ヴイエムウェア、VMware Cloud on AWSの日本市場での提供を発表

ヴイエムウェア株式会社 2018年11月12日

From PR TIMES

DR、クラウド マイグレーション、クラウドベースの仮想デスクトップ、サポートの強化などの機能拡張も発表

ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジョン ロバートソン)は本日、VMware Cloud(R) on AWSの東京リージョンでの提供開始に加え、顧客が東京のアマゾン ウェブ サービス(AWS)のデータセンタでアプリケーションや仮想デスクトップのセキュリティをさらに強化できる新たな機能群を発表しました。

VMware Cloud on AWSは、ヴイエムウェアの提供するエンタープライズクラスのSoftware-Defined Data Center(SDDC)をAWSクラウドへと拡張するものです。VMware Cloud Foundation™を基盤として、このハイブリッド クラウド サービスが実現する一貫したインフラと運用をデータセンタからクラウドへと拡張し、クラウドへのスムーズな移行、オンデマンドの拡張、そして次世代アプリケーションに向けた戦略の実践が可能になります。ヴイエムウェアとAmazon Web Services, Inc. の協力により、このハイブリッド クラウド環境に展開されたアプリケーションは信頼性に優れた災害からの保護とAWSのサービスへの最適化されたアクセスによるメリットを享受できます。IT部門はオンプレミスやクラウド環境で慣れ親しんできたものと同じアーキテクチャと運用方法でAWSとヴイエムウェアのハイブリッド クラウドを利用できるため、ビジネス上のメリットをすぐさま獲得できるようになります。VMware Cloud on AWSは、ヴイエムウェアならびにヴイエムウェアのパートナから提供、販売、サポートされます。

高速かつ大規模なDR as a Service(DRaaS)によりビジネスを保護
VMware Cloud on AWSの災害復旧サービス(DRaaS, サービスとしての災害復旧)の進化により、大規模かつストレージに負荷のかかるワークロード向けに信頼性に優れた保護が可能になるだけでなく、従来ではミッション クリティカルなアプリケーションの運用継続性を確保するために必要とされていたコストと複雑性を大幅に削減できます。

顧客は、VMware Site Recoveryにより、オーケストレーションの自動化、フェイルオーバー/フェイルバックの機能、セカンダリのDRサイトに要するコストの削減、保護するために必要な時間の短縮、ビジネスの復旧力の強化、DR関連の運用の簡素化などのメリットを享受できます。また、VMware Site Recoveryにより、VMware Cloud on AWSとオンプレミス環境の間だけでなく、複数のVMware Cloud on AWS間でも柔軟性に優れた保護トポロジによるメリットを最大限活用できます。さらに、ヴイエムウェアは、VMware Cloud on AWSの最新リリースでVMware Site Recoveryがサポートできる仮想マシン(VM)の数をSDDCあたり1,000台まで拡張することを発表しました。これにより大規模環境を保護するために必要なコストを削減できるようになります。

顧客は、運用コストを最小化するために、細かく設定されたオンデマンドのクラウド利用料金をベースに、必要な時に使用した分だけを支払うことができます。また、Elastic DRSにより、顧客は設定した要件に応じてフェイルオーバーが発生した後にSDDCクラスタを自動的に拡張できるため、リソース管理を最適化できます。さらに、Amazon Elastic Block Store(EBS)との連携によるElastic vSANを使用することで、顧客はストレージに負荷のかかるワークロードを保護するためのコストをさらに削減することができます。

ヴイエムウェアでは、Dell EMCと協力し、Dell EMCの提供するVxRailとVMware Site Recoveryを組み合わせて、VMware Cloud on AWS向けの包括的かつ押しボタン式のフェイルオーバー機能を提供しています。この機能により、顧客は迅速にセットアップやテストを実行できるほかVxRailからクラウドへとオンデマンドでフェイルオーバーできるようになります。また同時に、VxRailとVMware Cloud on AWSを支えるハイパーコンバージドインフラであるVMware vSAN™の一貫した運用によるメリットも享受できます。

仮想デスクトップとアプリケーションのハイブリッド クラウド環境への配置
VMware Cloud on AWS向け VMware Horizon(R) 7により、仮想デスクトップとアプリケーション向けの統合的なハイブリッド クラウド環境をスムーズに構築できます。VMware Cloud on AWS向け VMware Horizon 7は、VMware Cloud on AWSの企業向けの機能とVMware Horizonの優れた機能を組み合わせることで、これまで以上にシンプルかつ安全で、拡張性に優れたソリューションを提供します。今回、仮想デスクトップの俊敏なプロビジョニングを実現するために、VMware Horizon 7のインスタントクローン機能に対応しました。インスタントクローン機能により、顧客は1台あたり平均1~2秒で仮想デスクトップを配信することができるようになり、さらにストレージ使用量を最大で80%も削減できます。また、ユーザのログオフ時のデスクトップへのパッチ適用が可能になったことで、保守をさらに簡素化できます。さらに今回、ヴイエムウェアはVMware Horizon 7とVMware Horizon Cloud Serviceの連携も発表しました。この連携により、VMware Cloud on AWSとオンプレミスのインフラの両方に導入されているVMware Horizon 7環境で視認性、ヘルスモニタリング、ヘルプデスク サービスを一元化できます。

