編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

汎用データフォーマット変換ソフトウェア「EDI-Master TRAN for ANYs」の新バージョンを販売開始

キヤノンITソリューションズ株式会社

From: PR TIMES

2019-01-07 10:00

大手企業やクラウド稼働でニーズが高いLinux OSに対応

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:足立正親、以下キヤノンITS)は汎用データフォーマット変換ソフトウェア「EDI-Master TRAN for ANYs」の新バージョンを2019年1月7日より発売します。



キヤノンITSは、豊富な機能と高い操作性を兼ね備えた汎用データフォーマット変換ソフトウェア「EDI-Master TRAN for ANYs」を2001年から発売し、これまで多数の企業に導入しています。企業間で交換されるEDIデータを社内システムに連携させるためのフォーマット変換はもちろん、社内外の異なるシステムやアプリケーション間のデータ連携にも柔軟に対応できます。これにより、システム連携時の自社システムの改修を最小限に抑え、開発生産性を向上できるため高い評価を受けています。

2024年のINSネットデジタル通信モード提供終了にともない、電話回線を使った従来型のEDIを利用している企業は、インターネットEDIへの移行が必要となります。従来型EDIでは固定長フォーマットが中心だったのに対し、インターネットEDIでは、XMLやCSVなど固定長に変わるフォーマットの採用が増えています。例えば、流通業界のEDI標準である「流通BMS」や、決済業務の効率化を狙った全銀EDIシステム「ZEDI」は、何れもXMLを採用しています。そのため、従来型の社内システムデータと、インターネットEDIデータを相互変換するためのシステムが必要となっています。また大手を中心に基幹システムの稼働環境としてLinux OSを採用する企業が増えており、EDIシステムにもLinux OSへの対応が求められています。

新バージョンとなる「EDI-Master TRAN for ANYs Ver4.2」では、EDI-Masterシリーズの強みである、使いやすさと高い開発生産性を継承しつつ、いままで未対応であったLinux環境におけるフォーマット変換への対応を実現しました。
従来からの稼働環境であるWindowsに加え、大手企業でニーズが高いLinux環境(Red Hat Enterprise Linux)に対応することで、UNIXからLinuxへのマイグレーション対応や、堅牢なシステム構築、クラウド環境における稼働など、より幅広いニーズに応えることが可能となります。

キヤノンITSは、製造業、金融業、小売・流通業、サービス業などさまざまな業界、業務における「EDI-Masterシリーズ」の導入実績があり、パッケージ販売のみならずシステム構築から導入・運用支援にいたるまでEDIシステム全般をサポートしています。今後、「EDI-Masterシリーズ」を中核とするEDIソリューション事業で、2022年までに年間売上高25億円を目指します。

<価格>

[表: (リンク ») ]



<「EDI-Master TRAN for ANYs Ver.4.2」の特長>
●さまざまなファイルフォーマットに対応
JCAや全銀フォーマット、その他固定長やCSVなどさまざまなフォーマットのデータから、自社システムのフォーマットに変換できます。
●多くのデータベースにも対応
MS Access、SQL Server、Oracle、MySQL、PostgreSQLなどのデータベースに対応しています。
(MS Access、SQL Server、OracleはWindows版のみ対応)
受信した他社独自フォーマットの発注データのファイルを販売管理のデータベースに直接取り込んだり、データベースから請求データを請求先企業指定のフォーマットでファイルに出力するといったことが可能です。

●便利で分り易いマッピング画面
煩雑になりがちなマッピング作成(変換設定作成)も、画面上で簡単に設定可能です。「ウィザードによる入出力レイアウトのひな型作成」「Excelからの外部データ貼り付け」「一括マッピング」「ループマッピング」「アンドゥ・リドゥ」「設計書出力」などの便利機能があり、設定効率に優れています。
[画像1: (リンク ») ]


●柔軟なインターフェース
変換実行部は、OSの実行形式ファイルでの提供のため、変換モジュールを呼び出すだけで変換を実行できます。もちろん特別な作りこみなしでも、画面上からの操作ですぐに使用できます。

<Linux環境での運用イメージ>
「変換設定作成」と「設定確認のためのテスト実行」は、GUIの使い勝手の良いWindows環境で実施し、変換設定配置後、「変換実行」はLinux環境で行うことができます。
[画像2: (リンク ») ]



**********************************
●報道関係者のお問い合わせ先:
キヤノンITソリューションズ株式会社
企画本部 事業推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603(直通)

●一般の方のお問い合わせ先 :
キヤノンITソリューションズ株式会社
プロダクトソリューション営業本部 EDIソリューション営業部
03-6701-3457(直通)
**********************************

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]