「TOKYO 2020」に使われたフォントもランクイン!? ー 1305名の現役デザイナーが選ぶ、本当に好きなフォントランキングTOP10 ー

株式会社リブセンス 2018年12月27日

From PR TIMES

株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一)が運営するデザイナー、クリエイター限定の競争入札型の転職サイト「デザイナードラフト」は、登録ユーザーにおける登録項目の集計結果として、「1305名のデザイナーが選ぶ、本当に好きなフォントランキングTOP10」を発表します。※1



[画像1: (リンク ») ]


■ デザイナードラフトとは
「デザイナードラフト」は、プロスポーツの選手獲得時に行われる“ドラフト会議”のように、デザイナー、クリエイターの採用をWebサイト上で公開入札(ドラフト指名)するサービスです。入札結果をデザイナー、クリエイター同士・企業同士それぞれ匿名で閲覧できるようにすることで、"リアルな"市場価値が把握できるようになります。サービスの概要につきましては、Webサイト( (リンク ») )をご参照ください。

■ フォントとは
フォントは、「同じサイズで、書体デザインの同じ活字の一揃い」を指す言葉ですが、現在ではコンピュータ画面に表示したり、紙面に印刷したりするために利用できるようにした書体データを意味しています。
更に現在は、ユニバーサルデザインフォント(UDフォント)と、誰にでも読みやすいようなデザインのフォントも登場しています。※2
また、Webなどのシステム開発の場面においては、ユーザー環境に依存することなくフォントの表示をすることができるWebフォントの利活用も進むなど、制作現場での利用シーンの幅が広がってきています。

■ 現役デザイナーが選ぶ、好きなフォントランキング ※3

[画像2: (リンク ») ]

※ このランキングは、デザイナードラフトの登録導線上に存在する「好きなフォント」という項目に入力されたフォントを集計したランキングです。

■ 3位 Helvetica
デザイナーには馴染み深く、使用される頻度も高いフォントです。
PanasonicのロゴもHelvetica ですし、Microsoftも以前のロゴに採用されていました。

■ 2位 DIN
DINは、2020年東京オリンピック・パラリンピックの “TOKYO 2020” というのロゴに使われています。
この1,2年の間はさらに頻繁に見かけることになりそうです。

■ 1位 Futura
Futuraのリリースは1927年。リリースから90年以上経った今でも、様々なフォントのベースとしても採用されているフォントです。
様々な所で利用されており、ブランドロゴですと、ルイ・ヴィトンやCalvin Klein、Red Bullなどの有名企業が採用しています。


4位以下でも、6位のGothamに関してですと、NetflixがGothamから独自フォントに移り変えてフォント利用料を削減したニュースが世間を騒がせたりと、業界内では何かと話題になっており、これからもフォント業界から目が話せない状況が続きそうです。


※1 本記事の調査の結果や画像を引用する際は【競争入札型転職サービス「デザイナードラフト( (リンク ») )」調べ】とご記載ください。
※2 Wikipedia( (リンク ») )より引用
※3 10位以下のより詳しいランキング(全30位まで)はこちらの記事をご覧ください( (リンク ») )。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リブセンスの関連情報

株式会社リブセンス

株式会社リブセンスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]