【FRONTIER】最新インテル Z390 チップセット×第9世代 インテル Coreプロセッサー搭載Aura Sync対応 魅せるデスクトップPC<GHシリーズ>を新発売

インバースネット株式会社 2018年10月25日

From PR TIMES

~強化ガラスサイドパネル採用 RGB照明が鮮やかに光る新シリーズ~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2018年10月25日(木)より、最新の「インテル Z390 チップセット」と「第9世代 インテル Coreプロセッサー」を搭載した、ASUS Aura Sync対応の鮮やかに光るデスクトップPC<GHシリーズ>の販売を開始します。



■製品の概要

このたび販売を開始する<GHシリーズ>は、対応機器のLEDを同期させる 「ASUS Aura Sync」 に対応したミドルタワーPCケース「Phanteks Eclipse P350X」を採用。サイドパネルはフル強化ガラスの魅せるデザインで、フロントとサイドに内蔵されたRGBイルミネーションが設定したとおりに鮮やかに光る、ゲームユーザーに特におすすめしたいパソコンです。
マザーボードには最上位のゲーミングパフォーマンスを実現するASUS製『ROG STRIX Z390-F GAMING』を採用、CPUには前世代よりコア数が大幅に強化され、最大で8コア16スレッドを誇る「第9世代 インテル Coreプロセッサー」を搭載しました。
発表されたばかりのグラフィックカード「NVIDIA GeForce RTX 2070」を搭載したモデルもご用意しました。
また、電源は信頼の証「80PLUS認証」を取得した、高品質で信頼性、耐久性の高い日本製の「105℃コンデンサ」を搭載しています。
思いどおりのイルミネーションを楽しみながらPCゲームに没入したいユーザーに特におすすめの一台です。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア( (リンク ») )にて、2018年10月25日(木)より販売を開始します。

▼鮮やかに光るデスクトップPC<GHシリーズ>はこちら
  (リンク »)
[画像: (リンク ») ]



■製品の特長

<ASUS Aura Sync対応  高拡張タイプのミドルタワーケース>
対応機器のLEDを同期させる 「ASUS Aura Sync」 に対応したPCケース 「Phanteks Eclipse P350X」 を採用。 前面パネルに縦2本、左側面に1本設置されたRGB LEDストリップと、強化ガラスサイドパネル越しに見える背面ファン・マザーボードが鮮やかに光ります。専用のユーティリティソフトをダウンロードして発光パターンやカラーを設定すれば、驚くほど一体感を持つ鮮やかなLEDライティングを楽しめます。

⇒ 裏面配線仕様でスッキリしたケーブルレイアウトをキープ
W210×D465×H453mmのミドルタワーに3.5インチ内部ベイ×2を前面下、2.5インチ内部ベイ×2を右側面に配置するなど、レイアウトを工夫したことで大きなグラフィックカードも搭載可能です。「裏面配線」仕様だから、エアフローの妨げになりやすいケーブルをマザーボードの背面側にまとめて配線・結束可能。スッキリしたケーブルレイアウトを保つことができます。


<第9世代インテルCore プロセッサー・ファミリー搭載>
最上位のCore i9-9900Kは14nm++プロセス技術により、前世代と比べると物理コアが6コアから8コアに、スレッド数は12スレッドから16スレッドに増え、ターボ・ブースト時の最大周波数は5.00GHzに達します。高負荷ゲーム、4K動画編集やエンコードにおいて快適な動作を実現します。

⇒ 第9世代CPU専用のASUS製 マザーボードを採用
マザーボードには、高い性能と安定性に実績のあるASUS製『ROG STRIX Z390-F GAMING』を採用。インターフェースには最新高速USB規格USB 3.1 Gen2のType-Aを3つType-Cを1つ、従来のUSB3.0、USB2.0を2つずつ装備し、多彩な周辺機器の接続にも対応できます。


<NVIDIA ハイパフォーマンスグラフィックカード搭載>
⇒ GeForce GTX 10 シリーズ
NVIDIA Pascalアーキテクチャを採用した「NVIDIA GeForce GTX 10シリーズ」は、革新的ゲーミングテクノロジを用い、非常にリアルな次世代バーチャルリアリティーに対応します。 また、TDP(Thermal Design Power,熱設計消費電力)が非常に低く、省電力化にも大きく貢献します。

⇒ GeForce RTX 20 シリーズ
「NVIDIA GeForce RTX シリーズ」は、革新的なリアルタイム レイ トレーシング技術を採用した、最先端のグラフィックカードです。
最新の「Turing」アーキテクチャにより、ゲームやアプリケーションの環境内において光学計算を瞬時に行い、光の反射や屈折、影などを写実的にリアルタイムで描写するリアルタイム レイ トレーシングが可能になりました。これまでにない驚異的な映像体験をお楽しみください。
ラインナップには「NVIDIA GeForce RTX 2080」のほかに発表されたばかりの「NVIDIA GeForce RTX 2070」もご用意しています。


<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
80PLUS認証を取得した電源を標準搭載しています。消費電力や排熱が少ないので、電源の長寿命化などが期待できます。
また、恒常的に温度が上がりやすい電源ユニットに、日本製コンデンサを採用することで、安定した直流電源の出力を実現しています。


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 : 山本 慶次郎(代表取締役)
■事業内容 : 自社製パーソナル・コンピュータ開発、製造及び販売、他
■取扱商品 : 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、各種情報機器

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]