アプリックスとシマフジ電機がルネサス エレクトロニクス製マイクロプロセッサRZ /T1向け I /O端子機能仮想化技術「fvIOTM」を共同でプロモーションしていくことで合意

株式会社アプリックス 2018年11月29日

From DreamNews

IoT(Internet of Things)製品向けソリューションの開発を手掛ける株式会社アプリックス(本社:東京都新宿区、 代表取締役 兼 取締役社長:長橋賢吾、以下「アプリックス」)は、組込み向けハードウェア及びソフトウェアの開発を手掛けているシマフジ電機株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役:藤代巌、以下「シマフジ」)と、シマフジが開発した「fvIOTM」技術を共同でプロモーションしていくこと、並びに同社の「fvIOプラグインTM」の販売なども協力して進めることについて、2018年11月に合意したことをお知らせいたします。

シマフジが開発した「fvIO」とは「functions-virtualized Input/Output」の略で、「マイコン/マイクロプロセッサが内蔵するI /O端子機能を仮想化する技術」であり、ソフトウェアによる実装と比べて処理速度の高速化を実現します。このfvIO技術は、各種インターフェイス(I/F)を実現する「fvIOプラグイン」を「fvIOホストTM」に設定することで、ひとつのマイクロプロセッサで各種のI/Fを利用することが出来るようになり、これらの組み合わせをfvIOプラットフォームTMと称しています。なお、「fvIOホスト」とは、ルネサス エレクトロニクス株式会社(以下「ルネサス」)製のマイクロプロセッサ「RZ/T1」(以下「RZ/T1」)などに実装されたfvIOを実現するための機能を指しています。

<fvIOプラットフォーム>



シマフジでは、ルネサス製マイコン(RZ/T1)を搭載したIoT-Engine規格のCPUモジュール製品SEMB1401にfvIOプラグインを搭載した製品の市場投入を当社における2019年第1四半期会計期間(2019年1月1日~2019年3月31日)中に予定しており、すでに問合わせの受付も開始しています。
今後の展開や販売予定価格は別紙1の通りです。

アプリックスは、fvIOホストであるルネサスの「RZ/T1(RZ/Tシリーズ)」をはじめ、ルネサスの「e-AI」を高速実行するオフロードエンジンとして最適なDRP(Dynamically Reconfigurable Processor、ルネサスが開発した、1クロックごとに演算回路を動的に変更できるプロセッサ技術、詳細についてはこちら( (リンク ») )をご参照ください)を搭載するマイクロプロセッサ「RZ/A2M」、並びにこれらに対応するシマフジの「fvIOプラグイン」をベースとする組込み機器開発、開発支援、受託開発及びソリューションの構築などを行います。また、併せてシマフジの「fvIOプラグイン」に係る販売代理業務も開始する見込みです。

シマフジの取締役 犬尾 武は以下のようにコメントしています。
「アプリックスのIoTソリューション技術と、これからますます多種多様化するセンサに柔軟に対応し、かつその性能を最大限に引き出すことが可能なfvIOとを組み合わせる事により、利用用途ごとに最適なIoTデバイスを素早く実現することが可能になります。アプリックスとのfvIO の共同プロモーション及びfvIOプラグインの販売サポートを通じて、民生から産業までの幅広い分野におけるフレキシブルで高性能なIoTデバイスの普及に貢献していきたいと考えています。」

アプリックスの常務取締役 根本 忍は以下のようにコメントしています。
「シマフジ電機の確かな技術力と実績を背景に、fvIOテクノロジをベースとしたソリューションを構築し展開していくことで、今後ますます加速するIT(情報技術)とOT(制御技術)の融合、あるいはエッジコンピューティング及びフォグコンピューティングといった領域における新たな価値を創出する流れに、当社も微力ながら貢献してまいりたいと考えています。」

アプリックスとシマフジは、当社における2019年第1四半期のfvIOプラグイン市場投入時期を目処に、さらに複数の企業や団体等とパートナーシップを結んでプロモーション体制をより強化していくと共に、ルネサスが2017年4月に打ち出した方針、すなわち汎用事業におけるIoT活用の方向性として政府が推進する超スマート社会「Society 5.0」を基に「スマートホーム」「スマートファクトリー」「スマートインフラ」の実現に貢献していくという流れに対して、微力ながら貢献してまいります。

以上

■シマフジ電機株式会社について
1990年11月設立。
創業時より先端デバイスを用いる機器の受託開発を行っており、マイクロプロセッサやFPGA(Field-Programmable Gate Array)を搭載した評価ボード、組込みソフトウェアの設計開発を得意とする会社です。
2004年に開発した超小型コンピュータ「Teacube」の流れを汲むSEMB1401やSEMB1402に、IoT時代の手足となるfvIOを搭載することにより、組込みボードの未来を、そして人々の未来を創造していきたいと考えております。
コーポレートサイト  (リンク »)

■株式会社アプリックスについて
アプリックスの使命は「ソフトウェアの力で世の中のあらゆる人々に幸せをもたらすこと」です。携帯電話でのJava利用という新しいフロンティアを切り開いた「JBlend」に続き、開拓中の分野が、IoT(Internet of Things)です。当社ではIoTモジュール(ビーコン)、スマホアプリ、クラウドサービス等のIoTソリューションを一貫して提供することで、家電製品等のIoT化を推し進め、「モノからの通知によって人々の生活を豊かにする」というコンセプトの実現を目指しております。
アプリックスのwebsite(投資家情報等): (リンク »)
アプリックスのテクノロジー事業: (リンク »)
Facebook公式ページ: (リンク »)

■お問い合わせ先:
アプリックスのお問い合わせページ: (リンク »)
シマフジ電機のお問い合わせページ: (リンク »)
※ 記載されている会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。


<別紙1>
シマフジにおけるfvIOプラグインTMの今後の展開や販売予定価格は、下記の通りです。
標準的なfvIOプラグイン(以下「標準fvIO」)は下記のボードに添付される予定です。

[型式]      [内容]                 [価格]       [fvIOのステータス]
SEMB1401     RZ/T1搭載IoT-Engine規格準拠ボード    16,800円     提供可能
SEMB1402     RZ/A2M搭載IoT-Engine規格準拠ボード  19,800円     開発中
SBEV-RZ/T1   RZ/T1搭載評価ボード          24,800円     企画中
SBEV-RZ/A2M  RZ/A2M搭載評価ボード         44,800円     企画中

・上記ボードに実装された標準fvIOは評価目的、組込んで量産する場合のいずれでもロイヤリティーなしでお使い頂けます。
・上記ボードで標準fvIOを使用する場合の有償サポートプログラム(サポート期間3ヶ月:\98,000)もございます。必要な場合はお問合せください。
・標準fvIO以外の各種fvIOプラグインのカスタム開発も可能です。
・標準fvIOを上記以外のボードあるいはRZ/T1などを搭載したシステムなどで使用する場合は個別にご相談ください。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]