編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

HTC VIVE、「VIVE Pro Eye」、「VIVEPORT Infinity」、「VIVE COSMOS」をCES2019で発表

HTC Nippon株式会社

From: PR TIMES

2019-01-08 07:06

ルームスケールVRのリーダーであるHTC VIVE(TM)は本日、米国ラスベガスにて開催中のCES2019にて、VR体験を刷新する新しいハードウェアとサービスを発表しました。アイトラッキングが標準搭載された新しいヘッドセット「VIVE Pro Eye」では、VIVE ProによるハイエンドVR体験がさらに向上します。さらに、HTCがグローバルで運営するVRアプリストア「VIVEPORT」は無制限のサブスクリプションプラン「Viveport Infinity」をアナウンスし、すべての良質なコンテンツへのアクセスをいつでも可能とします。さらにHTCはアクセスのしやすさ、使いやすさを追求した新ヘッドセット「VIVE COSMOS」向けの開発者キットを公表しました。 「VIVE COSMOS」と同時に発表された「Vive Reality System」では、空間コンピューティングの時代にVRがどのように視えるべきかを再考します。



VIVE Pro Eye

[画像1: (リンク ») ]



プロフェッショナルのVRユーザーの要望に応えるべく開発された「VIVE Pro」は、アイトラッキング標準搭載の新しい「VIVE Pro Eye」となり、注視するだけで選べるメニューや、コントローラーを不要とする新しい操作性をユーザーに提供します。アイトラッキングはビジネスユーザーやコンテンツ開発者に対して、研修環境でのより多くのデータ収集や、PCやVR環境のパフォーマンス最適化、プロダクトデザインやリサーチグループでのより精緻なフィードバックなどを提供します。

CES2019の会場ではメジャリーグベースボール(MLB)による「Vive Pro Eye」のアイトラッキングデモが展示されます。アイトラッキングは「MLB ホームランダービー VR」というゲーム体験に組み込まれ、既存のコントローラー無しでメニューの選択が可能になります。

また、日本市場ではバーチャルキャスト社( (リンク ») )によるVisrtualCast Enterprise版が既に「VIVE Pro Eye」に対応しており、VIVE Pro Eyeを装着したユーザーの視線やまばたきがVRM対応アバターの視線やまばたきと自動リンクすることにより、より自然なアバター表現が可能となっています。なお、本機能は今後、一般配布を行っているVirtualCast Consumer版にも適用を予定しています。

【参考静止画】
[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



【参考動画】
バーチャルキャスト社「VIVE Pro Eye アイトラッキングデモ」 (リンク »)
VIVE JAPAN「【VIVE Pro Eye】VirtualCastでの動作」 (リンク »)

この新しい「VIVE Pro Eye」は2019年第2四半期(4~6月)の発売を予定しています。


Viveport Infinity

[画像4: (リンク ») ]



本日、Viveportのサブスクリプションサービスへの過去最大のアップデートもアナウンスされました。VR向けとしては世界初の無制限サブスクリプションサービスとなる「Viveport infinity」では数百のコンテンツに無制限でアクセスすることができます。

2019年4月5日のVIVE Dayより、Viveport Infinityのライブラリより500以上のタイトルを無制限でダウンロードし、遊ぶことができます。この無制限サブスクリプションモデルではユーザーが数十万円分のコンテンツを購入することなく、ヒットタイトルからインディータイトルまで、様々な新しい体験を発見する機会を提供します。Viveport Infinityは新旧のVIVEデバイスだけではなく、Oculus RiftやVIVE Waveに参加している他社デバイスからもアクセスする事が可能です。

【参考動画(英語)】
(リンク »)


VIVE Cosmos

[画像5: (リンク ») ]



本日初公開となる「VIVE Cosmos」はVIVEの最新のVRヘッドセットとなります。快適な装着感、簡単なセットアップと使用方法により、いつでもVRにアクセスすることができます。外部のベースステーションが不要のため、VIVE Cosmosは家と外出先の両方で使用できる柔軟性があり、ゲーミングPC以外からも接続することができます。

VIVE Cosmosは完全に新しいVR体験となる「Vive Reality System」を使用する最初のVIVEヘッドセットとなる予定で、開発者キットは2019年の早い時期に提供される予定です。詳細や価格などは本年後半に公表予定です。

【参考動画】
(リンク »)


Vive Reality System
HTCのクリエイティブ・ラボはヘッドセットを装着した瞬間からコンテンツを操作するまでのユーザー体験を完全に変える「Vive Reality System」を公表し、VIVE Cosmosが最初の採用デバイスとなります。このプロジェクトの一環として、Mozillaと共同でVIVE専用のVRブラウザ「Firefox Reality」を発表しました。VIVE Cosmos向けには今年後半に配信開始となり、その他のVIVE製品でも体験が可能となる予定です。

【参考動画】
(リンク »)


Firefox RealityとAmazon Sumerianを利用したフィディリティ投信のポートフォリオ管理デモ
今回、AWS製品のAmazon Sumerianとのパートナーシップも発表されました。Amazon Sumerianはプログラミングの知識無しに高品質のVRコンテンツをWebベースで構築できるサービスで、今後はSumerianから直接Viveportにコンテンツを配信できる仕組みも実装される予定です。

CES2019では、Firefox RealityとAmazon Sumerianを利用したフィディリティ投信のVRウェブサイトのプロトタイプが展示されています。VR内では顧客が自身のポートフォリオを新しいデータビジュアライゼーションで確認し、家族や投資アドバイザーと一緒に内容を検討することも出来ます。


VIVEについて
VIVEは、ゲーム業界を始め、建築、医療、教育など、様々な業界で非常に高い評価をいただいている、今最も注目されているVRヘッドセット(HMD)です。VRを一般家庭からエンタープライズまで遍く普及させるべく、ハードウェア以外にも、ベンチャーインキュベーションプログラムの「VIVE X」、アプリストアの「Viveport」、コンテンツ開発&パブリッシング「VIVE Studio」などのサービスやチームを展開しています。VIVEに関する日本語の情報は、 (リンク ») をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]