パッケージ版「Garoon 4.10」を新たにリリース

サイボウズ株式会社 2018年10月22日

From PR TIMES

新規ユーザー伸長率は前年比135%超見込み、中央省庁における導入実績も

サイボウズ株式会社は、中堅・大規模組織向けグループウェア「Garoon(ガルーン)」のパッケージ最新版バージョン「Garoon 4.10」を2018年10月22日(月)より販売開始いたします。



■最新版「Garoon 4.10」は使いやすい・見やすいデザインに刷新
今回のバージョンでは、従来のUIを踏襲しながらより見やすく使いやすい画面デザインへと刷新されました。また、「メンション(宛先追加)」機能により、優先度の高い自分宛の情報を素早く確認できるようになります。そして、スケジュールのREST APIが搭載され、より柔軟にカスタマイズができるようになりました。新機能詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

[画像1: (リンク ») ]


パッケージ版 Garoonのユーザー数は好調に伸びております。2018年度新規ユーザー数は、9月時点で2017年度を上回る結果となっております。年度末には前年比135%超となる見込みです(2018年10月時点予測)。これは業務用システムにパッケージ製品を利用する行政機関において、「Garoon」が採用されるケースが増えていることが主な要因の1つです。特に直近数年間では、中央省庁や独立行政法人、国立開発研究法人における導入が進んでおります。
[画像2: (リンク ») ]

■全国の自治体からも高い評価を獲得
サイボウズは「日経BPガバメントテクノロジー 2018年秋号 自治体ITシステム満足度調査 2018-2019 グループウエア部門(※)」にて6年連続で第1位を獲得いたしました。サイボウズ製品の中でも、パッケージ版 Garoonは自治体の情報共有基盤として多く導入いただいている製品です。誰にでも管理・運用しやすい製品設計や、全国のパートナーに対する機能活用の教育を行うなど、グループウェアの有効活用を柔軟にサポートする体制を整えております。 (※) 日経コンピュータ誌が企画・実施した「顧客満足度調査」(対象は民間企業を含む1万1865社・団体の情報システム部門)のうち、官公庁・自治体の計201団体からの回答を集計したもの。( 調査票発送数は1635団体)。

■Garoonとは?
公式サイト: (リンク »)
国内外 4,800社200万人に導入されている中堅・大規模組織向けグループウェアです。数万人規模でも安心して利用できる高いスケーラビリティと使いやすさを両立。全社の情報共有基盤としての役割はもちろん、部門や拠点間の垣根を越えたコミュニケーションを促進し、チームの力を最大限に引き出します。多言語・タイムゾーン対応で企業の国際化を強力にサポートします。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]