「第11回 オートモーティブ ワールド / 第5回 自動車部品&加工 EXPO」~パナソニックブースの展示概要と見どころ

パナソニック 2019年01月09日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]


パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社(以下、パナソニック)は、2019年1月16日(水)から1月18日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第11回 オートモーティブ ワールド」内の「第5回 自動車部品&加工 EXPO」に出展します。

▼「第5回 自動車部品&加工 EXPO」出展のご案内
(リンク »)
▼招待券(無料)お申し込みはこちらから(第5回 自動車部品&加工 EXPO 公式サイト)
(リンク »)

パナソニックブースでは、“「かんたん」現場アップデート”をテーマに、セーフティライトカーテンの稼働状態をIO-Link(※)を通じて遠隔監視できるユニットや、セルフモニタリングセンサによる設備・装置の「予兆保全システム」を中心に、デモ機での実演などの展示を行います。そのほか、生産ラインの作業・設備・工程における生産性向上にお役立ちするソリューションを紹介します。

※ IO-Link:IEC61131-9に準拠したセンサおよびアクチュエータ用の通信技術

【展示会名称】第11回 オートモーティブ ワールド / 第5回 自動車部品&加工 EXPO
【会期】2019年1月16日(水)~ 1月18日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
【会場】東京国際展示場 東京ビッグサイト 東7・8ホール
【パナソニックブース】東8ホール / 小間番号:E63-32

【展示概要】
●複数のライトカーテンの状態をオンライン監視
IO-Link対応通信ユニットを用いた、小型・堅牢セーフティライトカーテン(SF4D)の一括遠隔監視による「作業効率向上」について紹介。
●セルフモニタリングセンサによるお手軽「予兆保全」
センサ自身が正常・異常や入光量低下などを判断、IO-Linkを介してそのデータを出力し、簡単に不具合を特定できる「予兆保全システム」を紹介。
●サーボモータ、センサの稼働監視
EtherCAT対応機器によるネットワークでの一元制御とプログラマブルコントローラ(FP7)のWEBサーバ機能により、稼動状況の見える化について紹介。
●「かんたん」設定の画像センサで工数削減
簡単な操作、小型・高速撮像を実現する画像センサによる、トレーサビリティと作業工数の削減について紹介。
●レーザマーカでのシンプル加工
FAYbレーザマーカを用いた金属や樹脂の表面加工による、工程改善・コスト削減について紹介。
●UV工法による生産性向上
速乾接着のUV照射器による、樹脂接着工程の自動化について紹介。
●サーボモータによる生産ライン向けソリューション
セーフティシステム向け安全PLC内蔵タイプやAGV(自動搬送機)などバッテリー駆動装置に対応するDC入力タイプのサーボモータを紹介。

【出展のご案内】
▼詳しくは下記WEBサイトをご覧ください。
(リンク »)

<関連情報>
・パナソニック 制御機器
(リンク »)
・パナソニック 電子デバイス・産業用機器
(リンク »)
・パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]