ACCESSとIrdeto、車載データサービス向けセキュリティ分野において協業

ACCESS 2019年01月08日

From PR TIMES

―複数レイヤにわたるセキュリティにより、安全で信頼性の高いドライブ体験を実現―

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役:大石 清恭、以下ACCESS)とサイバーセキュリティ・ソリューションを提供するIrdeto(本社:オランダ)は、車載データサービス向けセキュリティ分野において協業することを発表いたします。



現在、自動車がインターネットにつながることで多様なサービスのハブとなりつつあります。これに伴い、車載データはインターネットというオープンな環境にさらされることになり、コンテンツ著作権侵害や情報窃盗といったセキュリティへの脅威が増しています。さらに車載インフォテインメントシステム(In-Vehicle Infotainment System、IVIシステム)は他の接続コンポーネントへのアクセスを許可する可能性もあり、自動車の制御システムをも攻撃の対象となりうることが懸念されています。

こうした脅威が高まりつつある中、ACCESSとIredtoは、両社知見を持ち寄り、車載向けサービスのセキュアな環境構築を実現していきます。対象となるのは、自動車に配信されるエンターテインメントコンテンツ、コネクテッド自動車エコシステム内のネットワーク通信およびエンドポイント(テレマティクスECUなど)、IVIシステム、路車間通信(V2I)ロードサイドユニットなどの保護となります。こうした複数レイヤにわたるセキュリティ戦略により、自動車メーカーは脆弱なリンクを特定して攻撃をブロックできるため、安全で信頼性の高いドライブ体験をエンドユーザーに提供することができます。
[画像1: (リンク ») ]

ACCESS Europe最高経営責任者(CEO)のDr. Neale Fosterは、「現在、自動車は車外とはインターネット、車内ではWi-Fiにより、つながる機器や共有するコンテンツを通じ、多くの車載サービスを構築することが可能です。特に注目されているのが、自動運転が可能にする新しい車内エンターテインメント体験の強化として、あたかも自宅にいるかのように、各個人に最適化されたサービスを提供することです。そのためには、超大作ハリウッド映画からインデペンデント系ドキュメンタリー映画、ゲームに至るまで、自宅と同じようにコンテンツを提供する必要があります。これらすべてのコンテンツには著作権があり、完ぺきに保護される必要があります。Irdetoとの協業により、ACCESSは、特にスポーツの生中継やプレミアムな動画といった高価値なコンテンツ分野において、こうしたセキュリティ課題に自信をもって応えることが可能になりました」と述べています。

Irdetoは、ハッカーの動機や手法を熟知しているだけでなく、コネクテッドカー業界における、サイバー攻撃への対応やサイバー攻撃が及ぼすビジネス上の脆弱性をよく理解しています。Irdetoは、同社の先進技術かつ複数レイヤによるアプローチにより、ECU(Electronic Control Unit)、IVIシステム等の周辺機器、初期化/アプリケーション/その他の関連データを含むソフトウェア、CANバス/イーサネット/将来のバスアーキテクチャ等の車載ネットワーク、Wi-Fi/Bluetooth/車車間・路車間通信(V2X)による接続性を保護します。さらにIrdetoは、コネクテッドカーを保護するために、未知(ゼロデイ)の脆弱性への攻撃に起因する自動車の異常な振る舞いを検知する、機械学習を基盤としたテクノロジーを発表しました。

これにより、サイバー攻撃をものともせず意図したとおりに作動する車載ソフトウェアを可能とし、安全で信頼性の高いドライブ体験を消費者に提供するとともに、自動車メーカーとコンポーネントメーカーのブランド評価と収益を保護します。

Irdetoのコネクテッドトランスポート部門ゼネラルマネージャーのNiels Haverkorn氏は、「消費者が車内でより多くのサービスにアクセスできるようになった現在、情報保護の必要性が非常に現実味を帯びてきました。当社はセキュアで包括的なエコシステムを構築するためにACCESSと協業します。これにより、V2X通信がセキュアになり、デバイス間のデータ転送の際の傍受や改ざんがなくなります。このような対策がなければ、攻撃者がセキュアな通信チャネルを使って、ドライバーや同乗者に損害を与える悪意ある情報をエコシステムに送り込む恐れがあります」と述べています。

ACCESSは、「ACCESS Twine(TM) for Car」の提供を通じて、あらゆるエンターテインメントへ使い勝手の優れたインターフェースを提供し、大手プロバイダ、番組制作会社、放送局、コンテンツ権利所有者、コンサルタント、弁護士、著作権管理事業者、デジタル著作権管理(DRM)技術提供会社、インフラ事業者などと協力し、次世代の魅力的な車載サービスの実現に役立てています。番組制作会社や放送局にとってコンテンツの保護は今後も優先度の高い課題であり、そうした企業の資産のエンドツーエンドな保護をサポートし、自動車メーカーのサービスの法令順守を可能にします。
[画像2: (リンク ») ]



■株式会社ACCESSについて
ACCESS(東証マザーズ:4813)は、1984年の設立以来、独立系ソフトウェア企業として、世界中の通信、家電、自動車、放送、出版、エネルギーインフラ業界向けに、モバイル並びにネットワークソフトウェア技術を核とした先進のITソリューションを提供しています。累計搭載実績15億台を超えるモバイルソフトウェアおよび300社以上の通信機器メーカーへの採用実績を誇るネットワークソフトウェアにおける開発力・ノウハウを活かし、現在、組込とクラウド技術を融合したIoTソリューションの開発・事業化に注力しています。アジア、米国、ヨーロッパ地域の子会社を拠点に国際展開も推進しています。
(リンク »)
[画像3: (リンク ») ]

■Irdetoについて
Irdetoは、メディア&エンターテインメント、ゲーム、コネクテッドトランスポート、IoTコネクテッド産業向けにプラットフォームとアプリケーションの保護を担う、デジタルプラットフォームセキュリティ分野における世界的なリーダーです。Irdetoのソリューション/サービスは、顧客が収益を保護しつつ、新製品を開発し、サイバースペースにおける犯罪に対応できるよう支援します。セキュリティ分野で50年にわたる経験を有するIrdetoのソフトウェアセキュリティ技術およびサイバースペースでのセキュリティサービスは、世界を代表する企業等の50億台以上のデバイスやアプリケーションを守っています。セキュリティのイノベーションで独自の伝統を有するIrdetoは、人々が安心してコネクティビティを利用できるセキュアな未来を構築する際の、実績ある信頼性の高いパートナーです。
(リンク »)


※ACCESS、ACCESSロゴ、ACCESS Twine、ACCESS Twineロゴは、日本国、米国、およびその他の国における株式会社ACCESSの登録商標または商標です。
※その他、文中に記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]