編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

自動運転関連求人数の最新調査(2018年12月版)を公表 主要6転職サイトで1万件突破 - 自動運転ラボ

株式会社ストロボ

From: PR TIMES

2019-01-09 12:40

AIや位置特定などの要素技術で需要増、エンジニアの売り手市場続く

株式会社ストロボ(以下、当社/東京都・港区 代表取締役 下山哲平)が運営する日本唯一の自動運転専門ニュースメディア『自動運転ラボ』( (リンク ») )は、日本国内における自動運転関連求人数の最新調査(2018年12月末時点)をまとめましたので、結果を発表いたします。



●『自動運転ラボ』による調査: 最新の自動運転関連の登録求人数

主要6転職サイト(*)における自動運転関連の登録求人数は、2018年12月末時点で10,657件に達し、1万件の大台に到達しました。前回調査(2018年5月)の調査対象だった主要5サイト(**)においては、前回調査比627件増の1,407件となり、約半年で求人数が倍増する結果となっています。(求人数は、各転職サイトにおける「自動運転」のフリーワード検索の結果数)

* Indeed、doda、リクナビNEXT、マイナビ転職、ランスタッド、エン転職
** doda、リクナビNEXT、マイナビ転職、ランスタッド、エン転職
[画像1: (リンク ») ]


転職サイト別では、Indeedが9,250件と最も多く、dodaが1,106件、リクナビNEXTが104件、マイナビ転職が84件、ランスタッドが70件、エン転職が43件となりました。増加率においては、前回調査で対象外だったIndeedを除いてdodaが108.3%増と最多で、リクナビNEXTが36.8%増、ランスタッドが25.0%増、エン転職が22.9%増、マイナビ転職が2.4%増となりました。

自動運転業界では、自動運転レベル3(条件付き運転自動化)の市販化に向けた取り組みが進んでいます。2018年12月にはレベル3を想定した道路交通法の改正試案も公表され、技術開発レースが一層激しさを増しています。こうしたことが自動運転関連求人の急増に結びついています。

一方で、自動運転の実現に必要な人工知能(AI)や位置特定、ソフトウェア開発などの要素技術の分野では人材不足が続いており、今後も転職市場においてはエンジニアの売り手市場は継続するものと推測されます。


●「自動運転ラボ」による定点求人調査について

自動運転ラボは、業界を牽引する大手メーカーからIT・技術分野で革新の一翼を担うスタートアップまで、モビリティ業界の最前線についての情報を発信しています。自動運転関連の求人調査については今後も毎月実施・公表し、最新情報の発信が企業や団体の採用活動の一助となるよう努めて参ります。


【自動運転ラボ メディア概要】

[画像2: (リンク ») ]

メディア名:自動運転ラボ
URL: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
NewsPicks: (リンク »)
問い合わせ:contact@jidounten-lab.com


【株式会社ストロボ 会社概要】

[画像3: (リンク ») ]

商号:株式会社ストロボ
代表者:代表取締役社長 下山哲平
所在地:東京都港区麻布十番1-5-10(受付4階)
URL: (リンク »)
事業内容:デジタルマーケティング事業
メディア&コンテンツ開発事業
ベンチャー投資育成事業

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]