日本初上陸!12人乗りの超現実ライド型シアター「hexaRide(ヘキサライド)」「ダイバーシティ東京 プラザ」に11月2日(金)待望のオープン!

Brogent Japan Entertainment株式会社 2018年10月23日

From PR TIMES

『攻殻機動隊』・『進撃の巨人』など人気作品を題材にしたオリジナルコンテンツが登場

“近未来戦闘”を驚異のテクノロジーで体感しよう!
『攻殻機動隊GHOST CHASER 』本編映像をメディア向けに公開
公式サイト: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

Brogent Japan Entertainment株式会社(BJE)が企画・プロデュースする、日本初上陸のVRライド型アトラクション施設「hexaRide(ヘキサライド)」は、11月2日(金)に開業以来初の大幅リニューアルを遂げる「ダイバーシティ東京 プラザ」にオープンいたします。「hexaRide」に導入する新型機器「Q-Ride」はVR機材との連動を図った12人乗りの最新ライド型アトラクション。ユーザーが装着するヘッドマウンドディプレイに連動して、1台12人を乗せた座席がダイナミックかつ繊細に動き、特別な浮遊感や疾走感をお楽しみいただけます。

本アトラクションの第1弾コンテンツは、漫画、劇場映画、テレビアニメほか様々なメディアで展開されている世界的近未来SFの代名詞的作品『攻殻機動隊』。「hexaRide」向けにBJEが企画・開発、アニメーション制作会社:プロダクション I.Gが制作したオリジナルコンテンツ「攻殻機動隊GHOST CHASER」が登場。オープン当日より稼働いたします。
第2弾コンテンツは『進撃の巨人』が予定されており、今後も様々な体験コンテンツが用意されています。

【人気漫画『攻殻機動隊』・『進撃の巨人』のオリジナルコンテンツが登場!】
hexaRide用コンテンツ第1弾
「攻殻機動隊GHOST CHASER」

[画像2: (リンク ») ]

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

[画像3: (リンク ») ]

ベネチア国際映画祭、シッチェス国際映画祭など多くの映画祭でVR部門に正式招待され、世界中で高い評価を得ているVR作品「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」の東弘明監督( stoicsence inc.)とプロダクション I.Gが映像を制作。
hexaRideの機能を最大限生かすために、BROGENTのモーションプログラミングチームと何度も検証を積み重ねた。VR映像最高峰ともいえる緻密でダイナミックな世界観にライドの動きが完全シンクロし、いまだかつてない体験が実現する!
■体験開始:2018年11月2日
■体験人数:1~12人
■体験時間:約8分
■ストーリー
舞台はクザン共和国。次世代兵器の調整会議に出席する国防大臣が現地視察を強行することになり、草薙素子をリーダーとする「公安9課」に対して、これを護衛すると同時に視察ルートを確保するという任務がくだされた。君たちはヘキサライドに乗って電脳空間にアクセスし、「公安9課」の一員として襲いかかる反政府軍との戦闘を体験する── 。
■スタッフ
原作:士郎正宗  監督:東弘明(stoicsence inc.)
脚本:藤咲淳一  キャラクターデザイン:黄瀬和哉
音楽:高橋英明  音効:伊藤瑞樹
制作:Production I.G
製作:「攻殻機動隊GHOST CHASER」製作委員会
配給:Brogent Japan Entertainment

hexaRide用コンテンツ第2弾
「進撃の巨人 崩落の塔」

[画像4: (リンク ») ]

(C)諫山創/講談社
■体験開始:近日公開
■体験人数:1~12人
■体験時間:約6分

【「hexaRide」のご紹介】
■施設名  :「hexaRide」
■住所   :ダイバーシティ東京 プラザ(〒135-0064 東京都江東区青海1-1-10 5階)
■会期   :2018年11月2日(金)より
■営業時間 :10:00~21:00
■休館日  :館に準ずる
■料金   :お一人様 1,000円(税込)※各種割引についてはHPをご確認ください。
■公式サイト: (リンク »)
■その他  :各種注意事項や稼働スケジュールにつきましては公式ホームページをご確認ください。

異空間ニ、接続セヨ。
超現実ライド型シアター
[画像5: (リンク ») ]

東京・お台場の一角に埋め込まれたこのマシンは、空間との接点を出現させる最新の空間移送ビークル。
6方向可動装置による12人乗りの座席がダイナミックかつ繊細に動き、さまざまな360度VR映像と連動して圧倒的な没入体験をお楽しみいただけます。
マシン型式:Q-Ride
製造:Brogent Technologies Inc.
特徴:
●6方向自由可動式プラットフォーム
6DOF motion platform
1.Heaving:上下に動く
2.Pitching:前後に傾く
3.Rolling:左右に傾斜する
4.Yawing:左右に旋回する
5.Surging:前後に動く
6.Swaying:左右に動く
●圧倒的没入体験
Most immersive experience
●複数コンテンツ搭載可能
Multiple contents available

【Brogent Japan Entertainment(株) について】
BROGENT JAPAN ENTERTAINMENT(ブロージェントジャパンエンターテインメント)は台湾におけるシアター型ライド機器の開発・製造会社BROGENT社と講談社、電通の3社出資により設立されたライド型VRソフトの企画・プロデュース会社です。国内の優良なIPを活用したVRソフトの開発や、国内外のアミューズメント施設運営事業社に対するライド型VRアトラクション機器の紹介業務を行っております。
[画像6: (リンク ») ]

社名 Brogent Japan Entertainment Inc. (BJE)
URL (リンク »)
代表者
代表取締役 古川公平
取締役 吉田昌平、中田弘史、欧陽志宏、鄭駿豪、金原亨、園田大策
所在地 東京都文京区音羽2-12-21
設立 2016年8月
資本金 8,750万円
事業内容 ライド型VRアトラクション向けソフトの企画・プロデュース、ライド型VRアトラクション機器の紹介

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]