1月11日は“アスパラガスビスケットの日” 皆様の投票で「アスパラガスビスケット」の収穫量No.1地域が決定!「47都道府県対抗 アスパラガスビスケット大収穫祭」キャンペーンサイトにて投票スタート!

株式会社ギンビス 2019年01月04日

From PR TIMES

計500名様に限定ノベルティや菓子セットなどの賞品をプレゼント!



菓子の製造・販売を行う株式会社ギンビス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宮本周治)は、毎年1月11日の「アスパラガスビスケットの日(R)」に合わせ、 2019年1月4日(金)よりWEBキャンペーンサイトにて「47都道府県対抗 アスパラガスビスケット大収穫祭」 のキャンペーン受付を開始いたしました。
[画像1: (リンク ») ]

「47都道府県対抗 アスパラガスビスケット大収穫祭」
キャンペーンサイト: (リンク »)


皆様の投稿で2019年度アスパラガスビスケットの収穫量No.1地域を決定!


[画像2: (リンク ») ]

1968年に誕生したビスケット菓子「アスパラガスビスケット」は、昨年で発売から50周年を迎えました。当社の創業当時からのお菓子作りの思いを込めた「アスパラガスビスケット」の味や歴史を、一人でも多くの方に知っていただき、好きになってもらいたいという思いから、この度お菓子の形状を想起させる1月11日を「アスパラガスビスケットの日(R)」と制定し、スペシャルキャンペーンを実施いたします。

野菜のグリーンアスパラガスの産地ランキング1位は北海道と言われています。ではアスパラガスビスケットはどの地域で最も食べられているのでしょうか。
当キャンペーンでは、アスパラガスビスケットの購入をアスパラガスの”収穫”と見立てて、皆様からの投稿の多かった地域をアスパラガスビスケットの収穫地ランキング1位とし、「2019年度 アスパラガス“ビスケット”収穫量No.1地域」としてギンビスが認定いたします。
投票していただいた方の中から抽選で500名様に、限定ノベルティやギンビス菓子セットなどの賞品をプレゼントいたします。


[表1: (リンク ») ]


[画像3: (リンク ») ]



[画像4: (リンク ») ]


[表2: (リンク ») ]


[画像5: (リンク ») ]




[表3: (リンク ») ]




1.「アスパラガス」というネーミング

アスパラガスビスケットといえば、野菜のアスパラガスが含まれていると思っている方も少なくないようですが、製品には一切アスパラガスは含まれていません。
1968年当時は高級品であったグリーンアスパラガスに似ていたことから、「アスパラガスビスケット」と命名されました。


2.8つの節がカリッとした食感を実現

アスパラガスビスケットの大きな特徴でもある節。この独特の8つの節が、食べやすさとカリッとした食感を実現しています。

[画像6: (リンク ») ]




3.「ごま」と「塩」で大人にも人気に

1968年の発売当時のビスケットといえば、「小麦粉」、「油脂」、「砂糖」を主原料とした甘いビスケットが主流でした。そこに当時ではビスケットの材料としては珍しかった「塩」と「ごま」を配合。塩味を足すことで、販売ターゲットを子どもだけでなく大人にも広げ、ごまを加えることで、日本人の口に合う素朴な味わいにしています。


4.からだに優しい食物繊維&カルシウム配合

お子さまの健康と成長を考え、食物繊維やカルシウムを含む健康食材「黒ごま」を使用しています。

[画像7: (リンク ») ]



5.発売当時から変わらない味とパッケージ

どこか懐かしい巾着袋のパッケージデザインは、50年経った今も大きく変えていません。

[画像8: (リンク ») ]




6.モンドセレクション金賞受賞

1975年、当時はまだ無名だったモンドセレクションに国内食品メーカーでは先駆けて出品し、金賞を受賞しました。

[画像9: (リンク ») ]

焼き上がったばかりのアスパラガスビスケット


[画像10: (リンク ») ]

「銀座ビスケット」の略称、ギンビスは2019年で創立89周年を迎えます
1930年、東京都墨田区に創業者の宮本芳郎夫婦が営む菓子店としてギンビスの前身「宮本製菓」が創業。その後評判を呼び、1945年に銀座一丁目に「株式会社銀座ベーカリー」という営業所とレストランを開業。開業当初の「銀座で一番美味しいビスケットを作ろう!」という決意と、「銀座への思い」、そして「ビスケット」へのこだわりから、1974年に”銀座ビスケット”を略した「株式会社ギンビス」へと社名を変更いたしました。
創業者のモットーは「真似されても良いから、真似するな」。こうした経営哲学が、当時は常識外れだったスティック型のビスケット「アスパラガスビスケット」を生み出す原動力となりました。
その思いとこだわりは、今もギンビス商品全てに受け継がれています。

[画像11: (リンク ») ]

スリーアイ(3I)で「お菓子に夢を!」
当社では菓子製造は「平和産業」であると考え、お客様に夢を与えられるお菓子作りに取り組んでおります。
創業当初からの理念である、「International(国際性)」「Independent(独創性)」「Instructive(教育性)」というスリーアイ(3I)を掲げ、楽しみながら発見や学びを得られる、オリジナリティのあるお菓子作りを目指しています。
また「焼き」の技術にもこだわり続けており、昔ながらの職人が長い歴史の中で培ってきた匠の技を独自の設備で実現し、絶妙の加減で焼き上げる技術を磨いてきました。アレルギー対策にも20年前から取り組んでおり、工場内では卵の使用を一切禁止しています。


[画像12: (リンク ») ]

子どもに大人気の「たべっ子どうぶつ」も、2018年で発売40周年を迎えました。


46種類の動物を形とアルファベットで表現したお菓子は、 当社の理念である「International(国際性)」「Independent(独創性)」「Instructive(教育性)」をふんだんに詰め込んだビスケットです。

[画像13: (リンク ») ]

アスパラガスビスケット
発売から51年

[画像14: (リンク ») ]

たべっ子どうぶつ
発売から41年

[画像15: (リンク ») ]

しみチョココーン
発売から16年

アスパラガスの全ラインナップはこちらから
(リンク »)

【会社概要】
商号    株式会社ギンビス
英名    GINBIS CO., LTD.
所在地   本社 東京都中央区日本橋浜町3丁目23番3号
設立年月日 昭和5年(1930年)5月5日
代表者   代表取締役社長 宮本周治
URL     (リンク »)
公式Twitter  (リンク »)

※「アスパラガスビスケットの日(R)」は株式会社ギンビスの登録商標です

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]