ポスト・スマートスクリーン時代の先端をリードする挑戦 

mui Lab株式会社 2019年01月07日

From PR TIMES

~京都発のスタートアップ、mui Labが新型デジタルディスプレー技術を米国ベガスのCES2019にて展示・デモ

欧米の大手テク誌の注目を浴び、キックスターターで成功



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

mui Lab, Inc. ( (リンク ») )(本社・京都市、代表取締役・大木和典、以下 mui Lab)は、2019年1月8日(火)から11日(金)にかけて、米国ラスベガスで開催される世界最大のイノベーション・ショーケースであるCESにて、スマートデバイスの「mui」を展示いたします。これから到来するポスト・スマートスクリーンの時代の先端をリードする取り組みです。muiは、12月8日まで行なっていた米国発のクラウドファンディング「Kickstarter」キャンペーンにて、114%の達成率で$114.696の資金を集めることに成功したばかりです。

「mui」は、一枚の木目の美しい木の板の表面を手で触れるとデジタル・ディスプレイが浮かび上がってくるデバイスで、これを用いて会話、メッセージの交換、ニュースや天気予報の受信、音楽再生、スマート家電の操作といったさまざまなデジタルコミュニケーションを行うことができます。家具などの生活空間に存在している物や素材をインタラクティブにすることで、スマートスクリーンを介さずに、インターネットへの接続やIoT機器の操作を可能にする画期的な新技術を利用して開発された製品です。スクリーンがあらゆるデバイスに搭載され生活空間を埋めつくしつつある今、mui Lab では、この「スマートスクリーンの次の時代」の皮切りとなる新技術を提供しようとしています。
mui Labは、市場に増え続ける従来型のブラックディスプレイに代わる、タッチ操作や音声操作が可能なインタラクティブディスプレイの特許を保有しており、車やキッチン用品などを含む多様な産業におけるビジネスパートナーとの協業を構想しています。

[動画: (リンク ») ]



mui Lab 代表取締役 大木のコメント
「テクノロジーは一般的に、冷たく非人間的な印象を与えると言われています。従来のデバイスは、操作という行為により我々人間の行動を規制します。例えば、スマートフォンを操作する時、ガラスのスクリーンを触るために体を丸めこませます。一方で、muiを操作することは、木製家具を触ることと似ています。木は自然の感覚を呼び起こし、デバイスは人間の自然な行動を促します。今後2020年までに4百億個にも及ぶIoTデバイスが生まれると言われいわれている中で、ます。そろそろ我々の行動を操るスクリーンやデバイスのない次のレベルの生活を実現する時に来ています。muiは温かい表情を持つ自然素材の木と最先端のテクノロジーを組み合わせたプロダクトです。しかし、これは無数にあるアイデアの一つでしかなく、我々の挑戦は始まったばかりです。」

CES概要
内容: CES 2019 出展
期間: 2019年1月8日(火)~11日(金)
展示場所: Sands Expo & Convention Center Hall G, Eureka Park, J-Startup #51075

muiの操作性とカスタマイズ機能


Raspberry Piなどシングルボードコンピュータを使ったカスタマイズ可能なSDKの提供
Google Assistant SDKを利用した新しいUXの提供
WifiやBluetoothによる他サービス、デバイス(センサーなど)との連携
IFTTTを使い簡単にカスタマイズ ( (リンク ») )

muiの特徴


天気情報とニュース(地域に特化)を自動受信
時間表示(地域に特化)
Honeywell LyricsやNest、Philips Hue Lighting bulbsなどスマート家具操作
テキストメッセージや音声メッセージの送受信
ソーシャルメディアへのアクセス。例えばフォローしているハッシュタグやフォロー中のツイートを表示
FacebookメッセンジャーやWhat's appを通じたメッセージの送受信
IFTTTを通じたFB messengerやLINEなどアプリの通知機能
ベル機能 (muiがベルを鳴らす)
Sonos APIを利用し、mui上でSonosを操作
Google Assistantとの統合
Google Calendarとの連動 (家族や友達と共有しているスケジュールも含む)
UberやDomino's Pizzaなどのオーダーとの連動機能(そのためスマートフォンを気にする必要がありません)


mui Lab, Inc.について
mui Labは、”calm design”、穏やかなテクノロジーとの関係をデザインする京都発のIoTスタートアップです。
mui Labは、「無為自然」という真言の下、テクノロジー、それを活用する人間、そしてそれらを取り巻く自然との間に、交響を生み出す革新的なエンジニアリングソリューションを目指しています。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]