大規模環境への対応、より安全なクラウド マイグレーション、グローバル規模のアプリケーションのポータビリティ
VMware Cloud on AWSを提供するAWSリージョンの継続的な拡大に加え、マイグレーションやポータビリティの機能により、顧客はアプリケーションを高速かつ確実に移行し、データセンタをクラウドへと拡張できます。これまでは、顧客が大規模な仮想マシン(VM)をライブマイグレーションする際にデータ同期のオーバーヘッドが発生することがあり、マイグレーションの信頼性にリスクが伴っていました。VMware Hybrid Cloud Extensionの機能であるVMware Cloud Motion with vSphere Replicationが新たに利用できるようになったことで、ダウンタイムが発生することなく、数千ものVMを予測可能な形でライブマイグレーションすることができます。また顧客は、VMware vMotion(R)を活用してSDDCやアベイラビリティー ゾーン(AZ)の間や、それら全体にわたって個々のアプリケーションをライブマイグレーションすることができます。

さらに、VMware Cloud on AWSの主要コンポーネントであるVMware NSX(R)とAWS Direct Connectの統合により、顧客は高性能かつ本質的に安全なVirtual Cloud Networkを構築し、クラウドへのワークロードのマイグレーションを高速化できます。ネットワークとセキュリティはデータセンタの拡張とクラウドへのマイグレーションに必要不可欠な要素です。VMware NSXとAWS Direct Connectの統合により、クラウドへのマイグレーションを高速化し、マルチティアのハイブリッド アプリケーションを実現します。さらに、新たにVMware Cloud on AWSで利用できるようになったVMware NSXのマイクロセグメンテーション機能により、仮想マシンの移動に追随するセキュリティポリシーを備えたアプリケーション視点のセキュリティを実現できます。

VMware Cloud on AWS向けに新たに提供されるIn-Product Support Experience
顧客はVMware Cloud on AWS上でビジネスに必要不可欠なシステムを運用しています。このことは、運用の効率、リスクの軽減、事業継続性を実現するために高付加価値の技術サポートが重要であることを意味しています。ヴイエムウェアが新たに提供するIn-Product Supportにより、顧客のデジタルビジネスにおけるダイナミックなニーズに応える独自のサポート体験を提供することができます。VMware In-Product Supportは、サポート担当とのチャット、サポート依頼の管理、コミュニティによるサポート、インテリジェントな検索など、ヴイエムウェア環境内から直接サポート担当やリソースにアクセスできます。これにより、効率的なサポート体験を顧客に提供し、より迅速かつ簡単に問題を解決できるようになります。


VMware, Inc. クラウドプラットフォーム部門 上級副社長 兼 ゼネラルマネージャ マーク・ローマイヤ―(Mark Lohmeyer) コメント:
「世界中でVMware Cloud on AWSの提供地域は拡大しており、本日、VMware Cloud on AWSの東京リージョンでのサービス開始を発表できることを大変嬉しく思います。VMware Cloud on AWSは、ヴイエムウェアをベースとしたワークロードをクラウドへと移行したい顧客にとって最適な環境を提供します。今回のサービス開始により、日本の顧客のアプリケーションに対する厳しい要件に対応し、必要とされるセキュリティと拡張性を備えたより強力なハイブリッド クラウド ソリューションを提供します」

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナーアライアンス本部 統括本部長 渡邉 宗行 様 コメント:
「VMware Cloud on AWSのお客様は、VMware Hybrid Cloud Extension、VMware vMotion、そしてVMware NSXとAWS Direct Connectとの連携などを活用して、SAP、Oracle、SQL Serverなどのアプリケーションを複数のSDDCやアベイラビリティーゾーンの相互間において、これまで以上に高速かつ安全に移行することができます。AWSはこのVirtual Cloud Networkのメリットを活用した高性能で安全なクラウドソリューションの一部として、追加のハードウェアコストをかけることなく、クラウドやワークロードの移行およびアプリケーションのハイブリッド化を促進できることを歓迎します。」

さらなる詳細は以下もご参照ください。

参考情報:
VMware Cloud on AWSのロードマップに関する最新の情報は以下URLをご覧ください。(英語)
(リンク »)

VMware Cloud on AWSの詳細はこちらをご覧ください。
(リンク »)  

VMware Cloud on AWSのブログはこちらをご覧ください。(英語)
(リンク »)

VMware Cloudに関する最新情報は以下のソーシャルメディアからもご確認いただけます。(英語)
Facebook: (リンク »)
LinkedIn: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
YouTube: (リンク »)


■提供について
東京リージョンでのVMware cloud on AWSサービスは本日より提供を開始します。

詳細情報は下記URLをご参照ください。
(リンク »)

■価格について
価格に関する最新の情報は下記URLをご参照ください。
(リンク »)


ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアのソフトウェアは、世界中のデジタル インフラを支えています。ヴイエムウェアのコンピュート、クラウド、モビリティ、ネットワーク、セキュリティの各製品は、世界中で7万5,000社のパートナ エコシステムを通じて50万以上の顧客にダイナミックかつ効率性に優れたデジタル基盤を提供しています。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、ビジネスと社会に貢献するVMwareの革新的なイノベーションの歴史は今年20周年を迎えます。VMwareの詳細は www.vmware.com/jpをご覧ください。

VMware、VMworld、VMware Cloud、Cloud Motion、Cloud Foundation、vSphere、Hybrid Cloud Extension、vMotion、NSX、vSAN、Horizon、Horizon Cloud Service、VMware Site Recovery、Skylineは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。Amazon Web Service、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon Elastic Block Storeは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。「パートナ」または「パートナシップ」という言葉は、当社と他社との法的な協力関係を示すものではありません。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]