さまざまなジャンルの音楽に適応するバーチャルドラムスタジオ スタインバーグ ソフトウェア 『Groove Agent 5』 − 新たなドラム音源の付属に加えユーザーインターフェースも改良 −

ヤマハ株式会社 2018年11月02日

From PR TIMES

株式会社ヤマハミュージックジャパン(注1)は、Steinberg Media Technologies GmbH(注2、以下、スタインバーグ社)が開発したドラム音源ソフトウェア『Groove Agent 5(グルーヴ エージェント 5)』をダウンロード版は本日、パッケージ版は11月10日(土)に発売します。



[画像1: (リンク ») ]



<価格と発売日>
品名:
スタインバーグ ソフトウェア 『Groove Agent 5』

品番/価格/パッケージ版 発売日
Groove Agent 5 /R(通常版)/オープンプライス/11月10日(土)
Groove Agent 5 /E(アカデミック版)/オープンプライス/11月10日(土)

*1 品番の末尾は次のものを示します。R:通常版、E:アカデミック版
アカデミック版は、学生、学校教員の皆様向けの優待販売版です。ご発注の際には、学生証、教員証等のコピーが必要となります。
*2 「Groove Agent」は、以前に購入されたパッケージであっても、アクティベートを実行する時点での最新版ライセンスがアクティベートされます。本発表後にアクティベートされた場合、「Groove Agent」は『Groove Agent 5』のライセンスがアクティベートされ、最新バージョンのインストーラーがダウンロードできます。
*3 アップデート版(UD)は、Steinberg Online Shop でダウンロード販売を行います。詳細はスタインバーグサイトをご参照ください。
◎ アップデートについて
「Groove Agent 4」からのアップデートは、Steinberg Online Shopにてお買い求めいただけます。
詳しくは、Steinberg Online Shopをご参照ください。 (リンク »)
◎ 特別優待期間(Grace Period:グレースピリオド)について
2018年10月3日以降に「Groove Agent 4」をご 購入されライセンスのアクティベートされたお客様は、対応する最新バージョンに無償でバージョンアップすることができます。詳細はスタインバーグサイトにてご案内いたします。
◎ スタインバーグ サイト  (リンク »)


<製品の概要>
『Groove Agent 5』は、スタインバーグの「Cubase(キューベース)」など、さまざまな音楽制作用DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)ソフトウェアとの連携に適したドラム音源ソフトウェアです。多くの音楽ジャンルを網羅するドラム音源やパターンエディターを内蔵し、ドラム、ビート、パーカッションの3種類の専用リズムモジュールを組み合わせることで、生々しいアコースティックドラムやパーカッション、鮮烈なエレクトロミュージック用ドラムなどを、直感的かつ簡単に編集できます。今回は、ベルリンのスタジオで録音したアコースティックドラム音源「THE KIT」や、30種類のエレクトロミュージック用ドラム音源を新たに付属したほか、外部から直接音源を録音しマッピングできる「ライブサンプリング機能」も搭載しました。また、HiDPI(高画素密度)のディスプレイへの対応や、ウィンドウサイズの拡大縮小対応などユーザーインターフェースの改良も施しています。

詳細は以下の通りです。


<『Groove Agent 5』主な特長>
1.アコースティックドラム音源「THE KIT」を新たに付属
『Groove Agent 5』は、ベルリンのスタジオ「Teldex Studios」で録音したアコースティックドラム音源「THE KIT」を新たに付属しました。ドラムヘッドにタオルをかけたスネアドラムなど、多くのアーティキュレーションをハイクラスのマイクを使用して録音しています。
[画像2: (リンク ») ]


2.30種類の新エレクトロミュージック用ドラム音源を付属
『Groove Agent 5』は、30種類の新たなエレクトロミュージック用ドラム音源を付属しています。ビートパターンだけでなく、ベース、メロディーパート、ノイズなどのサンプルも含まれた音源です。


[画像3: (リンク ») ]


3.お気に入りの演奏を取り込める「ライブサンプリング機能」
『Groove Agent 5』は、外部から直接音源を録音し、素早くマッピングできる「ライブサンプリング機能」を新搭載しました。お気に入りの演奏を取り込むことで、音楽制作の幅が広がります。
[画像4: (リンク ») ]


4.サンプリングした音源を分解する「DECOMPOSE機能」を搭載
『Groove Agent 5』では、サンプリングしたドラム音源をロードすると、トーンとノイズの2つに分解します。その後、パッドにドラッグアンドドロップすることで、音源を描写することが可能です。
[画像5: (リンク ») ]


5.ユーザーインターフェースの改良
『Groove Agent 5』では、HiDPI(高画素密度)のディスプレイへの対応や、ウィンドウサイズの拡大縮小対応、ブラウザウィンドウの切り離し表示など、ユーザーインターフェースの改良も施しています。
[画像6: (リンク ») ]



<注>
1) 株式会社ヤマハミュージックジャパン
日本国内における楽器・音響機器卸販売および教室事業を行うヤマハ株式会社の100%子会社。
本社:東京都港区。
2) Steinberg Media Technologies GmbH
音楽制作用ソフトウェア等の開発、販売を行うヤマハ株式会社の100%子会社。1984年設立。
本社:独・ハンブルグ市。


スタインバーグ 「Groove Agent」製品サイト
(リンク »)
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
(リンク »)


※文中の商品名・社名等は、当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ヤマハ株式会社の関連情報

ヤマハ株式会社

ヤマハ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]