イエラエセキュリティ、日本最大級のセキュリティ国際会議CODE BLUEにて、車載ネットワークのハッキングコンテスト「Car Hacking Challenge」を初開催

株式会社イエラエセキュリティ 2018年10月24日

From PR TIMES

~自動車のセキュリティプロダクトを提供するKaramba Security社、SOMPO CYBER SECURITYを展開するSOMPOリスクマネジメント社と共同開催~

 株式会社イエラエセキュリティ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:牧田 誠、以下、弊社)は、日本発のサイバーセキュリティ国際会議CODE BLUE※において、車載ネットワークのハッキングコンテスト「Car Hacking Challenge(以下、本コンテスト)」を、2018年11月1日から2日間にわたり開催します。開催にあたっては、自動車向けのセキュリティプロダクトを提供するKaramba Security Ltd.(本社:イスラエル ホドハシャロン、CEO:Ami Dotan、以下Karamba Security社 )並びにSOMPO CYBER SECURITYを展開するSOMPOリスクマネジメント株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:布施 康、以下SOMPOリスクマネジメント社)と共催いたします。



[画像: (リンク ») ]

■開催の背景・目的
 近年、自動運転やコネクテッドカーなど自動車のIT化が急速に進展し快適な環境が実現される一方で、サイバー攻撃によるリスクも飛躍的に高まっています。これから販売される多くの自動車は、コンピュータ制御による自動運転機能が搭載されることが見込まれており、外部からの不正な操作から守ることが重要な課題となっています。
 こうした背景から、本コンテストでは実際の車載ネットワークを模倣した環境で実施することで現実でも起こり得る自動車ハッキングについての情報発信や、自動車関連におけるセキュリティエンジニアの育成を目指し、Karamba Security社、SOMPOリスクマネジメント社と連携、本コンテストを企画しました。

■コンテストの内容
 本コンテストは、自動車が動作中に車載ネットワークで流れる通信パケットやECU(電子制御装置)のプログラムを解析し脆弱性を探すコンテストです。参加者は、主催者が用意した実際の車載ネットワークを模倣したラジコンカーの脆弱性を見つけ出し、攻撃コードを実行することによってエンジンやステアリングなどのコントロールを奪うことを目指します。チャレンジステージが進むごとに車載ネットワークを守るセキュリティ機能が実装され、難易度が上がっていきます。2日間で最も多くの得点を獲得したチームの勝利となります。

【Car Hacking Challengeについて】
イベントページ: (リンク »)

■今後の展望
 弊社は、次世代の自動車で必要となるセキュリティ技術に関する研究開発を進めており、車載システムやカーナビゲーション、自動運転機能等に対する侵入テストや脆弱性診断サービスを提供してきました。今後、SOMPOリスクマネジメント社との協力関係のもと、日本の自動車のセキュリティレベルの底上げやコネテッドカー関連のソリューション開発に努め、安心・安全なモビリティ社会の実現を目指してまいります。

※ CODE BLUE
 CODE BLUEは、世界トップクラスの情報セキュリティ専門家による最先端の講演と、国や言語の垣根を越えた情報交換・交流の機会を提供する国際会議です。CODE BLUE2018は、2018年10月29日~11月2日に東京・新宿にて開催され、弊社はシルバースポンサーとして協賛しています。
【CODE BLUE2018について】
Webサイト: (リンク »)

■株式会社イエラエセキュリティ
 株式会社イエラエセキュリティは、Webサイトやスマートフォンアプリ等に対する脆弱性診断サービスを提供する企業です。世界で開催されているセキュリティコンテストで優秀な成績を残したホワイトハッカーチームのメンバーが中心となり創業。自動車のIT化に伴い、車載システムに対する侵入テストやECU(電子制御装置)のファームウェア解析などに力を入れています。今後は、重要インフラや産業制御システムに対する脆弱性診断にも取り組んでいく予定です。

【会社概要】
会社名 :株式会社イエラエセキュリティ
代表者 :代表取締役社長 牧田 誠
所在地 :東京都渋谷区本町3-12-1 住友不動産西新宿ビル6号館 7階
設立  :2011年12月
資本金 :5,100万円
事業内容:Webアプリケーション診断、スマートフォンアプリ診断、ネットワーク診断、IoTセキュリティ診断、自動車セキュリティ診断
URL : (リンク »)

【本コンテストの共同開催会社】
■Karamba Security Ltd.
 イスラエルのホドハシャロンに本社を構えるKaramba Security社は、ECUとIVNを中心とした車載サイバーセキュリティー・ソリューションのプロバイダーです。2016年の設立以来、自動車におけるサイバーセキュリティーを中核事業とし、特許技術により車載システムへのサイバー攻撃に対するセキュリティを強化します。OEMならびに一次サプライヤーの17社と積極的な協力関係にあるKaramba Security社は自動車業界で広く認知され、ガートナー、TUオートモーティブ、フロスト&サリバン等からの受賞・表彰歴を有します。
 日本においては、ネットワーク・セキュリティー・ソリューションの開発・販売を手掛ける株式会社アズジェントが、Karamba Security社の代理店となっています。

所在地 :Ha-Nagar St 24, Hod HaSharon, 4527713 Israel
CEO :Ami Dotan
URL : (リンク »)

【Karamba Securityに関するお問い合わせ先】
会社名 :株式会社アズジェント
URL : (リンク »)
TEL :03-6853-7402
E-mail :info@asgent.co.jp

■SOMPOリスクマネジメント株式会社
 SOMPOリスクマネジメント株式会社は、リスクマネジメントに関する研究・開発、調査、診断およびコンサルティング業務をミッションとしてきました。今般、サイバーセキュリティリスクの脅威が高まるなか、サイバーセキュリティ専門の事業本部を設置し、世界最高水準の技術力、豊富な経験・実績などを有する国内外企業との戦略的な提携や、米国シリコンバレー、イスラエルに設置したSOMPO Digital Labを通じた最先端技術の取り込みにより、お客さまの「安心・安全・健康」に資する最高品質のサービスを提供しています。
 特に自動車分野では、長年にわたり損害保険ジャパン日本興亜株式会社の自動車保険の契約者および自動車関連産業の企業に対して、事故の予防、対策などのリスクマネジメントサービスを提供してきた経験を生かし、自動車関連セキュリティ技術向上やソリューション開発の取り組みを加速させています。

所在地 :東京都新宿区西新宿一丁目24番1号
代表者 :代表取締役社長 布施 康
設立   :1997年1月
資本金 :3,000万円
URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]