アクセスコントロールプラットフォーム「ALLIGATE(アリゲイト)」と働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」が勤怠打刻サービスで連携

株式会社アート 2018年10月22日

From PR TIMES

入退勤打刻が不要になり、正確な打刻情報が自動でクラウド上に一元管理



 株式会社アート(東京都品川区、代表取締役社長:関本祥文)は、自社が運営するアクセスコントロール専用プラットフォーム「ALLIGATE(アリゲイト)」と株式会社チームスピリット(東京都中央区、代表取締役社長:荻島 浩司)が開発・提供する働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit(チームスピリット)」とをサービス連携させ、ALLIGATEでの入退室情報をTeamSpiritの勤怠打刻情報としてクラウド上に記録するサービスの提供を、2018年11月より開始する予定です。


[画像1: (リンク ») ]


1.サービス概要
 TeamSpiritは勤怠管理、就業管理、工数管理、経費精算、電子稟議、SNS、カレンダーなど、従業員が毎日使う7つの社内業務システムを一元化したクラウドサービスです。7つのシステムが連携して動くことで出社から退社までの働く人に関する活動情報が自然に集まる仕組みとなっており、収集したデータの分析により働き方の可視化をすることで、従業員が取り組むべき重要な活動を洗い出し、生産性の向上につながる効果的なタイムマネジメントを実現することが可能になります。

 モバイルにも対応し場所を問わずどこでもシステムを利用することができるので、近年増加しているリモートワークなど多様な働き方にも最適なサービスです。

 ALLIGATEは、クラウドから扉の鍵などの利用権を付与・抹消、利用履歴の確認などのアクセスコントロールに必要な機能を共通化したクラウド型プラットフォームです。ALLIGATEでは扉の鍵や勤怠打刻装置などの専用機器を提供しており、スマホや社員証を使って利用することができます。

 今回の連携により、ALLIGATE Lock(扉の鍵)、ALLIGATE Logger(勤怠時間打刻装置)をご利用頂くと、ALLIGATEでの入室・退室のログをTeamSpiritの勤怠打刻データとしてご利用頂けるようになるため、通常の勤怠打刻が不要になります。これにより、今まで煩雑になりやすかった勤怠管理をスマートかつ正確に管理できるだけでなく、ALLIGATEでの入室・退室ログによる在室確認など、働き方改革を支援します。

2.製品の展示について
 2018年 10 月 24 日から幕張メッセで開催される IoT/M2M 展で、(株)アート ブースにて、この度発表しましたTeamSpirit対応のALLIGATE Lock/Loggerを展示します。( (リンク ») )

(補足)株式会社チームスピリットについて
 株式会社チームスピリットは、働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を提供するB2B SaaSの提供企業です。「すべての人を、創造する人に」というミッションのもと、一人ひとりのプロフェッショナルな力を引き出し、強いチームを作ることで、あらゆる人が変化を巻き起こす世界を目指します。( (リンク ») )


[画像2: (リンク ») ]

(補足)ALLIGATE(アリゲイト)について
 「ALLIGATE(アリゲイト)」は、扉の鍵などの利用権の付与・抹消、利用履歴の確認などのアクセスコントロールに必要な機能を共通化したクラウド型プラットフォームです。スマホが物理鍵の代わりの照合機となり、スマホを使っていつでもどこからでもアクセスコントロールができます。また、機器の取り付けや運用後の現地での保守サポートも併せ持ったマネージド型のプラットフォームです。
 株式会社アートが運営する「ALLIGATE(アリゲイト)」の詳細については以下のWebサイトをご覧下さい。( (リンク ») )


[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]