コールトラッキングサービスの「Call Tracker」電話発信者の地域情報取得オプションの提供開始。

株式会社コムスクエア 2018年11月27日

From PR TIMES

電話着信時の音声ガイダンスや、通話終了後に生成される通話ログ内に地域情報を取得できるようになりました。

株式会社コムスクエア(東京都中央区 代表取締役社長:上嶌 靖 以下、コムスクエア)は、コールトラッキングサービス「Call Tracker」に電話発信者の地域情報を通話ログに取得できる新機能の提供を致します。
(リンク »)



[画像1: (リンク ») ]



サービス概要

コールトラッカーの独自技術を活用し、電話着信時の音声ガイダンスや、通話終了後に生成される通話ログ内に地域情報を都道府県単位で取得ができるようになりました。


[画像2: (リンク ») ]



地域情報取得オプションの活用例


飲食店、美容院、中古車販売店、不動産会社など店舗に対して発生する予約電話から地域情報を取得し店舗の商圏の分析が可能です。商圏を分析する事で出店計画の立案・分析等が可能となります。
テレビCMやラジオCMなどのマス広告の地域別の効果分析が可能となります。自社サービスの地域別のマーケティング上の課題の把握が可能になります。


[画像3: (リンク ») ]



ご提供背景
昨今、お客様より「コールトラッカーを通して発信者の地域情報を取得できないか?」というご相談を多くいただいております。
Webサイト側で取得したGPS情報を紐づける事は以前より可能でしたが、これらはオンライン上でのみ可能で、オフライン広告(テレビ、ラジオ、チラシ、看板、紙面等)からの位置情報の取得は不可能でした。
コムスクエアの長年の研究の成果である独自技術により、オフライン広告に掲載された電話番号からの位置情報取得も可能なオプションのご用意に至りました。


今後の取り組み
今回追加された都道府県別の地域情報取得オプションをさらに細分化し全国約 500 地点毎に地域情報を取得できるアップデートを順次実施予定です。


コールトラッカーについて
コールトラッカーは、国内で初めてサービス提供した、Webからの電話反響を正確に測定できる、クラウドCTIソリューションです。
コムスクエアが保有数1,000回線を超える回線交換、IPベースの通信インフラと高機能CTI装置を基盤に提供しています。
この技術は日本、米国、中国で特許取得済みで、EUでも審査中です。
URL: (リンク »)


コムスクエアについて
1989年の創業から30年、CTIソリューションに取り組み、通信インフラ・端末の進化と共に歩んでまいりました。
Web関連技術を保有する企業が多く活躍する現在においても、CTIソリューションとWebソリューションの融合技術は特殊分野でコムスクエア最大の強みとなっております。
現在、クラウドCTIソリューションとして、コールトラッカー、SMS自由自在、Web電通知等ユニークなサービスを多くのお客様にご利用いただいております。
URL: (リンク »)



プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社コムスクエアの関連情報

株式会社コムスクエア

株式会社コムスクエアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]