日本大手鉄鋼メーカーJFEスチールがMBV Systems社マシンビジョンテクノロジーを導入し高炉の生産効率向上を実現

スウェーデン大使館 商務部 2019年01月08日

From PR TIMES

世界最先端の鉄鋼メーカーであるJFEスチール株式会社は、西日本製鉄所で高炉に装入する原料コークス粒度分布を最適化するために操業方法を改善してきました。広範な現場での試験の結果、JFEスチール株式会社は、高炉操業・制御方法の改善に向けて複数のスウェーデンのMBV Systems社製3DPM(R)オンライン粒度分布測定システムを導入しました。



[画像1: (リンク ») ]

高炉操業および鉄鋼製品の製造には高炉に装入するコークス粒径が重要です。高炉内を均等な熱分布にし設計通りの製品性能を実現するために、コークス粒子間をスムーズにガスが流れるような粒度分布を設計する必要があります。3DPM(R)を使用することにより、コークス粒度分布をオンラインで推定できるようになるため、粒度分布の制御が可能となり結果として高炉操業を改善できます。

オーストラリアのビジョンスペシャリストであるIMV(Innovation Machine Vision)のマシュー・サーリー博士及びルレオ工科大学(LTU)の協力によりMBV Systems社( (リンク ») )によって開発された3DPM(R)は、世界最先端技術を利用したオンライン粒度分布測定のためのビジョンシステムです。 3DPM(R)は、頑丈に保護されたレーザー三角測量に基づいた高速3Dプロファイル測定を使用して、過酷な産業環境でのシームレスで低メンテナンス性を保証します。3DPM(R)のコア技術は測定した粒子の内部データ表現、粒子ごとの分離処理、粒径への変換を含む先進的なアルゴリズムであり、自動制御に適した信頼性の高い安定した測定が可能です。

今回スウェーデン大使館商務部のビジネスサポートの元、スウェーデンのMBV Systems 社はJFEスチールとの3DPM(R)契約合意に至った。導入後JFEスチールの担当主任研究員は、MBV Systems社の3DPM(R)導入成果に非常に満足しており、3DPM(R)はJFEスチールが求めていたものであった。「3DPMは高炉の運転に非常に便利なツールでユーザーフレンドリーである」と述べています。 3DPM(R)システムの導入によって製造効率・性能改善が図られたが、高炉操業の更なる解明のために引き続きコラボレーションを続けていく予定です。両社は3DPM(R)を用いた新たな測定要素の開発にも取り組んでいく計画です。
[画像2: (リンク ») ]


[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]