編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

買取プラットフォーム「ウリドキ」、東急不動産HDのナジックと家財売却サービス「URIDOKI買取Day」を開始。

株式会社ウリドキネット

From: PR TIMES

2019-01-10 11:00

C2Bの買取プラットフォーム「ウリドキ」( (リンク ») )を運営する株式会社ウリドキネット (本社:東京都品川区、代表取締役:木暮康雄)は東急不動産HDの株式会社学生情報センター(本社:京都市、代表取締役社長:吉浦勝博 以下、ナジック)との協業にて、ナジック( (リンク ») )が展開する学生マンションにて、家財売却サービス「URIDOKI買取Day」を開始します。



[画像1: (リンク ») ]


近年リユース市場の成長が注目されておりますが、その成長余地はまだまだあり、経産省の調査では、日本の家庭ではリユース価値にして、1年間で7.6兆円の不用品がうまれていると推定しています。一方で、環境省の別の調査では、日本人の凡そ6割の人たちがモノを売っていません。
そこで、モノを整理する最後のタイミングである引越しに向け、学生情報センター社と共に家財売却サービス「URIDOKI買取Day」を開始します。


■「URIDOKI買取Day」について
対象となるマンション住民のお客様は、ウリドキが用意する専用ページにて、売りたい商品を登録。ウリドキが提携するリユース会社がその商品を事前査定。その価格で良ければ、予め決められた日時にリユース会社が商品を引き取りに伺いに行き、現金にて買取金額を受け取ることが出来ます。

[画像2: (リンク ») ]


※引き取りに伺う日時は以下となります。
2018年2月22日(金)10:00-19:00
2018年3月22日(金)10:00-19:00
※対象マンション:新百合グリーンハウス
今後は日時・対象マンションを拡大していく予定です。


■「URIDOKI買取Day」のメリット
1.手間が不要で楽!
テレビやソファー、楽器、自転車などの大型家具や家電は売るにも処分するにも手間が掛かります。本サービスでは家まで取りに来てくれるので楽に売ることが出来ます。もちろんDVDやCD、本などの小物まで対応しております。
2.高く売れる!
1日にまとめて買取にくるので、リユース会社の出張費用が削減されます。その分を買取価格に反映することができるので、通常の買取サービスを利用するより高価で買い取ってくれます。
3.安心!
買取に来てくれるのはリユースのプロなので、個人向けフリマサービスと異なり、レビューを気にしたり値引きの心配もありませんので安心して取引を行って頂けます。


■学生情報センターについて
会社名:株式会社学生情報センター
所在地:〒600-8216 京都市下京区烏丸通七条下ル ニッセイ京都駅前ビル
創 業:1975年
代表者:代表取締役社長 吉浦 勝博
URL: (リンク »)

■ウリドキネットについて
会社名:株式会社ウリドキネット
所在地:〒141-0022 東京都品川区東五反田5-21-13 中丸ビル5F
設 立:2014年12月
代表者:代表取締役 木暮 康雄
URL: (リンク »)
事業内容:C2Bプラットフォーム「URIDOKI(ウリドキ)」( (リンク ») )の企画・開発・運営

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]