【宝島社企業広告】「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」1/7掲載

株式会社 宝島社 2019年01月07日

From PR TIMES

企業広告のテーマは「嘘」



 ファッション雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(代表取締役社長:蓮見清一 本社:東京都
千代田区)は、2019年1月7日(月)、企業広告「敵は、嘘。」を読売新聞朝刊と日刊ゲンダイに、「嘘つきは、戦争の始まり。」を朝日新聞朝刊に、合計新聞3紙(全国版)に同時掲載します。
[画像1: (リンク ») ]
宝島社企業広告「敵は、嘘。」 読売新聞 全国版 朝刊・日刊ゲンダイ 全国版 1月7日掲載

[画像2: (リンク ») ]

宝島社企業広告「嘘つきは、戦争の始まり。」 朝日新聞 全国版 朝刊 1月7日掲載


 弊社では、商品では伝えきれない“企業として社会に伝えたいメッセージ”を、企業広告を通じてお伝えしたいという思いで、1998年より企業広告を開始いたしました。これまでに数々の広告賞(読売広告大賞、朝日広告賞、朝日新聞読者賞、日本新聞協会 新聞広告賞、ADC賞、TCC賞、グッドデザイン賞ほか)をいただいており、
Yahoo!ニュースのトップに掲載されるなど、様々なメディアで話題となっています。

 今回の企業広告のテーマは「嘘」です。「敵は、嘘。」「嘘つきは、戦争の始まり。」をメインコピーに、2つのビジュアルを使用しました。連日メディアを賑わしている隠蔽、陰謀、収賄、改ざんの事件など、気がつくと、
世界中に嘘が蔓延しています。それを伝えるニュースでさえ、フェイクニュースが飛び交い、何が真実なのか見えにくい時代になってしまいました。人々は、次から次に出てくる嘘に慣れてしまい、怒ることを忘れているようにも見えます。嘘が蔓延している今の世界に対して、嘘についてあらためて考え、そして、嘘に立ち向かって
ほしい、そんな思いをこめて制作しました。

 宝島社は今後も、企業として社会に伝えたいメッセージを、企業広告を通じて世の中にお伝えしてまいります。

※日本ABC協会 雑誌発行社レポート2018年上半期(1~6月)より


【広告意図】
今回の企業広告のテーマは「嘘」です。
気がつくと、世界中に嘘が蔓延しています。
連日メディアを賑わしている隠蔽、陰謀、収賄、改ざん…。
それらはすべて、つまりは嘘です。
それを伝えるニュースでさえ、フェイクニュースが飛び交い、
何が真実なのか見えにくい時代になってしまいました。
人々は、次から次に出てくる嘘に慣れてしまい、怒ることを忘れているように見えます。
いまを生きる人々に、嘘についてあらためて考えてほしい。
そして、嘘に立ち向かってほしい。
そんな思いをこめて制作しました。

【制作スタッフ】
・企画/(株)宝島社、(株)電通
・古川裕也/(株)電通 エグゼクティブ・プロフェッショナル/エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター
・磯島拓矢/(株)電通 エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター
・尾上永晃/(株)電通 プランナー・コピーライター
・上田浩和/(株)電通 コピーライター
・今井祐介/(株)電通 アートディレクター、プロダクトデザイナー


宝島社のこれまでの「広告」の一部を紹介します。
~「商品」では伝えきれないメッセージを「広告」で~
(リンク »)


【2018年10月】
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


企業広告
「あとは、じぶんで考えてよ。」
「サヨナラ、地球さん。」

【2018年1月】
[画像5: (リンク ») ]

企業広告
「世界は、日本を待っている。」
【受賞】
2018 第34回 読売広告大賞(カルチャー・エンターテインメント部門 優秀賞)

【2017年1月】
[画像6: (リンク ») ]

企業広告
「忘却は、罪である。」
【受賞】
2016 朝日広告賞(準出版部門賞)
2017 読売広告大賞(学ぶ部門 最優秀賞)
2017 日経広告賞(出版・コンテンツ・教育部門 最優秀賞)

【2016年1月】
[画像7: (リンク ») ]

企業広告
「死ぬときぐらい好きにさせてよ」
【受賞】
2016 読売広告大賞(グランプリ)
2015 朝日広告賞(グランプリ)
2015 朝日新聞読者賞
2016 日本新聞協会 新聞広告賞(広告主部門・本賞)
2016 ADC賞
2016 TCC賞
読売出版広告賞 審査員特別賞
JAA広告賞 新聞広告部門 メダリスト
2016年度 グッドデザイン・ベスト100
2017 JAGDA賞

【2012年】
[画像8: (リンク ») ]

企業広告
「ヒトは、本を読まねばサルである。」
【受賞】
2013 第66回 広告電通賞 優秀賞(新聞広告 企業部門)
2013 第53回 消費者のためになった広告コンクール(企業PR部門 銅賞)
2012 第61回 朝日広告賞(準朝日広告賞)

【2012年】

[画像9: (リンク ») ]

企業広告
「君よ、散財にためらうなかれ。君の十銭で淺草が建つ。」
【受賞】
2012 第61回日経広告賞(出版・コンテンツ・教育部門 部門賞)


【2011年】

[画像10: (リンク ») ]

企業広告
「いい国つくろう、何度でも。」
「Yahoo!ニュース」TOPにも掲載され、話題になりました
【受賞】
2011 読売広告大賞(金賞)
2011 毎日広告デザイン賞(優秀賞)
2011 フジサンケイグループ広告大賞(メディア部門 新聞 優秀賞)
2011 日経広告賞(出版・コンテンツ・教育部門 部門賞)

【2010年】

※アメリカ掲載
[画像11: (リンク ») ]



※日本掲載
[画像12: (リンク ») ]


企業広告
「日本の犬と、アメリカの犬は、会話できるのか。」
日米同時掲載 6冠受賞
【受賞】
2010 朝日広告賞(準朝日広告賞)
2010 読売広告賞(銀賞)
2010 フジサンケイグループ広告大賞(クリエイティブ部門新聞優秀賞)
2010 毎日広告デザイン賞(部門賞(出版))
2010 広告電通賞(新聞広告電通賞)
2011 新聞広告賞(広告主企画部門・本賞)


【2003年】
[画像13: (リンク ») ]

企業広告
「生年月日を捨てましょう。」
【受賞】
2003 朝日広告賞(出版・学校部門賞)
2004 読売出版広告賞 金賞
2003 毎日広告デザイン賞(出版部門賞)
2003 日刊スポーツ アドグランプリ(カラー広告部門 インパクト賞)
2003 広告批評年間ベストテン 新聞3位
2003 スポニチ広告大賞(カラー部門優秀賞)
2004 グッドデザイン賞(コミュニケーションデザイン部門)


【2002年】

[画像14: (リンク ») ]



企業広告
「ことし、子供をつくろう。」
【受賞】
2002 朝日広告賞
2002 日経広告賞(出版部門 優秀賞)


【2002年】

[画像15: (リンク ») ]

企業広告
「国会議事堂は、解体。」
【受賞】
2002 朝日広告賞(朝日広告賞)
2002 毎日広告デザイン賞
2002 日経広告賞(部門賞)
2002 TCC賞
2002 ADC賞
2002 読売広告大賞 金賞
2004 第48回 グッドデザイン賞

【1998年】

[画像16: (リンク ») ]



企業広告
「おじいちゃんにも、セックスを。」
【受賞】
1998 朝日広告賞(準朝日広告賞)
1998 毎日広告デザイン賞(優秀賞)
1998 読売出版広告賞(書籍部門賞)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]