編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「島根県益田市と包括連携協定を締結」

一般社団法人益田サイバースマートシティ創造協議会

From: PR TIMES

2018-12-10 09:40

~スマートシティの標準仕様をテストベッドの地、益田市から世界へ~

高齢者健康データのモニタリングなどのプロジェクトを実施しCPS社会の実現目指す



一般社団法人益田サイバースマートシティ創造協議会(以下MCSCC:Masuda Cyber Smart City Creative Consortium、所在地:島根県益田市駅前町17番1号 EAGA産業支援センター内、代表理事: 又賀 善茅)は平成30年11月7日、益田市とともに、スマートシティの実現に向けたIoTテストベッド事業推進に関わる包括連携協定締結の調印式を行いました。益田市と一般社団法人益田サイバースマートシティ創造協議会が本協定に定める分野において、包括的な協力・連携関係を構築することで地方創生型スマートシティの推進を図ることを目的とします。

・調印実施概要

調印日時:平成30年11月7日(木)

記者会見場所:東京都港区品川フロントビルB1F 


[画像: (リンク ») ]



・目的

益田市と一般社団法人益田サイバースマートシティ創造協議会(MCSCC)は、包括的な連携に基づき相互に協力し(共築)、IoT技術を活用して行政課題の解決や地域の活性化に取り組むほか、スマートシティに実装するIoT技術の進化を目指します。益田市でのテストベッドの結果は、他の地方都市に都市間連携で提供します。第1弾の移植先としては、MCSCCの学術会員でもある八代市産業振興協議会・IoT八代同盟になる予定で、鳥獣IoTを共築する計画です。


詳しくはホームページ (リンク »)

関連ホームページ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]