BSIジャパン初!!株式会社 テイルウィンドシステムにISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)を認証

BSIグループジャパン株式会社 2018年12月11日

From PR TIMES



 BSIグループジャパン株式会社(東京都港区 代表取締役社長 根本 英雄、以下 BSIジャパン)は、株式会社 テイルウィンドシステム(東京都立川市 代表取締役社長 迎 浩一朗)に対し、BSIジャパンとして初めてISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)を認証いたしました。(認証登録日:2018年11月1日)
[画像: (リンク ») ]

2018年11月19日に行われた認証授与式において
写真左より、株式会社テイルウィンドシステム 代表取締役社長 迎 浩一朗 様
BSIグループジャパン株式会社 代表取締役社長 根本 英雄

ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)について
ISO 45001は、世界初の労働安全衛生の国際規格で、2018年3月12日に発行されました。
ISO 45001規格を導入することで、安全かつ健康的な職場環境の構築、事故・労働災害および病気の予防、継続的な労働安全衛生のパフォーマンスの向上などが可能になります。
BSIジャパンは今後も本規格の認証サービスを始め、様々なサービスを拡充してまいります。

株式会社テイルウィンドシステム 代表取締役社長 迎 浩一朗 様からのコメント
- ISO 45001認証取得の目的
弊社は、経営理念にあるように、創業当初から当社で働く社員及びその家族を大事にするという理念をもって事業を行っており、社員の成長、健康、安全、幸せ、笑顔が経営理念の柱になっています。今回の労働安全衛生マネジメントシステムを導入する前から、社員の安全と健康を確実にするための仕組みは数多く確立しており、例えば、BDHプログラムや架け橋ボックス※、360度評価システム、有給取得促進プログラムなどがあります。こういった活動は以前から評価をいただき、2017年度には東京都ライフ・ワーク・バランス認定時には小池都知事から表彰を受け、また厚生労働省からもユースエール認定企業として認めていただいております。
今回、2018年3月にISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)が発行されたと伺い、創業時から首尾一貫して実施してきた当社の理念や活動を、より高いレベルで第三者から評価を受けようと思い、ISO 45001の認証取得に向けてチャレンジすることにいたしました。
※BDHプログラムとは、誕生日の月に休暇が取得できる、休暇取得促進プログラム。※架け橋ボックスとは、社員と会社の架け橋となる、会社に何でも相談できる目安箱。

- ISO 45001構築による成果、工夫、苦労した点
弊社は、品質マネジメントシステムのISO 9001、環境マネジメントシステムのISO 14001、情報セキュリティマネジメントシステムのISO/IEC 27001を用いた、統合マネジメントシステムを確立し、運用しておりますので、仕組み作りの面で苦労することはありませんでした。今回のISO 45001の導入の際も、今まで培ってきたリスクマネジメントの仕組みに、社員の安全と健康に関するテーマを追加するという基本方針で取り組みを行いました。
構築においては、弊社の部長や事業部長を主体とする経営幹部が事務局になり、若手社員にも積極的に関わってもらい、導入を進めました。関わった社員には、会社を良くするための取り組みを直に感じる良い経験になったという肯定的なフィードバックをもらうことができました。

- 認証機関にBSIを選んでいただいた理由、また審査の感想
当初より、BSIジャパンからISO 9001、ISO 14001、ISO/IEC 27001の認証を受けておりますので、今回のISO 45001の認証も、自然な流れでBSIジャパンにお願いしました。これらの全ての規格を統合したマネジメントシステムの審査を適切に実施できること、またその審査も単なる規格要求事項の適合性のみならず、当社の経営にいかに生かせるかという、有効性の審査に着眼点をおいて審査を実施してもらえておりますので、弊社の重要なパートナーとしてお付き合いさせていただいております。

- 今後の活用について
弊社の統合マネジメントシステムを”GRCマネジメントシステム”と名付け運用しています。すなわち、コーポレートガバナンス、リスクマネジメント、コンプライアンスに関する経営の仕組みという位置づけです。その基本概念であるGRCにO(思いやり)を付加し、当社の理念である、社員同士がお互いに感謝しあい、思いやりをもって接し、社員同士が”ありがとう”や”感謝の気持ち”を目に見える形で表し、社内の活性化や社員のモチベーションアップにつなげる施策を来年度から実施することが決定しています。
弊社は、今後もISOのマネジメントシステムを最良の経営のツールとして活用し、社員、お客様、株主、地域社会に必要とされる企業であり続けるため、日々推進してきたいと思います。

***
ISO 45001(労働安全衛生マネジメントシステム)は、世界初の労働安全衛生の国際規格です。ISO 45001規格を導入することで、安全かつ健康的な職場環境の構築、事故・労働災害および病気の予防、継続的な労働安全衛生のパフォーマンスの向上などが可能になります。大規模・小規模どの組織にも適しており、組織にとって最も重要な資産である”人”を守り、卓越性と組織レジリエンスの向上が可能になります。
詳細は弊社Webサイトをご参照下さい。
URL: (リンク »)
***

株式会社テイルウィンドシステムについて
2004年に設立した、ICTソリューションを主事業にもつシステムインテグレータで、ソフトウェアの開発やICTシステムの基盤構築を得意分野としています。近年では、自社オリジナルのサイバーセキュリティソリューションの提供や、自社オリジナルの働き方改革を支援するASP事業、金融業界に特化したパッケージソリューションに注力しています。
また、2年前にISO関連のコンサルティングや研修、情報セキュリティサービスの専門家集団として子会社を作り、お客様のあらゆる課題を解決するためのトータルソリューションプロバイダーとして活動しています。
URL: (リンク »)

BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社について
BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、また、ISOの設立メンバーとして活動する規格策定のプロフェッショナルです。現在、181カ国で86,000組織以上のお客様の活動に貢献しています。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO 9001(品質マネジメントシステム)、ISO 14001(環境マネジメントシステム)、ISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇ります。
BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人です。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供しています。マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に約60社ある認証機関の中で、最も多くの規格の認証サービスを提供している認証機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする認証機関です。
URL: (リンク »)

BSIは、組織レジリエンス(Organizational Resilience)のグローバルソートリーダーです。組織レジリエンスとは、組織が生き残り繁栄するために、変化や突然の中断に対して、予防し、準備し、そして対応して適応する能力です。これはリスクマネジメントの域を超えて、ビジネスの健全性や成功に対する全体的な視点を意味します。BSIは、110年以上に渡り組織の発展をサポートすることをミッションとしてきました。そして組織レジリエンスのソートリーダーとして、このミッションを今後さらに強固なものとしていきます。
URL: (リンク »)

■ お問い合わせ先
BSIグループジャパン株式会社(英国規格協会) 営業本部マーケティング部
東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5階
TEL: 03-6890-1174
FAX: 03-6890-1181
Email:  Japan.Marketing@bsigroup.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

BSIグループジャパン株式会社の関連情報

BSIグループジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]