「TechCrunch Tokyo 2018」 をPR TIMES LIVEでライブ配信決定!日本最大級のスタートアップ・テクノロジーの祭典を、国内、香港、シンガポール、インドへ生中継

株式会社PR TIMES 2018年11月12日

From PR TIMES

現地に行けない国内外の記者・ビジネスパーソンが、地域を超えオンライン取材・参加できる!今話題のスタートアップや過去ファイナリストの最新アップデート等、注目セッション多数 (11月15・16日開催)



[画像1: (リンク ») ]

[トピックス]
・ 国内外の記者、ビジネスパーソンに向けて、日本のスタートアップ情報を現地の熱気とともにライブ配信
・ 「TechCrunch Tokyo」8回目の開催回(11月15・16日)を、国内と海外3カ国にもオンライン生中継
・ プレスイベントをライブ配信する「PR TIMES LIVE」がVideo-Streaming Partnerとして配信を担当
※開催の都合上、ライブ配信の対象プログラムと対象外のプログラムがございます。(詳細は後述)

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922、以下:PR TIMES)は、2018年11月15、16日に東京の渋谷ヒカリエで開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo 2018」のVideo-Streaming Partnerとして同イベントのライブ配信を担うこととなりました。
[画像2: (リンク ») ]


「TechCrunch Tokyo 2018」は、TechCrunch Japan(運営:Oath Japan株式会社、URL: (リンク ») )が11月15日(木)、16日(金)に渋谷ヒカリエで開催する日本最大級のスタートアップ・テクノロジーの祭典です。最新テクノロジー、新進気鋭のスタートアップが一堂に会し、昨年は2500名以上の参加者が来場しました。
主な見どころは、国内・海外の著名ゲストスピーカーを迎えての「ファイアーサイド・チャット」やよりカジュアルなトークセッションを中心とする「TC Lounge」、創業3年未満のスタートアップの展示が多数集う「スタートアップデモブース」、そして今年最も輝いているスタートアップを選ぶピッチコンテスト「スタートアップバトル」です。

■視聴URL(11月15日):  (リンク »)
(11月16日):  (リンク »)


日本のスタートアップ情報を国内外へ伝える取組み

従来、開催される多くのメディアイベント・カンファレンスの情報は来場する人・メディアとその読者までに留まっていました。しかし、日本発のスタートアップが盛り上がりを見せる今、その情報を必要とする人はイベント開催地に留まらず国内外に広がっています。
日本最大級のスタートアップ・テクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo 2018」に参加・出展するスタートアップ企業、そして国内外から集結する登壇者のセッションを、熱量をそのままに国内外のメディアそして生活者へ届けることで、スタートアップの情報流通を加速することができるとの考えがPR TIMESとOath Japanで一致し、今回のパートナー協力が実現しました。


ライブ配信とオンライン取材環境の提供

国内外の記者、ビジネスパーソンに向けて、「PR TIMES LIVE」がライブ配信を行います。また、メディア記者向けには映像全編・ダイジェスト動画・写真素材・書き起こしテキストを提供し、現地に行けない記者にも地域を超えてオンラインで取材できる環境をご用意します。(PR TIMESにメディアユーザー登録いただいている方はダウンロードできます。)

また、今回のライブ映像はOathグループのメディアプラットフォームを通じてアジア3カ国の有力メディア「Yahoo! 雅虎香港」(香港)、「Yahoo! Singapore」(シンガポール)、「Yahoo! India」(インド)でも同時生中継いたします(英語音声)。
これらの取組みを通じて、「TechCrunch Tokyo 2018」が持つ情報ポテンシャルを最大限引き出し、国内外の記者・ビジネスパーソンに向けて、地域を超えてオンライン取材・参加ができる環境をご提供いたします。

《ライブ配信予定メディア:日本国内向け》
TechCrunch Japan  (リンク »)
PR TIMES  (リンク »)
YouTube  (リンク »)
Facebook  (リンク »)
Twitter  (リンク »)

【「PR TIMES LIVE」概要】

[画像3: (リンク ») ]

「PR TIMES LIVE」は、プレスイベントの情報ポテンシャルを最大限引き出す動画配信サービスです。 従来は記者が現地取材しなければ伝えられなかった記者発表会などイベントの模様を、PR TIMESの公式SNS、YouTubeでライブ配信することで、来場していない記者の方もオンライン環境で取材することが出来ます。記者は映像全編・ダイジェスト動画・写真素材・書き起こしテキストをダウンロードすることもできます。
さらに、トレンドに敏感な生活者の方にも直接、リアルタイムで情報を届けることができます。
PR TIMES LIVE 紹介サイト: (リンク »)

(参考)今回のライブ配信仕組み
[画像4: (リンク ») ]




TechCrunch Tokyo 2018全プログラムとライブ配信対象プログラム


11月15日、16日に東京・渋谷ヒカリエで開催される「TechCrunch Tokyo 2018」の全プログラムの内容とタイムスケジュールは下記の通り。
このうちライブ配信対象プログラムは、11月15日(木)11:50~16:00、11月16日(金)11:50~16:00と17:40~18:50のセッションとスタートアップバトル授賞式を予定しています。

※プログラムの最新情報とチケット購入は「TechCrunch Tokyo 2018」公式ページをご確認ください。
(リンク »)

【TechCrunch Tokyo 2018】11月15日(木)

[表1: (リンク ») ]


[表2: (リンク ») ]



【TechCrunch Tokyo 2018】11月16日(金)

[表3: (リンク ») ]


[表4: (リンク ») ]




