”日本に、もっと日曜日を。”メインコピーはあだち充直筆!2019年の正月広告は「少年サンデー」が飾る!

株式会社小学館 2019年01月01日

From PR TIMES

1分ごとに「サンデー」の名作まんががランダムに登場するWEBサービス「サンデークロック」も期間限定オープン!



[画像1: (リンク ») ]

1月1日元日の読売新聞の朝刊に、2019年に創刊60周年を迎える「週刊少年サンデー」を中心としたサンデーレーベルの広告が掲載されております。

「少年サンデー」という誌名に込められた“読んだ人が、日曜日のような楽しい気持ちになれるように”という思いからつけた“日本に、もっと日曜日を。”というコピーを、『タッチ』『H2』『MIX』と数多くの名作を生み出し続けている漫画家・あだち充が直筆。ビジュアルにも『タッチ』の達也がのんびり漫画を読んでいるシーンを採用しています。
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


また、正月広告に合わせて、WEBサービス「サンデークロック」もスタート。
(リンク »)
これは、1分ごとに「週刊少年サンデー」をはじめサンデーレーベルの人気作の1コマがランダムに表示される時計サイトで、表示されるコマは人によって違う仕組みとなっております。
ただ、例えば0時には『名探偵コナン』の“あの人気キャラクター”が登場したりと、作品の登場キャラクターに関連する時間には、特定のコマが表示される仕様になっており、その時間を探す、という楽しみ方もできます!

また、表示されたコマの作品を、WEB漫画サイト「サンデーうぇぶり」で無料で試し読みもできます。お正月からサンデー気分を満喫してください!

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]