編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

総製作費 約50億円!ホアン・シュアン主演のファンタジー史劇「海上牧雲記」幻想神話世界で繰り広げられる愛と憎しみの物語DATVで 2019年1月 日本初放送!

株式会社デジタルアドベンチャー

From: PR TIMES

2018-11-27 15:40

株式会社デジタルアドベンチャー(本社:東京都港区、代表取締役:チェ・グァンヨン)は、自社テレビ局「DATV」において、2019年1月、中国の若手実力派俳優ホアン・シュアン主演の中国ドラマ「海上牧雲記」を日本初放送することに決定いたしました。



[画像: (リンク ») ]

「海上牧雲記」は、中国の人気小説「九州・海上牧雲記」を基に、架空神話の世界で9つの州からなる“九州”を舞台にしたドラマで、皇族とその周囲の人たちの愛憎うずまくストーリーを壮大なスケールと最新鋭の視覚効果でダイナミックに描いた作品です。
キャストは、今をときめく若手俳優、『空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎』のホアン・シュアン、ショーン・ドウ、ジョウ・イーウェイなど数々の賞を受賞し、名実ともに兼ね備えている実力派が勢ぞろい。さらに、中国ドラマでは珍しい日本ロケを敢行!国宝に指定された現存天守のある国宝四城の一つである滋賀県の彦根城や、日本のドラマ「大奥」でもロケ地として使われた玄宮園などで、3日間に渡って撮影が行われました。スタッフは1,000人、出演者は50,000人、セットの面積は東京ドーム1.3個分と、超ド級のファンタジースペクタクル。中国最高峰の制作チームが結集し作り上げた斬新な映像をお楽しみに!
韓流&華流イケメン見るならDATV!今後のラインナップにもご期待ください。

中国ドラマ【海上牧雲記】日本初放送
<放送日時>1/30(水)スタート 毎週(水)午後11:15~深夜1:15 ※2話連続
      再放送:毎週(木) 午後3:00~5:00ほか
<出演者>ホアン・シュアン、ショーン・ドウ、ジョウ・イーウェイ、ワン・チエンユエン、シュー・ルーほか
<データ>全75話

<見どころ>
◆総製作費約50億円という超大作史劇!
◆ホアン・シュアン、ショーン・ドウ、ジョウ・イーウェイなど若手実力派が名を連ねる
◆人気小説「九州・海上牧雲記」を基に制作された
◆中国ドラマでは珍しく日本(彦根城、玄宮園)でロケが行われた。

<あらすじ>
天下の九つの州を統べる牧雲氏の端王朝。巨大な軍力を擁する穆如(ぼくじょ)家は、牧雲一族に絶対的な忠誠を誓い、彼らを守護してきた。明帝・牧雲勤の時代になり、星読み(占星術師)によって三つの予言が示された。一つ、第六皇子の牧雲笙(ぼくうんしょう)は帝王の剣を握った時、天下に乱を起こして民を苦しめる。一つ、穆如家の三男である穆如寒江(ぼくじょかんこう)は、いずれ牧雲氏から帝位を奪う。一つ、瀚州に生まれた碩風和葉(せきふうわよう)は鉄王剣を抜き、やがて九州を統一する。牧雲笙は父によって宮中に軟禁され、穆如寒江も父によって街角に捨てられ、碩風和葉は穆如軍によって一族を滅ぼされた。精霊を母に持つ牧雲笙には、特殊な能力があった。ある時、父を助けるために力を使ったが、逆に父に深手を負わせてしまう。以来、牧雲勤(ぼくうんきん)は病床に伏せ、朝廷の実権を皇后の南枯一族が握るようになる。皇后の子である牧雲合戈(ぼくうんごうか)を帝位に就かせるため、伝国玉璽を偽造し、牧雲勤の暗殺を企てていた。
一方、牧雲勤の長兄・牧雲欒(ぼくうんらん)とその子息である牧雲徳(ぼくうんとく)は、九州各勢力と密謀して勢力を強め、朝廷転覆と皇位簒奪を狙っていた…。


【韓流・華流イケメン見るなら DATV概要】
<放送局>
スカパー!プレミアムサービス 653ch.
スカパー!プレミアムサービス光653ch.
J:COM 762ch
ひかりTV 572ch その他ケーブルテレビにてご覧いただけます。
<ホームページ>
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]