ブロードリッジ、日本の営業部長にロス・マイケルを任命

株式会社ブロードリッジ・ジャパン 2019年01月07日

From PR TIMES

新たな役職への任命で日本およびアジア太平洋全域における需要拡大に対応

【東京、2019年1月7日】 S&P 500指数構成銘柄に名を連ねるグローバル・フィンテック・リーダーであるブロードリッジ(本社:米国・ニューヨーク、CEO:ティム・ゴーキー)は、本日、東京に拠点を置く日本の営業部長にロス・マイケルを採用し任命したことを発表しました。今回新設された本役職は、インターナショナル・セールス部門プレジデントであるボブ・サンタンジェロの監督下で日本市場における成長機会に注力します。近年、国内の顧客および日本で事業を展開するグローバル企業からのブロードリッジの資本市場および資産運用、ガバナンス関連のソリューションに対する需要が著しく、日本における事業拡大は、同社の重要な優先課題となっています。

ボブ・サンタンジェロは次のように述べています。「ロスは、日本の顧客に高い付加価値を提供してきた実績があります。高度なITスキルや実務経験とセールスマネジメントに関する豊富な実績、そして日本に対する深い理解を併せ持つロスは、顧客が持つ様々な課題に対応し未来への資産とするための後押しをしてくれることを確信しています。」

ロスは、ブロードリッジ入社以前はDTCCジャパン株式会社代表取締役兼セールス&リレーションシップ・マネジメント部門エグゼクティブディレクターを務め、フィンテック企業の成長を後押しする日本市場において19年の経験を有します。

ロスは次のように述べています。「グローバル・ポスト・トレード・マネジメント、資産運用、ガバナンスにおける世界レベルのサービスを持つブロードリッジに迎え入れていただいたことを大変嬉しく思います。同社の事業規模と日本市場における確固たる実績および専門性を活かして、顧客の効率性の向上を支援し、ビジネスを変革していくサポートができることを楽しみにしております。」

日本の営業部長職の新設およびロスの同役職就任は、日本およびアジア太平洋全域でのグローバル銀行および多くの国内金融機関から受けたブロードリッジの事業への大きな需要の伸びに対する同社の国際事業への大規模投資の一環です。

ブロードリッジについて
ブロードリッジ(NYSE:BR)は、S&P 500指数構成銘柄に名を連ねるグローバル・フィンテック・リーダーです。ブロードリッジは世界中の銀行をはじめ、ブローカー・ディーラー、資産運用会社、企業発行体に対し、投資家コミュニケーションやテクノロジーに基づくソリューションを牽引、提供しています。ブロードリッジが提供する投資家コミュニケーション、証券処理および管理サービスソリューションにより、お客様はオペレーションインフラへの資本投資を削減し、本来の事業活動により注力できるようになります。ブロードリッジのインフラストラクチャーは、50年以上にわたる実績とともに、世界中の50%以上の上場企業および投資信託に対する議決権行使を支えており、一日に平均5兆ドル以上の債券および株式取引を処理しています。ブロードリッジは、世界18カ国に10,000人以上の正社員を擁しています。ブロードリッジに関する詳細は、ウェブサイト(www.broadridge.com/jp)よりご確認いただけます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]