「音声でつぶやくSNS 『PitPa(ピトパ)』 」リリース1ヶ月で10万再生突破。

株式会社PitPa 2018年10月25日

From PR TIMES

Twitterとも連動し、投稿数・再生数が急成長

株式会社PitPa(本社:東京都港区/代表:石部達也)は、「音声でつぶやくSNS『PitPa(ピトパ)』」のリリース後1ヶ月で10万再生を突破したことをお知らせします。



[画像1: (リンク ») ]


■「ショート音声」が敷居を乗り越える
・音声投稿数は4,000以上
当初「音声投稿」に対する敷居の高さなどを指摘されることもありましたが、ショート動画「TikTok」やショートテキスト「Twitter」の人気と同様にショート音声を求めるもあり、リリース後1ヶ月で4,000以上の音声投稿がありました。

・Twitter連携後、再生数が急増
機能としてPitPaへの投稿と同時にTwitterへも同時投稿できる機能をリリース後、再生数が大きく伸び、リリース後1ヶ月で10万再生を突破。現在では1日4000~5000再生されています。

・PitPaユーザーの声
実際にPitPaを利用した方からも多くの感想を頂いています。

「音声だと気持ちをダイレクトに伝えることができる。」
「音声なので人の温かさとかを感じますよね。」
「同じ内容を話したとしても、人によってニュアンスが違かったり言葉遣いも違かったり。それが面白い!」
「文字を打つより、しゃべる方が早い。」
「下準備無く手軽に収録できるのが動画やブログなどに比べて便利!」
「動画や画像に注目が行かないので単純な声の魅力に集中できる。」



■今後のPitPa(ピトパ)について
まだまだ始まったばかりの音声投稿文化をさらに広げるべく、より音声を発信しやすくする機能拡張および、音声を聴く側がより隙間時間などでも聴きやすいような設計を考え改良をしてまいります。
またリリース後PitPaに、放送局、声優事務所、音楽アーティスト関連の方などからもお問い合わせを頂いており、今後様々な企画なども検討しております。PitPaの音声配信プラットフォームを使った企画等ご協力できる企業様・団体様はお気軽にご連絡頂ければと思います。


■PitPa(ピトパ)とは
PitPa(ピトパ)は、より感情の伝わる情報発信手段「音声」に着目し、「音声」で情報発信ができるスマートフォンアプリです。
現在は、
・60秒の音声を気軽に投稿
・Twitterとも連携し、簡単同時投稿
・音声によるコメントコミュニケーション
・広告収益から音声発信者もお小遣い稼ぎ
ができ、誰でも登録して音声発信をすることができます。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



■PitPa meetup #1の開催
11/21(wed) 19:15~21:30 @Shibuya 
(リンク »)

■デザイナー募集中
「音声の民主化をリードするデザイナーを募集」
(リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
メール: info@co.pitpa.jp

■本プレスリリースに関わる画像素材
(リンク »)

■会社概要
社名:株式会社PitPa
代表者:石部達也
事業内容:声でつぶやくSNS「PitPa(ピトパ)」の開発、運営
設立:2018年8月21日
URL: (リンク »)
アプリ: (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]