マンガ投稿・閲覧アプリ『モチコミ』、2019年春オープン!

株式会社GLOBAL COMIC.COM 2018年10月19日

From PR TIMES

キーワードは“新感覚マンガ体験”!

株式会社GLOBAL COMIC. COM(本社 東京都台東区)は、無料(一部有料サービスあり)マンガアプリ『モチコミ』( (リンク ») )を、2019年2月15日よりリリースいたします。




[画像: (リンク ») ]



株式会社GLOBAL COMIC. COMが企画・開発・運営を行うサービス『モチコミ』は、マンガの投稿・閲覧機能を備えており、マンガを読むユーザーと描くユーザーの両方に楽しんでもらえるマンガアプリです。

『モチコミ』は、基本的なマンガアプリの機能に加え、「ユーザー間オススメ機能」や「海外展開(順次予定)」、「マンガ指導」などの特長を持ち、“新感覚マンガ体験”をユーザーに提供することを目指しています。


◆『モチコミ』の主な特長

・投稿に対応。デビューも支援!
漫画を投稿でき、賞金付きのコンテストも定期的に開催。有望な投稿者は、公式作家として登用の可能性もアリ。漫画家への夢を『モチコミ』で叶えてください。

・編集者によるコメントやアドバイスを実施
『モチコミ』の名前の由来は、漫画家志望者がマンガを出版社に見せに行く“持ち込み”。その名の通り、投稿したマンガに対して、『モチコミ』編集部の編集者が、実際の持ち込みのようにコメントやアドバイスを行います。

・プロ作家のオリジナル作品を毎日更新
投稿マンガ以外にも、プロの漫画家のオリジナルマンガを連載。毎日更新のため、常に新しい話を読むことができます。

・ユーザー間オススメ機能
ユーザーは、アプリ内に掲載されているマンガに対して、コメントやレビューができます。自分と趣味が近いユーザーをフォローすることによって、そのユーザーがオススメしているマンガをお知らせしてくれます。新たなマンガに出合う入り口となります。

・スクーリングサービス
漫画家志望のユーザーに対して、編集者が添削・指導を行い、マンガの実力をアップさせるサービスを設けます。(2019年5月以降サービス開始予定。有料)

・グローバルな展開
『モチコミ』を運営する株式会社GLOBAL COMIC. COMは、中国大手コンテンツ産業グループ「承興国際」(Camsing Global)からも出資を受ける日本企業です。「承興国際」は、中国やアメリカのコンテンツ業界に精通しているため、『モチコミ』では、海外作品を翻訳して閲覧できるようにしたり、日本で生まれた作家を海外デビューさせたりといった、グローバルな展開を目指しております。
(海外作品の閲覧は、順次開始予定)


◆『モチコミ』サービス開始時期の作品ラインアップ(一部)
『いっしょに寝ようよ(仮)』(松井勝法)
『ココノちゃんはナミだのみ(仮)』(したらなな)
『私刑囚(仮)』(すがはら竜)
『だにまん!(仮)』(橙夏りり)
『なお先生は怒らない(仮)』(大塚志郎)
など、続々投入予定!

【モチコミ概要】
名称:モチコミ(Mochicomi)
ジャンル:マンガアプリ
価格:基本無料(一部有料サービスあり)
メーカー:株式会社GLOBAL COMIC. COM
対応OS:iOS10.3/Android5.0以上
モチコミの詳細はこちら: (リンク »)
事前投稿窓口: (リンク »)

【配信会社概要】
会社名 :株式会社GLOBAL COMIC. COM
所在地 :東京都台東区浅草橋3丁目26-3 アコルデ浅草橋2階
代表者 :代表取締役 喜多村 崇之
事業内容:電子コミックサイトの運営、アニメ・ゲーム・商品の企画・制作
MAIL  :info@global-comic.com
URL   :global-comic.com

―本件に関するお問い合わせ先―
株式会社GLOBAL COMIC. COM
メールアドレス:info@global-comic.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]