編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

高速応答・ハンディ・微量水分計「FalconTrace mini (FT-300WT)」販売開始のお知らせ

ボールウェーブ株式会社

From: PR TIMES

2018-10-21 17:59

~世界初、製造工程の微量水分変動を秒単位で正しくモニタ~

ボールウェーブ株式会社 (ボールウェーブ、本社:宮城県仙台市、代表取締役:赤尾慎吾)は、このたび、工業用高純度ガスや製造環境に残存するごく微量な水分子を高感度に検出する携帯型微量水分計FalconTrace mini ( FT-300WT)の受注を開始いたします。FalconTrace miniはこれまでの微量水分計にはない高速応答性を有するため、製造工程におけるガス中の水分子量が変化する様子をインラインでリアルタイムに把握することができます。



2018年10月吉日
ボールウェーブ株式会社

半導体デバイスの急速な高集積化・微細化に伴って、製造工程で使用される材料ガスの残量水分を1ppm以下に抑えることが要求されています。 しかしこの感度を有する微量水分計は大型で高価な光学式測定器しかなく製造ラインに導入できませんでした。またこれまでの微量水分計は応答速度が不十分であり製造ラインの制御に用いることができませんでした。

また、リチウムイオン電池製造工程では電極材料をフィルム基材にウェットコーティングしてそれを乾燥し巻取って組み込むという作業が行われます。その工程で水分が残留すると最終製品である電池の性能あるいは寿命がはなはだしく低下するため、これらの工程をスーパードライルームと呼ばれる超乾燥雰囲気中で実施します。しかしこれまでの微量水分計は応答速度が不十分であるためスーパードライルームの制御に用いることができませんでした。
FalconTrace miniはボールウェーブのコアテクノロジーであるボールSAW(surface acoustic wave=弾性表面波)センサを用いた微量水分計です。ボールSAWセンサは、物理学の常識を超えた球上のSAW の長距離伝搬現象を利用した高速・ 高感度なガスセンサであり、センサ本体が直径 3.3mmの小さな水晶球であるため半導体製造ライン、リチウムイオン電池製造ラインなどに容易に導入することができます。またセンサ本体の応答速度が速くセンサセルの体積も小さいため、水分量の変動にも1秒以内で反応し正しい値をモニタすることができます。
ボールウェーブは、工業用の微量水分計のみならず、小型高感度な水素ガスセンサや手のひらサイズのハンディ・ガスクロマトグラフの開発を通して水素社会や環境の安全・安心に寄与しガス計測の革新を目指しています。
[画像: (リンク ») ]


【FalconTrace mini (FT-300WT)】
出荷時期: 2018年11月
概略仕様その他: (リンク »)

【ボールウェーブ株式会社概要】
代表者名及び役職名: 代表取締役社長 赤尾慎吾
本社住所:(〒980-8579)宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-40 T-Biz 501号
電話番号: 022-302-6659FAX番号: 022-302-6709

東京オフィス:(〒170-6045)東京都豊島区池袋3-1-1 サンシャイン60ビル 45階
電話番号: 03-5979-2357
ホームページ: (リンク »)

本件に関するお問い合わせ先:
ボールウェーブ株式会社 営業部 鈴木賢一
電話番号:03-5979-2357

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]