「ビデオ会議接続サービス」シェア5年連続1位のNTTビズリンク、『SMART C&C』に、新たにオプションサービス『ポートプラス』を追加

エヌ・ティ・ティ・ビズリンク株式会社 2018年12月19日

From PR TIMES

エヌ・ティ・ティ・ビズリンク株式会社(代表取締役社長:大井 貴、本社:東京都文京区、以下 NTTビズリンク)は、2018年7月に提供を開始したクラウド型映像コミュニケーションサービス『SMART Communication & Collaboration Cloud(SMART C&C)』に、新たに最大同時接続数を1日単位で増設できるオプションサービス『ポートプラス』を追加しました。



1. 概要

「ビデオ会議接続サービス」シェアで5年連続1位(※1)を獲得するNTTビズリンクが提供するSMART C&Cは、テレビ会議システム、PCやタブレット・スマートフォン、Skype for Business、さらにWebブラウザーから参加できる、クラウド型映像コミュニケーションサービスです。

今回リリースするオプション『ポートプラス』を使うことで、最大の同時接続数(テレビ会議システムやPC、タブレット等から同時に利用できる最大の接続数)を1日単位で増やすことが可能となります。オンプレミス(※2)構築では困難な臨時の設備増強が簡単に実現できますので、年に数回の幹部講話や全社員向け研修、テレワーク推進期間など、一時的タイミングの接続ニーズに最適です。

■詳細は別紙およびサービス紹介Webサイトをご覧ください。
(リンク »)
[画像1: (リンク ») ]


2. 背景と導入効果

リモートワークの推進や、サプライチェーンの変化による社外とのコミュニケーションの増加、海外や取引先との一時的なコミュニケーション、企業合併に向けた準備作業など、変化するビジネス環境においては、映像コミュニケーションツールへのニーズも日々変化していきます。

しかし設備管理を行う担当者からすれば、年に数回や一時的な需要増のために新規に設備投資を行う判断は難しいものです。ましてオンプレミス型で構築している場合、設備増設をするためには要件定義から見積、調達、構築まで、場合によっては数ヶ月のリードタイムを必要としますので、今ある設備内でやり繰りするしかないのが現実です。

『ポートプラス』はそんなお客さまの課題にお応えするクラウド型サービスならではのオプションです。ご契約時にお決めいただく最大の同時接続数を、Web上での簡単なお申し込みのみで、1日単位で増やすことが可能です。最低限の同時接続数を通常はご契約いただき、必要に応じて増設できます。

オンプレミス型の利用では得られない柔軟な拡張性を持つ、クラウド型映像コミュニケーションサービス『SMART C&C』とオプションサービス『ポートプラス』をぜひご活用ください。

3. 進化する映像コミュニケーション基盤

SMART C&Cは、テレビ会議やWeb会議の枠を超えて、日本企業の日々の活動を支える総合的なコミュニケーション基盤を目指します。NTTビズリンクは、20年間お応えし続けてきたお客さまの声と、未来の働き方・ビジネス環境から考える「お客さまが本当に必要な機能」をSMART C&Cに続々盛り込んでまいります。


注釈
※1:株式会社シード・プランニング調べ
※2:オンプレミス:市販されている必要な機器を購入し、自社設備として保有して利用する形態。
※記載の会社名・商標名等は各社の商標又は登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
NTTビズリンク株式会社
ビジネスソリューション本部
セールスエンジニアリング部
黒須、森
電話: 0120-55-2294
メール:biz-customer@nttbiz.com
お問い合わせ時間:9:00-17:00(土・日・祝祭日を除く)

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]