コールセンター現場の声から生まれた”現場主義CTIコールシステム”「CallTree」を発売

株式会社ジーシー 2018年10月24日

From PR TIMES

【1クリックでも1秒でも業務工程を削減 戦略的デザインと機能性をトコトン追求】

“コールセンター×インターネットテクノロジー×コンサルティング”をコンセプトにテレマーケティング事業を主軸に展開する株式会社ジーシー(所在地:東京都新宿区 代表取締役:太田陽平)はコールセンターで使用するCTIシステム「CallTree」正式リリース。



[画像1: (リンク ») ]


【CallTree概要】
・顧客情報をリアルタイムで共有可能で顧客へスムーズな対応が可能
・クラウド型システムの為、ロケーションフリーで利用可能
・様々な機能を活用し個人・チーム共に対話力、スキル向上、トークスクリプト改善が可能
・リマインド機能を使い掛け直し、再アプローチの漏れを防ぎます
・オートコール、プレディクティブコールの活用で架電効率を向上
・対応履歴が自動保存され対応品質向上、戦略構築に役立ちます


[画像2: (リンク ») ]



【3つのポイント】
1.~メーカーだから出来る!~当システム以外にもシステムの開発、WEBページの制作、ECサイトの構築などを自社の開発チームがしています。
プロだからこそ!
どんなカスタマイズでも迅速に対応が可能です。

2.~コールセンターだから分かる!~現場で稼動をしているオペレーターやSV(管理者)が実際に当システムを利用しているので、現場の気持ちが分かります。
プロだからこそ!
細かい点に気づき、発見し、アイディア生み出し、常に進化させて行きます。

3.~コールシステムのスペシャリスト!~今までに類似システムをいくつも使ってメリット・デメリットの比較と検証を積み重ね、自社の技術力とコールセンター運営ノウハウを集結させ開発しました。
プロだからこそ!
同業他社のリサーチし、システムを進化しつづけ、業界のスペシャリストでありつづけます。

[画像3: (リンク ») ]



【開発背景】
CTI会社の多くはシステム事業が主軸で、コールセンターのインフラを保持していなかったり、主軸事業でなかったりなど現場を熟知していません。
また、CTIは1クリックでも1秒でも、業務工程を如何に少なくするかがキモになります。
コールセンターを主軸にしている会社が作るからこそ現場主義のCTIが開発でき、導入以降の戦略的な活用方法を細かくアドバイスが可能になります。
導入後、完璧に使い熟している、自社に合った使い方をしている、更なる改善に至っている会社が少ないのが現状です。
“コールセンター×インターネットテクノロジー×コンサルティング”をコンセプトにお客様と導入後もCTI以外でも末永くお付き合いする為に、開発販売に至りました。

【今後の展望】
弊社が提供しているコールセンターに特化した秒課金専用IP回線「CallLine」で「CallTree」と回線接続する事で通話料の削減が可能です。
他社が提供しているグループウェア、CRM/SFAとの連動を開発中で、今後リリースをしていきます。

【お問い合わせ先】
販売会社:株式会社ジーシー
(リンク »)
CTI事業部CallTreeカスタマーセンター
担当:高橋
050-5578-8864
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]