TechCrunch TokyoとPR TIMESのこれまでの協力関係について


[画像5: (リンク ») ]

これまでも、PR TIMESは「TechCrunch Tokyo」に2012年から7回にわたり継続的にイベント協賛させていただき、長年にわたる協力関係を築いてまいりました。
スタートアップバトルでは「PR TIMES賞」を授与させていただき、受賞企業のプレスリリース配信をバックアップさせていただくことで、スタートアップ情報の更なる流通拡大を図ってきました。


PR TIMESと国内スタートアップエコシステムとの関わり

前述の「TechCrunch Tokyo」との協力関係に加え、PR TIMESでは継続的に国内スタートアップのエコシステムに貢献するための活動を行っています。

1.スタートアップのプレスリリース配信が無料で活用できるプログラムを2015年1月に開始
(リンク »)
設立2年以内のスタートアップが条件をクリアすると月1本まで「PR TIMES」でプレスリリースを無料で配信利用することができるプログラム「スタートアップチャレンジ」を、継続的に提供しています。また同プログラムにおいては、スタートアップ支援に取り組むVC、VCファンド、インキュベーターなど47社と提携しています。

2.スタートアップニュースメディア「THE BRIDGE」を2018年4月に事業譲受
(リンク »)
THE BRIDGEは「起業家と投資家を繋ぐ」をコンセプトに2010年6月に創刊したブログメディアです。国内・アジアのスタートアップを中心としたテクノロジー系ニュースを毎日配信しており、毎月35万人以上の起業家や投資家のみなさんの情報ソースとしてご活用いただいています。PR TIMESとTHE BRIDGEは2015年2月に業務提携契約を締結し、2018年4月にはPR TIMESがTHE BRIDGEを事業譲受しています。

3.つくば市、福岡市との連携協定を通じた地方スタートアップ支援
2017年8月、創業支援事業に積極的なつくば市とベンチャー企業のPR支援を目的に、PR TIMESとつくば市は連携協定を締結。つくば市所在ベンチャー企業が、「PR TIMES」でのプレスリリース配信を6ヵ月間に3回まで無料で利用できる特別プランの提供、そしてPR勉強会の開催などの施策を展開しています。
2018年9月には、スタートアップ都市・福岡市とPR TIMESが連携協定を締結。市所在のスタートアップ企業の情報発信とメディア取材をオンライン化する構想を発表し、福岡発の情報を全国へ届けやすくする施策を継続的に行います。


【「TechCrunch Japan」概要】
URL: (リンク »)
[画像6: (リンク ») ]

「TechCrunch Japan」は、テクノロジーメディア「TechCrunch」の翻訳版として2006年に登場しました。「TechCrunch」は、2005年にシリコンバレーでスタートし、スタートアップ企業の紹介やインターネットの新しいプロダクトのレビュー、そして業界の重要なニュースを扱うテクノロジーメディアとして成長してきました。現在、米国を始め、欧州、アジア地域のテクノロジー業界の話題をカバーしています。
「TechCrunch Japan」は、シリコンバレーから発信される最新情報はもちろん、日本オリジナル記事の投稿やイベント開催なども手がけています。

【Oath Japan株式会社 会社概要】

[画像7: (リンク ») ]

米ベライゾンの子会社であるOathは、「Build Brand People Love(人々に愛されるブランドを築く)」を掲げ、グローバルで保有するメディアとテクノロジーブランドのダイナミックな総合企業として、世界で10億人以上にリーチしています。Oathは、デジタルとモバイルのグローバルリーダーとして、メディアの未来を創造していきます。
Oath Japanは、Oath(Americas)Inc.の日本法人です。プログラマティック広告のソリューションプラットフォームである"Oath Ad Platforms"を通じて、広告主ならびに媒体社に、シンプルかつオープンな高機能の広告配信テクノロジーサービスを総合的に提供しています。また、2017年8月にAOLオンライン・ジャパンと事業統合し、ガジェットファン向けサイト「Engadget 日本版」、テクノロジーメディア「TechCrunch Japan」、自動車Webメディア「Autoblog 日本版」、エンタメ情報サイト「AOLニュース」等のメディア事業も展開しています。

会社名   : Oath Japan株式会社
所在地   : 東京都港区南青山2-27-25ヒューリック南青山ビル5F
設立    : 2006年12月
代表取締役 : 坂下洋孝
事業内容  : インターネットメディア事業、広告プラットフォーム事業
URL    :  (リンク »)

【プレスリリース配信サービス「PR TIMES」概要】

[画像8: (リンク ») ]

URL: (リンク »)
「PR TIMES」は、企業とメディア、そして生活者をニュースでつなぐインターネットサービスです。2007年4月のサービス開始より、報道機関向けの発表資料(プレスリリース)をメディア記者向けに配信する機能と、「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載する機能をセットで提供してまいりました。利用企業数は2018年10月に2万6000社を突破、国内上場企業34.0%に利用いただいています。情報収集のためメディア記者1万2000人に会員登録いただいています。サイトアクセス数は2018年10月に過去最高の月間1415万PVを記録しました。配信プレスリリース本数も増加しており、2018年10月は過去最高の月間1万2691本を記録しています。全国紙WEBサイト等含むパートナーメディア184媒体にコンテンツを提供しています。大企業からスタートアップ、地方自治体まで導入・継続しやすいプランと、広報発表と同時に生活者にも閲覧・シェアしてもらえるコンテンツ表現力を支持いただき、成長を続けています。(運営:PR TIMES)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社PR TIMESの関連情報

株式会社PR TIMES

株式会社PR TIMESの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]