スパイスボックス、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプロファイリングデータを活用したフォロワー獲得サービス、「AI-PROFILE」を提供開始。

株式会社スパイスボックス 2018年12月14日

From PR TIMES

ブランドと親和性の高いユーザーを精度高く判断、良質なフォロワーを効率的に獲得

ソーシャルメディア上で認知、好意形成を行う「エンゲージメント・コミュニケーション」施策支援を行う株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、このたび、業務提携を行っているAIスタートアップ企業AIQ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 高松睦)のプロファイリングAI技術を活用しInstagramで親和性の高い良質なフォロワーを獲得する新サービス「AI-PROFILE」の提供を開始します。



■「AI-PROFILE」(アイプロファイル)について

[画像1: (リンク ») ]

・約700万アカウントのプロファイリングデータから親和性の高いユーザーを抽出してアプローチ

AIQでは、SNSアカウント分析に特化したAIを用いて、Instagramの公開アカウントデータを収集・分析し、国内約700万アカウントのプロフイリングデータを生成、保有しています。AI-PROFILEでは、その膨大なデータのなかから企業やブランドと親和性の高いユーザーを自動で抽出し、そのユーザーに対してフォロワー獲得のためのアプローチ(「いいね返し」、「フォロー返し」を目的とした「いいね」、「フォロー」など)を実施します。

これまでは、一般的にエゴサーチやハッシュタグ検索などを手がかりに企業担当者が手作業で親和性の高いユーザーを発見していることが多く、非常に作業工数がかかっていました。「AI-PROFILE」では、あらかじめAIによって人物像を推計した国内約700万アカウントのなかからブランドと親和性の高いユーザーを特定します。これにより人による作業工数を大幅に削減しながら、最適なユーザーだけに効率的かつ安定的にアプローチし、フォロワーを獲得し続けることが可能となります。

・親和性の高いユーザーがフォロワーになることで、コンテンツやブランドそのものに対する高いエンゲージメントを醸成

AI-PROFILEによって獲得したフォロワーは、企業やブランドが発信するコンテンツとの親和性が高いため、投稿に対するエンゲージメント率を高く維持しやすいことが特長です(※)。自社アカウントと親和性が高いファンやユーザーは、コンテンツに「いいね!」などポジティブなアクションを行いやすく、SNS上でより多くの人に企業やブランドの情報を届けることに繋がります。スパイスボックスでは、今後「AI-PROFILE」で増やしたフォロワーのトライブ分析やUGCを活用したプロモーション支援等も行ってまいります。

(※)AI-PROFILEで獲得したフォロワーのエンゲージメント率は、平均して30%前後になります。これは一般的な企業の公式アカウントのエンゲージメント率である5~10%を大きく上回ります。(AIQ社調べ)


(参考)AIQが保有する約700万アカウントのプロファイリングデータとは

AIQでは、同社が持つ「自然言語処理」「画像解析」技術を駆使して、インターネット上で一般に公開されているInstagramアカウントのデータ(プロフィール、投稿の画像やコメント、どんなハッシュタグを利用しているか、誰をフォローしているか、フォローされているか)を収集、分析し、そのアカウントの人物像を推計しています。人物像とは、「年代」「性別」「趣味・嗜好」「行動範囲や居住地域」などです。2018年12月現在、約700万アカウント分のプロファイリングデータを蓄積しており、今後も随時更新していきます。

プロファイリングのイメージ図


[画像2: (リンク ») ]

引用:Instagram

上記図のように、さまざまな公開データからアカウントのプロファイリングデータを生成します。AIで推計することで、このアカウントは「20代、女性、会社員、東京在住、最近の趣味・嗜好として、旅行やコンビニスイーツが好きだ」などと分かります。さらに、自然言語処理技術も、単に「スパイスボックス」に言及しているから「スパイスボックスのファンだ」とするレベルではなく、「スパイスボックスが好き」「スパイスボックスが嫌い」などの違いまで判断して(ポジネガ判断)ユーザーがブランドに対して好意的か、親和性が高いかを判断しています。

AI-PROFILEの利用イメージ図

[画像3: (リンク ») ]

【AI-PROFILEが実現すること】
・親和性が高く良質なフォロワーを安定的かつ効率的に増やす
・アカウント運用における人の作業工数を大幅に削減する
・親和性の高いフォロワーを増やすことでエンゲージメント率の高いアカウントへと育成する

【AI-PROFILEの導入に向くアカウント】
・Instagramアカウントを作成したけれどフォロワーが増えない
・フォロワーの増加数が頭打ちになってきている
・投稿をしてもあまりエンゲージメント(いいね、コメント)されない
・キャンペーンで一時的にフォロワーが増えても、すぐにフォローを外されてしまう
・自社の潜在的なファンにInstagramアカウントの存在が認知されていない など


(参考:プレスリリース)
スパイスボックスとAIQの業務提携について(URL: (リンク ») )

【「AI-PROFILE」の営業問い合わせ先】
スパイスボックス 担当:小原悠太(おはらゆうた)
Tel:03-3583-5361
Mail:yuta-ohara@spicebox.co.jp

(※)「AI-PROFILE」はTwitterにも対応可能です。Instagramとは仕組みが異なるため、詳細はお問い合わせください。


■AIQ株式会社について
本社  : 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX4F LIFORK AKIHABARA
札幌ラボ: 札幌市中央区南1条西4丁目 日之出ビル9F
代表者名: 代表取締役 高松 睦
資本金 : 48,800,400円(資本準備金含む)
事業内容: 人工知能に係わる技術開発及びソフトウェアの企画、開発、販売
(URL: (リンク ») )

■株式会社スパイスボックスについて
企業やブランドへの好意、共感醸成を支援する、デジタル・コミュニケーション・カンパニー
2003年、日本初のデジタルエージェンシーとして創業。さまざまな企業のブランディング支援を幅広く手掛ける。ソーシャルメディア上で好意や共感を持って生活者に“語られる”広告コミュニケーション、「エンゲージメント・コミュニケーション」施策の設計、提供が強み。

【会社概要】
社名 : 株式会社スパイスボックス
設立 : 2003年12月15日
資本金 : 2億7143万円
出資者 : 株式会社博報堂、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 ほか
所在地 : 東京都港区赤坂2-14-27  国際新赤坂ビル 東館15F
代表者 : 田村 栄治
事業内容 : デジタル領域のマーケティング・広告コミュニケーション事業
URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]