国内初!BSIジャパン、株式会社コーニッシュにISO 44001(提携事業関係マネジメントシステム)を認証

BSIグループジャパン株式会社 2018年11月27日

From PR TIMES



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 根本 英雄、以下 BSIジャパン)は、株式会社コーニッシュ(大阪府大阪市中央区 代表取締役 今村 聖三)に対し、日本国内で初めてISO 44001(提携事業関係マネジメントシステム)を認証いたしました。(認証登録日:2018年10月8日)
[画像: (リンク ») ]

2018年11月14日に行われた認証授与式において
写真左より、株式会社コーニッシュ 代表取締役 今村 聖三 様
BSIグループジャパン株式会社 代表取締役社長 根本 英雄

 近年、業務部門間の単一部門やコンソーシアム、合弁事業など、組織の関係性はますます複雑化しています。ISO 44001は、民間および公的機関含む、様々な組織が協力的なアプローチに基づいて、相互に効果的かつ競争的なビジネス関係を構築し、発展させるための国際規格です。
 大規模な多国籍企業や政府機関、非営利団体、中小企業などあらゆる規模の民間および公的機関に適用され、業務部門間の単一部門や、コンソーシアムや合弁事業などのより複雑な関係に焦点を合わせ、様々なレベルの提携事業関係を効果的に管理することができます。
 BSIジャパンは今後も本規格の認証サービスの拡大を通じて、今日の市場に対応できる組織の競争力強化とパフォーマンス強化を提供できるように努めたいと思います。

ISO 44001(提携事業関係マネジメントシステム)認証について
ISO 44001は、民間および公的機関含む、様々な組織が協力的なアプローチに基づいて、相互に効果的かつ競争的なビジネス関係を構築し、発展させるための国際規格です。ISO 44001(提携事業関係マネジメントシステム)を認証取得することで、組織の競争力とパフォーマンスを強化し、今日の市場に対応できる幅広いメリットをもたらすことができます。詳しくは弊社webサイトをご覧ください。 
(リンク »)

株式会社コーニッシュ 代表取締役 今村 聖三 様からのコメント
- ISO 44001認証取得の目的
収益不動産の売買を中心に成長してきた当社は、再来年に創業30年を迎えます。この間に、ストックした優良不動産をベースに、賃貸事業、分譲事業、ホテル事業、温浴事業及び不動産のPBM事業など、収益事業の多角的に取り組んできました。これまでは、それぞれの収益事業の運営を軌道に乗せることに注力してきましたが、各事業で育てた人的資源・ノウハウ等が、各々の事業に固定化し、有効に活用されない傾向がありました。一方で、各々の事業では、十分な体制が整わない中で事業を遂行してきたため、能力を補うための外部委託が増え、経費増が目立ってきました。

- ISO 44001構築による成果、工夫、苦労した点
各事業セグメントの役割・強みを再定義し、グループ内に周知させ、組織相互間での連携を意識づけました。また、ISOの活動を通じて組織間会合を定期的に行い、情報交換の機会を増やしたことは効果的に働きました。一方で各組織は、その成功を支えてきた業務手法や外部委託に安心感があり、これまでとは異なるやり方を本社主導で導入することにはやや抵抗感があり、その意識を変えてもらうことに多少苦労致しました。ISO活動の結果として、組織間連携を図るという手法の方が、現場にスムーズに組織連携の考えが浸透できるという結論に至りました。

- 認証機関にBSIを選んでいただいた理由、また審査の感想
BSIジャパンは、以前からISO/IEC 27001、ISO 10002の認証取得でお世話になっているため、安心して審査をお願いすることができました。また組織連携の仕組みづくりと審査が並行して進んだ部分もあり、悩んでいる部分に対し適切な指摘から新しい気付きにつながることもあり、非常に意義のある審査でした。

- 今後の活用について
当社グループ内にある資源・ノウハウを事業領域を超えて有効活用を図れば、利益の外部流出を抑え、更なる各事業の成長を図ることができると考えています。ISO 44001の枠組み・手順を利用して、更なる組織連携と強化を実現させることを目指したいと思います。


株式会社コーニッシュについて
「街づくりから収益の創出まで、不動産から広がる夢の実現のお手伝い。」を企業理念の一つとして、収益物件・土地活用・不動産ファンドなどの不動産業務を展開する大阪の企業。詳細は下記のURLをご参照ください。

株式会社コーニッシュ 本社:グループ統括機能、不動産保有・賃貸、収益不動産の売買・開発、ファンド事業
・同 東京支店:収益不動産の売買
・同 神戸支店:不動産保有・賃貸、収益不動産の売買・開発、宅造事業
・同 温浴事業部(京都):温浴施設の運営
大阪農林会館:不動産保有・賃貸、ホテル運営
三協興産   :収益不動産の売買、PM事業
ラインビルド:PM・BM事業
URL: (リンク »)

BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社について
BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、また、ISOの設立メンバーとして活動する規格策定のプロフェッショナルです。現在、181カ国で86,000組織以上のお客様の活動に貢献しています。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO 9001(品質マネジメントシステム)、ISO 14001(環境マネジメントシステム)、ISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇ります。

BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人です。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供しています。マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に約60社ある認証機関の中で、最も多くの規格の認証サービスを提供している認証機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする認証機関です。
URL: (リンク »)

BSIは、組織レジリエンス(Organizational Resilience)のグローバルソートリーダーです。組織レジリエンスとは、組織が生き残り繁栄するために、変化や突然の中断に対して、予防し、準備し、そして対応して適応する能力です。これはリスクマネジメントの域を超えて、ビジネスの健全性や成功に対する全体的な視点を意味します。BSIは、110年以上に渡り組織の発展をサポートすることをミッションとしてきました。そして組織レジリエンスのソートリーダーとして、このミッションを今後さらに強固なものとしていきます。
URL: (リンク »)


■ お問い合わせ先
BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会) 営業本部マーケティング部
東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5階
TEL: 03-6890-1174
FAX: 03-6890-1181
Email:  Japan.Marketing@bsigroup.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]