編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

『KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM』第2期を開始 京急電鉄とサムライインキュベート オープンイノベーションによるモビリティを軸にした豊かなライフスタイルの実現を目指す

株式会社サムライインキュベート

From: PR TIMES

2018-11-21 15:00

~テクノロジーとリアルの融合による“地域連携型MaaS”の実現へ~

 京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区、取締役社長 原田 一之、以下 京急電鉄)と 株式会社サムライインキュベート(本社:東京都品川区、代表取締役 榊原 健太郎、以下 サムライインキュベート)は、ベンチャー・スタートアップ企業とのオープンイノベーションにより、新規事業の創出を目指す「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM (京急アクセラレータープログラム)」の第2期を2018年11月21日(水)から開始します。



[画像1: (リンク ») ]

 京急電鉄では,『モビリティを軸とした豊かなライフスタイルの創出』を新規事業創出のビジョンに掲げ、本プログラムにおいては「Mobility(移動)」「Living・Working(くらし・働き方)」「Retail(買い物)」「Entertainment(観光・レジャー)」「Connectivity(テクノロジーの活用)」の各テーマごとに、ベンチャー・スタートアップ企業と新たな顧客体験を生み出すことを目指します。また、鉄道を軸とした移動インフラと各サービス、および沿線地域をつなげていく“地域連携型MaaS”(※)の実現を図ります。

 このオープンイノベーション戦略を実現するパートナーとして、国内外の創業期企業への出資・インキュベーションを行うベンチャーキャピタルであり、新事業創出を手がけるサムライインキュベートが同社とタッグを組み、共同でプログラムを実施します。

 本プログラムにおいて事業審査会を通過した採択企業は、主にプログラム期間内において京急グループの事業基盤を活用したテストマーケティング(実証実験)を行いながら事業共創を目指し、沿線の各自治体(横浜市、横須賀市、三浦市)、投資家などで構成される「メンター」から助言・支援を受けることが可能です。

 また、京急電鉄は、サムライインキュベートが運営するベンチャーキャピタルファンド「Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合」へ事業シナジーを目的とする戦略的出資を実行することから、採択企業へのファンドを通じた出資など、プログラムと同ファンドとの連携も積極的に行います。

 プログラム終了後には、採択企業とのテストマーケティング等の検討結果を踏まえ、京急電鉄との資本業務提携を視野に入れた事業共創を図ってまいります。

(※) MaaS:Mobility as a serviseの略語。「人やモノの移動のサービス化」を示し、様々な移動手段とその周辺サービスのシームレスな連携および統合を目指す概念。

KEIKYUのオープンイノベーション戦略
1.取り組みの背景
 近年、第4次産業革命によるテクノロジーの進化、急速なデジタル化により、人々のライフスタイルはより多様化・複雑化しています。一方で、日本の社会構造は、人口減少や高齢化によって揺らぎつつあり、地域密着型で生活・サービス関連事業を展開している鉄道会社のビジネスモデルは分岐点に立っています。
 こうした背景から、ベンチャー・スタートアップ企業とともに、既存のビジネスモデルをアップデートし、沿線を中心とする都市生活に新しい顧客体験を生み出すことを目指す「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM」を2017年より開始しています。

京急電鉄の目指す提供価値の向上「KEIKYU3.0」
[画像2: (リンク ») ]


2.ビジョン
「モビリティを軸とした豊かなライフスタイルの創出 ~テクノロジーとリアルの融合による地域連携型MaaSの実現~」
[画像3: (リンク ») ]

「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM」第2期 開催概要
1.募集テーマと具体例
【a】Mobility(移動)/駅を起点とする移動体験の向上
・鉄道を起点とした「モビリティ連携」によりシームレスな移動
・「車内」「駅」「バス停」のUX・UI向上

【b】Living・Working(くらし・働き方)/「暮らす」「働く」を豊かにする“まち”の創出
・ベッドタウンからコンパクトシティへの転換
・住まいやオフィスの新しい利用体験

【c】Retail(買い物)/地域と繋がり、人に寄り添う買い物体験の提供
・地域へ広がる駅チカ・駅ナカ店舗の新たな用途創出
・店内サービスやオペレーションの改善

【d】Entertainment(観光・レジャー)/訪れる人の非日常を彩る体験価値の創出
・三浦半島でしかない観光体験の発見
・宿泊施設における新たな価値提供

【e】Connectivity(テクノロジーの活用)/各テーマおよび地域をつなげるテクノロジーの活用・新サービスの創出

2.スケジュール詳細
2018年11月21日: サイト公開・募集開始
2018年12月10日: 事前説明会
2019年 1月18日 : 募集締め切り
2019年 3月18日 : 事業審査会
2019年4月~7月 : 事業共創期間
2019年8月    : 成果発表会(デモデイ)

3.プログラム体制
・京急グループの事業基盤を活用したテストマーケティング(実証実験)の実施
・京急グループ各部門との連携による事業化検討
・メンターによるメンタリングの実施
・沿線自治体(横浜市、横須賀市、三浦市)との連携

メンター一覧
[画像4: (リンク ») ]

4.専用Webサイト
URL: (リンク »)

5.ロゴ


[画像5: (リンク ») ]

漢字の“志”と英語の“NEXT”をモチーフにデザイン。「志」を強く持つ人たちで、より良い未来を作り上げ、「次」のステージに向かうプロジェクトでありたい、という意味を込めています。


京浜急行電鉄株式会社 概要
社名:京浜急行電鉄株式会社
設立:1948年6月(創立:1898年2月)
本社所在地:東京都港区高輪2丁目20番20号
代表者:取締役社長 原田 一之
URL: (リンク »)

株式会社サムライインキュベート 概要
社名:株式会社サムライインキュベート
設立:2008年3月
本社所在地:東京都品川区東品川2-2-28 タチバナビル2F
代表者:創業者 代表取締役 共同経営パートナー 榊原 健太郎
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]