読む毎に広がるネットワーク、CFun Dapp Ver.2.2.0をリリース

Higgs Pte.Ltd 2019年01月09日

From PR TIMES



弊社は、2019年年始にあたり、CFun Dapp Ver.2.2.0を正式リリースしましたのでお知らせ致します。

新バージョンでは、二次元コンテンツファンに向け、新たに「語C」(ランゲージ・コスプレ)機能を実装致しました。語Cとは、ユーザーがCFunプラットフォームで連載されているオリジナル漫画の中から好きなキャラクターを選び、チャットルームでそのキャラクターに扮して会話を進める機能であり、ユーザーは読者としてだけでなく、参加者として漫画の世界の中でそのキャラとして活躍する事を可能にする他、ストーリーをより豊かにする役割を担います。今後、CFun Dappは、「語C」機能を多様化して行き、ユーザーが自作脚本を発表し、その中のキャラクターを演じたり、ホットな話題の人物を演じたりするなど、参加者全てにIP創作者としてのプラットフォームを提供して参ります。


[画像: (リンク ») ]

CFun Dapp Ver.2.2がリリース

CFUNWORLDは、ブロックチェーン技術を基盤とする二次元コンテンツプラットフォームであり、日本・韓国・米国をコンテンツ創作のマーケットに、中国、マレーシア、ベトナムならびにアジア一帯をコンテンツ消費のマーケットに据え、グローバルな二次元コンテンツコミュニティーの形成を目指しております。また、CFUNWORLDは2018年末で米国証券取引委員会(SEC)にSTO登録を行い、世界で初めてSECによるセキュリティ・トークン販売許可を受けた二次元ブロックチェーンプロジェクトとなりました。

■CFun Dappのロールプレイング機能、読む毎に広がるネットワーク

今回、CFun Dappで実装した「語C」(ランゲージ・コスプレ=なりきりチャット)機能は、読者が一人の参与者として漫画の世界にコミットすることを可能にするものです。

CFun Dappの「語C」モジュールでは、ユーザーは自分の演じたいキャラクターを選択し、「演じる」ことができます。各自が選んだキャラクターに対する理解に従い、そのキャラクターの口調を模倣して他のプレイヤーとチャットを展開、その他のプレイヤーと読者が下したそのパーフォマンスに対する評価結果を元に、プレイヤーのパフォーマンス時間が増減されます。また、このチャットにおけるプレイヤーらのキャラクターに対する理解・演出・期待値などは、今後のストーリーを考慮する際の参考指標として採用される可能性もあります。

その他にも、CFun Dapp Ver.2.2.0では、新たなミッションシステムが追加されました。ユーザーは、求められたミッションをクリアすることで、ミネラルの獲得が可能になります。このミネラルはユーザーの毎日のミネラル獲得量に応じ、一定のレートでCFun CFTへと交換が可能となります。CFun CFTはプラットフォーム上の有料漫画を購入する際に利用することが可能である他、CFun Tokenを取り扱っている取引所での取引を行うことが可能になります。

■二次元ブロックチェーンコンテンツプラットフォーム、誰もがクリエイターに

ブロックチェーン技術を基盤とする二次元コンテンツプラットフォームであるCFunは、最も創造的なビジネスモデルを有しています。CFunプラットフォームはオリジナル漫画IPのサポートに注力しており、分散型デジタルキャッスルを通じてIPの共同創作者にサポートを提供します。また、ブロックチェーン技術を二次元コンテンツと紐付けることで、アップロードされた作品の改ざん防止やクリエイターの皆様の合法的権益が保障され、それぞれの貢献に応じた収入が獲得できるようになります。

また、CFunは数多くのアーティストと協力し、アーティストの二次元キャラクターIPの開発を行っております。アーティスト一人一人の希望に基づき、CFunプラットフォームはクリエイターとマッチング、二次元版のオリジナルキャラクターを作成し、そこでデザインされた二次元キャラクターを利用し、定期的に更新される連載漫画を製作します。そして今後、キャラクター化されたアーティスト達もCFun Dappの「語C」モジュールに参入が予定されており、ファンは二次元の世界で自分のアイドルと交流することが可能になり、お互いの距離感を縮めることで、ロイヤルティの向上をはかります。

現在、CFunは、韓国の漫画プロダクションTORYCOMS及びCream Mediaに所属する約200名のクリエイターと契約を完了、約30名のアーティストとのコラボレーションを企画しております。また、中国の人気アーティストであるカルヴィン・フーとローリング・ショーンをベースにした連載漫画『ヤング・ディティクティブ』と『アダム・ザ・キラー』は現在すでにCFun Dappで配信を開始しており、この二つの物語を背景とする「語C」機能もすでに運用を開始しております。


* * *


■CFUNとは

CFunは、東京に本社を置く、ブロックチェーン技術を基盤する二次元コンテンツプラットフォーム開発を手がけるシステム会社であり、米国カリフォルニア州にあるCFUNWORLD LTD.を持株親会社としています。

CFunプラットフォームは、IP(オリジナル漫画IPまたはアーティストIP)の開発に尽力しており、既に韓国の漫画プロダクションTORYCOMSやCream Mediaに所属する約200名クリエイターと契約、また、約30名のアーティストとのコラボレーション企画を進めております。アーティストとのコラボでは、アーティストの分身的存在に当たる二次元IPキャラクターを共同製作し、アーティストがすでに持つ約一億人のファンにリーチします。

【お問い合わせ】
CFunジャパン株式会社 広報担当
Company name: CFUN JAPAN INC.
Contact Person: Jiawei Dong
Email: jiawei.dong@cfunproject.com
Phone: 03-5789-5478
Country: Japan
Website:www.cfun.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]