR TIMES

世界トップ企業のCMOが何を学んでいるのかを体感できる1日カンファレンス。10月にフランスの「ブランドサミット」で基調講演を行った、音部大輔氏(クー・マーケティング・カンパニー)の凱旋登壇も決定。

マーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施しているコムエクスポジアム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: 武富正人)は、2018年12月11日(火)、東京・麻布の東京アメリカンクラブにて、同社としては初となる企業のCMO、CDOクラスを対象にしたイベント「ELT Summit for Executive」を行うことを発表します。「ad:tech」を日本に上陸させ、宿泊型のiMediaサミットを根付かせるなど、数々のマーケティング国際カンファレンスを日本行い、実績を重ねてきたからこそできるサミットです。世界トップ企業のCクラス人材が掲げる「顧客体験を核とした企業変革(Experience-Led Transformation)」について学ぶことで、新たな視座が得られるはずです。



[画像1: (リンク ») ]

オープニングキーノートには、世界トップ企業の現役CMOが集う「米国CMOサミット」の元主催者・講師であり、 各社のCMO・CDOと深いネットワークを持つ、ブラッド・べレンズ氏を招聘。同氏がCMOサミットで行う講義内容をそのまま伝えます。世界トップ企業の現役CMO、CDOが何を学んでいるのかを体感できます。
 また、このイベントには、今年の10月にフランス・ビアリッツで行われた欧州主要企業のCMO、CDOが集まる「One to One DIGITAL MARKETING」(主催:Comexposium) に日本人として初めて登壇した、音部大輔氏(クー・マーケティング・カンパニー)の登壇も決定しています。このサミットの参加対象は、次世代を担うマーケティング・マネジメント層および企業変革の中心となるエグゼクティブ層。麻布の「東京アメリカンクラブ」にて、日本のマーケターが世界で戦っていくために何が必要なのかを体感できる1日です。
 参加は完全招待制。広告主企業の参加は無料(事前審査あり)で、下記のサイトから招待希望を受け付けています。広告会社、メディア、ソリューション会社などのパートナー企業は有料での参加が可能です。
このイベントには、米国CMOサミットと同様にaccentureが、そして IMJがプラチナスポンサーとして協賛しています。

■広告主企業の無料招待受付(審査あり)
(リンク »)
■パートナー企業参加申し込み(有料)
(リンク »)

<概要 >
「ELT Summit for Executive」
公式サイト: (リンク »)
日時:2018年12月11日(火)10:30~受付開始
会場:東京アメリカンクラブ 〒106-8649 東京都港区麻布台2-1-2
参加:80名限定 完全招待制(ブランド企業40名、パートナー企業40名)*審査あり
*広告主の招待参加は無料(パートナー企業は有料)
プラチナスポンサー:accenture, IMJ 

■Keynote Speaker:米国CMOサミットの元主催者・講師

[画像2: (リンク ») ]


BRAD BERENS(ブラッド・べレンズ)
CHIEF STRATEGY OFFICER
CENTRE FOR THE DIGITAL FUTURE

Centre for the Digital Futureの経営戦略責任者として、べレンズ博士は組織、企業そしてメディアとのパートナーシップに取り組み、世界中で同社の施策の成果を発表している。さらに、未来のモビリティや未来の保健・衛生のプロジェクトもリードしている。べレンズ氏は以前、マーケティング情報サイト「iMedia Connection」の編集長であり、世界で行われる54のデジタルマーケティングイベントのコンテンツ責任者を務めた。アメリカのISPであるEarthLink社のデジタル編集者、Dreamworks社のハリウッドストーリーアナリスト、またカリフォルニア大学バークレー校で教えていた経験もある。

■Speaker:フランス「One to One DIGITAL MARKETING」に日本人として初登壇

[画像3: (リンク ») ]

音部 大輔
株式会社クー・マーケティング・カンパニー
代表取締役

新卒でP&G Far East Inc. マーケティング本部に入社。17年間の在籍中、ブランドマネジャー、マーケティングディレクターとしてアリエール、ファブリーズ、アテント、パンパースなどのブランドを担当し、市場創造やシェアの回復を実現。のちにUS本社チームでイノベーションの知識開発をマーケティングとして主導。帰国後、ダノンジャパン、ユニリーバ・ジャパン、日産自動車、資生堂など多様な文化背景、製品分野で複数ブランド群を擁するブランドマネジメント、組織構築、人材育成を指揮。2018年1月より現職。博士(経営学 神戸大学)。 著書に『なぜ「戦略」で差がつくのか。』。2018年10月にフランス・ビアリッツで行われた「One to One DIGITAL MARKETING」に、日本人として初めて登壇。

■Comexposiumについて
Comexposiumは、世界で170を超えるB2C/B2Bイベントをプロデュースしています。食品、農業、ファッション、建設、ハイテクなど様々な分野をカバーしており、世界30か国で300万人以上の来場者を記録しています。コムエクスポジアム・ジャパンは、2009年に「ad:tech」を日本初上陸させ、「アドテック東京」として10年の実績。そのほか、日本における宿泊型マーケティングカンファレンスの草分けである「iMedia Summit」も実施。日本のマーケターが世界で戦ううえで必要となる知識・情報・ネットワークが得られる場を設けている。
ウェブサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]