編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

世界の熱狂が「集まる・つながる」クリエイティブ配信プラットフォーム「Gridge」、β版リリース開始!

グリッジ株式会社

From: PR TIMES

2018-10-24 15:40

クリエイター・アーティスト・パフォーマーを日本から世界へ

グリッジ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:籔井 健一)は2018年10月24日、クリエイティブ配信プラットフォーム「Gridge(グリッジ)」のβ版リリースを開始しました。(サービスサイト: (リンク ») )



[画像1: (リンク ») ]




Gridge(グリッジ)とは?

「Gridge」は、次世代クリエイターやアーティストが『世界』と繋がり新たな収入源と活躍の機会を獲得することができる“クリエイティブ配信プラットフォーム”です。クリエイターは、自身のクリエイティブを通じて世界や他業種クリエイターと繋がり、創造活動の世界を広げていくことができます。

[画像2: (リンク ») ]



Gridgeの特徴として

■Name Your Price (価値は自分で決める)
クリエイターは、世界中からのName Your Priceでクリエイティブに対しての価値を対価として受け取ることができます。また、Name Your Priceすることでユーザーはそのクリエイティブをコレクションすることができます。

■メンバーシップ
クリエイターは、月額制のメンバーシップを発行し、継続的な収入を得ることでより創作活動に集中することができます。

■クロスカルチャー
クリエイターは、他業種のクリエイターとの出会いやビジネスのきっかけを手にし、デジタルだけでなくリアルな創作活動の可能性を広げていくことができます。

その他にも、SNSや既存の商習慣だけでは実現しなかったクリエイターの新しい創作活動の世界を作っていきます。


“インディークリエイティブのオープンイノベーション”


[画像3: (リンク ») ]


グリッジは、世代・国境・言語を超える可能性を秘めたクリエイティブで熱狂と感動が溢れる世界を作ることを目指しています。音楽、イラスト、パフォーマンス・・・そういったクリエイティブを生み出す人々がより創作活動に打ち込む世界を、それを享受する人々がよりクリエイティブを身近に感じ楽しめる世界を、グリッジは目指していきます。

さらに、「音楽×イラスト」「テクノロジー×パフォーマンス」など、クリエイティブはクロスすることで、その可能性は無限大に広がっていきます。そんな他業種クリエイターのクロスカルチャーをデジタルだけでなくリアルな場において創出する新たなクリエイティブ文化、「インディークリエイティブのオープンイノベーション」を実現していきます。

Gridgeチームコメント「各業界ではメジャーとインディーが二極化し、『インディー』と言われるロングテールな個による熱狂と活躍の機会が増えています。そんな彼らのエンパワーメントをさらに強化する日本発のグローバルサービスで、ディスプレイされていない未来を次世代のクリエイター・アーティストと共に日本発で創っていきたいと思います」


会社概要

社名:グリッジ株式会社
代表取締役:籔井 健一
URL: (リンク »)
資本金:3,000万円
設立:2018年2月15日
事業内容:クリエイティブ配信プラットフォーム「Gridge」の運営
お問い合わせ先:グリッジ株式会社 広報担当者宛(info@gridge.com)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]