編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

優秀なAI人材なら年収3000万円も夢じゃない? AIビジネスの今と、「あたらしい働き方」とは? 『いまこそ知りたいAIビジネス』発売。

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン

From: PR TIMES

2019-01-09 10:40

この度、(株)ディスカヴァー・トゥエンティワン(取締役社長:干場 弓子、本社:東京都千代田区)より『いまこそ知りたいAIビジネス』が発売されました。



[画像: (リンク ») ]


スマートスピーカーや自動運転など、私たちの生活に身近になりつつあるAI。
AIに関連するニュースも毎日のように目にします。

しかし、
「そもそもAIとは何なのか?」
「AI導入で、私たちの仕事はどう変わるのか?」
「自社にAIを導入するためにはどのようなステップを踏めばいいのか?」
そんな疑問にきちんと答えられる人は多くないでしょう。

本書の著者、石角友愛さんは、ハーバードビジネススクールでMBAを取得、グーグル本社勤務を経て、現在はシリコンバレーを拠点にAI技術を使って企業の課題を解決するビジネスを展開中。

その中で危機感を覚えたのが、日本でのAIビジネスの可能性と、現在の日本におけるAIについての認識の違い。
例えば、「AIに仕事が奪われる」といった漠然とした不安や、逆に「AIで何でもできるんでしょ」といった過度な期待です。


■AIがインフラになる時代、私たちはどう働き、どう生きるか

電気や電話、インターネットがそうであったように、AIは近い将来、間違いなく私たちの生活のインフラになります。AI導入は、企業サイズに関わらず、“now or never” すなわち「今やらなければ手遅れになる」状態にあるというのが世界的な共通認識です。


■アメリカで270万人が利用する、人気ファッション通販サイト、スティッチフィックス(Stitch Fix)のAI戦略とは?

本書の中から最先端のAIビジネスの事例を紹介します。
アメリカで270万人が利用する、人気ファッション通販サイト、スティッチフィックスは、基本料金月額20ドルで、AIとスタイリストがおすすめする服が5着送られてきます。1着でも購入すると20ドル割り引かれるという、サブスクリプション型のファッション通販サイトです。

スティッチフィックスが特徴的なのは、あらゆるシーンでAIが活用されていること。また、その一方で、AIだけでは完結できない部分に上手く人間の判断やアクションが加わっていることです。

コーディネートをAI+スタイリストで提案
ユーザーにすすめる商品をAIで決める
配送を最適化
AIでトレンドを予測する

…など、これからAIを導入したい企業にとって多くのヒントが得られることでしょう。


■AIを導入する上で求められるのはビジネスモデルの変革

AI導入を検討する経営者はもちろん、自社のビジネスでAIをどう活用すればいいのか悩んでいる事業担当者、AIが導入されたら自分の仕事やキャリアがどう変わるのかを知りたいビジネスパーソンなどに向けて、わかりやすく書かれた1冊です。平易な言葉で解説しているので、テクノロジーが苦手な文系社会人でもAIビジネスの概要が大づかみに理解できるようになっています。

【目次】
第1章 ここがヘンだよ、日本のAIビジネス
第2章 AIビジネスの最先端を見てみよう
第3章 AIを導入したい企業がすべきこと
第4章 AIビジネスの課題とは
第5章 AI人材とこれからの日本
第6章 AI時代における私たちの働き方


【著者紹介】
石角 友愛(Tomoe Ishizumi)
パロアルトインサイトCEO/AIビジネスデザイナー
2010年にハーバードビジネススクールでMBAを取得したのち、シリコンバレーのグーグル本社で多数のAIプロジェクトをシニアストラテジストとしてリード。その後HRテックや流通AIベンチャーを経てパロアルトインサイトをシリコンバレーで起業。データサイエンティストのネットワークを構築し、日本企業に対して最新のAI戦略提案からAI開発まで一貫したAI支援を提供。AI人材育成のためのコンテンツ開発なども手がける。シリコンバレー在住。
著書に『才能の見つけ方 天才の育て方』(文藝春秋)、『私が白熱教室で学んだこと』(CCCメディアハウス)など多数。

パロアルトインサイトHP:www.paloaltoinsight.com

【書籍情報】
タイトル:いまこそ知りたいAIビジネス
定価:1,600円(税抜)
発売日:2018年12月13日
判型:四六判・ソフトカバー/280P
ISBN:978-4-7993-2397-7
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
ディスカヴァーサイト: (リンク »)

【本書のご購入はコチラ】
Amazon: (リンク »)
楽天ブックス: (リンク »)
セブンネット: (リンク »)
ディスカヴァーサイト: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]