最新エピソード第140話 日本初放送&物語の伏線をたどる特別企画第5弾 『アドベンチャー・タイム 集中講座Step5』カートゥーン ネットワーク 1/12[土]・13[日] 放送!

ターナージャパン株式会社 2019年01月08日

From PR TIMES

~ 東京・渋谷マルイで「アドベンチャー・タイム ショッププチ」開催中~

アニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」を運営するターナージャパン株式会社(本社:東京都千代田区、最高責任者/ジェネラルマネージャー:トム・ペリー)は、人気アニメ作品「アドベンチャー・タイム」の特別企画『アドベンチャー・タイム 集中講座Step5』を2019年1月12日[土]と13日[日]の2日間、午後6時から放送。特別企画内では、最新エピソード第140話「火星の迷宮/ガムボルディア」(原題:Temple of Mars/Gumbaldia)を日本初放送します。
番組URL: (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]



「アドベンチャー・タイム」は少年フィンと親友ジェイクが、不思議な大陸・ウーで冒険を繰り広げるカートゥーン ネットワークオリジナルのアニメ。2010年にアメリカでスタートしてから世界各国で大人気となり、日本では2012年5月から放送開始。個性的なキャラクター達との思いもよらない出来事、過去・未来・宇宙・別次元など、隠された伏線とともに壮大なストーリーが展開されています。

[画像2: (リンク ») ]



幅広い世代で支持が広がっており、東京・渋谷マルイで期間限定ショップ「アドベンチャー・タイム ショッププチ」が2019年1月14日[月・祝]まで開催されるなど話題となっています。

[画像3: (リンク ») ]



日本初放送となる最新エピソード第140話-1「火星の迷宮」(原題:Temple of Mars)では、フィンはジャーメインと共に火星へ向かい、ノーマルマンに助けを求めます。そこにいたベティも加わり、宇宙に1人ぼっちでいるジェイクを探すストーリー。第140話-2「ガムボルディア」(原題:Gumbaldia)では、バブルガムの命令により、ガムボルドとの戦争準備に入るキャンディ王国。戦争に反対するフィンはジェイクと共にガムボルディアを訪ね、ガムボルドを説得しよう試みることからストーリーが展開します。

[画像4: (リンク ») ]


「アドベンチャー・タイム」の世界観を最初からたどり、物語の伏線となるエピソードやキャラクター達の魅力が再確認出来るエピソードを厳選した特別企画“集中講座Step5”では、第115話から第134話までの中からセレクト。初めて謎が明かされる太古の4元素、草のフィンの登場、スーザンとの冒険で再会するフィンの母親、ウー大陸の異変に立ち向かうフィンとジェイク、クライマックスシーズンへとつながる謎の人物の存在など、セレクトしてお送りします。

■放送情報
番組名:アドベンチャー・タイム 集中講座Step5
放送日時:2019年1月12日[土]・13日[日]午後6時–午後9時30分
番組URL: (リンク »)
公式Twitter: (リンク »)

■カートゥーン ネットワークについて
世界192ヶ国以上、約4億世帯が視聴する世界最大級のアニメ専門チャンネル。
永遠の名作「トムとジェリー」をはじめ、「きかんしゃトーマス」など大人気のアニメからオリジルアニメ「パワーパフ ガールズ」や「おかしなガムボール」、「アドベンチャー・タイム」など世界中から厳選した良質な作品を24時間放送。国内では、スカパー!のほか、全国のケーブルテレビ、IPTVなどで好評放送中。視聴可能世帯は約720万世帯。

■会社概要
会社名:ターナージャパン株式会社
代表者:最高責任者/ジェネラルマネージャー トム・ペリー
所在地:東京都千代田区
設立:1997年5月
TEL:0570-090-937
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]