編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

メディウェイズがレキオ・パワー・テクノロジーと業務提携し、柔道整復師、鍼灸師向けに教育用の超音波画像観察装置(エコー)を低価格で販売

株式会社メディウェイズ

From: PR TIMES

2019-01-05 10:40

施術者の技術向上に寄与

治療院のサポート事業を手掛ける株式会社メディウェイズ(本社:埼玉県志木市、代表取締役:小林 靖、以下「弊社」)は、レキオ・パワー・テクノロジー株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役:河村 哲、以下「レキオ・パワー・テクノロジー」)と教育用の超音波画像観察装置(以下、「エコー」)の販売代理店契約を締結しましたのでお知らせいたします。



柔道整復師、鍼灸師(はり師、きゅう師)、あん摩マッサージ指圧師(以下、「施術者」)による施術を安全に行う為、施術所ではエコーの導入が行われていますが、その普及率は低いのが現状です。導入に対し保険点数が加算される事のない施術所とって医療機関等の保険診療現場で使用されているエコーは非常に高価なものです。

レキオ・パワー・テクノロジーが開発したエコーは、特許権が期限を迎えた技術を用いる事で低価格で生産が可能な機器です。
弊社では本契約により、施術所に対し低価格なエコーを販売する事でエコー導入率を高め、施術者の技術向上に寄与し施術の安全性を高めたいと考えています。

<レキオ・パワー・テクノロジーが目指すもの>
レキオ・パワー・テクノロジーが考えるジェネリック医療機器とは、特許権が期限を迎え低価格で生産が可能になったことで、発展途上国や教育現場に普及していけるようになった機器です。
大手メーカー製品が十分に行き渡っている保険診療領域ではなく、高価であるゆえに医療機器が必要であっても購入できず不足しがちな領域への普及を使命とし、国内外を問わず多くの地域で販売されています。

<製品概要>
fST9500
2.8~4.0MHz コンベックス型(消化器 / 子宮 / 泌尿器等)
[画像1: (リンク ») ]



fST9600
6.7~8.0MHz リニア型(運動器 / 抹消血管 / 乳腺・甲状腺等)
[画像2: (リンク ») ]


サンプル動画  (リンク »)

<製品の特徴>
これらの機種はPCにUSB接続することで駆動電力を確保し、PCバッテリーで使用する事ができるため、スポーツの現場実習など屋外での使用も可能です。また重量は265gと非常に軽量で携帯性に優れています。

レキオ・パワー・テクノロジー独自の機能であるSyncView(シンクビュー)は撮影部位、角度をより感覚的に確認することが出来ます。本機能を用いて撮像すると、走査する手元の画像と超音波画像がセットで記録されます。そのため、従来から使用されているボディーマーク機能に比べ、当てている部位やプローブの角度がより簡単に確認できます。当て方の参照が容易である事から、E教材としての活用や、復習、意見交換、アドバイスを受ける際に役立ちます。
[画像3: (リンク ») ]

※本製品は、医療機器ではありません。臨床には使用できません。

<本契約に至った背景>
柔道整復師の施術所(整骨院、接骨院等)の数は48,024件、はり師きゅう師あん摩マッサージ指圧師の施術所(鍼灸院、治療院等)の数は85,697件と、年々増加しています。(※1)

これらの施術所の利用者も増えるなか、施術者は安全な施術を提供するため、エコーを使用する事で施術の可否を的確に判断できる能力が求められています。

平成27年12月より厚生労働省で開催された柔道整復師学校養成施設カリキュラム等改善検討会でも、柔道整復師の業務を安全に行う為にエコーの使用についての議論が行われました。(※2)

そして平成29年4月1日付けで施行された柔道整復師学校養成施設指定規則の一部を改正する省令(平成29年文部科学省・厚生労働省令第2号)では、新たに「柔道整復術適応の臨床的判定(医用画像の理解を含む)(専門分野)」が加わりました。

今後、施術所および学校教育においてエコーの使用ニーズは益々高まるものと考えられます。

※1 出典:厚生労働省「平成 28 年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」
※2 出典:厚生労働省「2016年7月7日 柔道整復師学校養成施設カリキュラム等改善検討会(第4回)議事録」

<今後の計画>
弊社は2019年12月迄の1年間で合計100台の販売を目標に、施術者を対象としたセミナーの開催やデモ機の貸出し等の営業活動を行って参ります。

■レキオ・パワー・テクノロジー株式会社について
ジェネリック医療機器事業にて、医療機器へのアクセスの限られている開発途上国における、保健 レベル向上へ寄与する製品開発、販売を行っています。 必要とされるところに、日本で磨かれてきた枯れた技術を集結させ、余計なコストを製品価格に載せることな く、安価に提供することが本事業の特徴です。2018年6月には経済産業省が主催するスタートアップ企業支援プログラム“J-Startup企業”に選定されました。 開発途上国の医療課題の解決に貢献する一方で、日本国内の医療教育の質の向上にも取り組んでいます。
【代表者】代表取締役 河村 哲
【所在地】沖縄県那覇市西 1-20-13
【webサイト】 (リンク »)

■株式会社メディウェイズについて
全国20万人の施術者(柔整師・鍼灸師等)の技術、知力、人間力をエンパワーメントし、西洋医療だけで解決しない不定愁訴に悩む患者を救うという事をビジョンに掲げ、CURETAS等の新しいサービスを生み出しています。代表者は経済産業省が主催する起業家支援プログラム「始動」第4期に選定されました。
【代表者】代表取締役 小林 靖
【所在地】埼玉県志木市館2-3-7-406
【Webサイト】 (リンク »)

・本件に関するお問合せ先
株式会社メディウェイズ
TEL050-3700-5884
担当:小林

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]