編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「ビジネスパーソンのためのメトロde朝活」シリーズ 京王電鉄・東急電鉄・京急電鉄・西武鉄道にエリア拡大

ストリートアカデミー 株式会社

From: PR TIMES

2019-01-15 10:40

2019年1月24日(木)より京王多摩センターにて開始

教えたい人と学びたい人をつなげるスキルシェアサービス「ストアカ」を運営するストリートアカデミー株式会社(以下「ストアカ」)と、東京地下鉄株式会社(以下「東京メトロ」)と協業開始した「 30分でまなべる!ビジネスパーソンのためのメトロde朝活」を、2019年1月より東京都が取り組む“冬の時差Biz”の一環として、京王電鉄株式会社(以下「京王電鉄」) 、東京急行電鉄株式会社(以下「東急電鉄」)、京浜急行電鉄株式会社(以下「京急電鉄」)、西武鉄道株式会社(以下「西武鉄道」) 、以上電鉄4社に拡大し開催します。各鉄道事業者が保有するスペースを有効活用し、「話し方」や「プレゼン」をはじめとした講座を開講する予定です。




[画像1: (リンク ») ]

|背景:実証実験の好評により、鉄道事業者の垣根を超えて拡大
東京メトロとの実証実験として、2018年4月から永田町駅構内の駅チカ商業施設「Echika fit永田町」にて、ビジネスパーソンを対象とした朝活講座を開催していました。永田町での開催が好評であったことを受け、表参道、大手町、上野駅と拡大展開してきました。今回は東京都が主催する“冬の時差Biz”に参加している鉄道事業者の賛同により、東京メトロ以外の4社との協業が実現しました。

|各社の座組み
ストアカが講師選定と講座企画および申し込みシステム提供を行い、東京メトロが講座運営、他鉄道事業者4社がスペースの提供を行います。ベンチャー企業と鉄道会社の協業により、通勤中のお客様に気軽に学べる場を提供し、新しいことを一歩踏み出す皆様を応援する取り組みを実現します。


[表: (リンク ») ]



|スキルシェアの「ストアカ」とは
ストリートアカデミー株式会社が運営する「ストアカ」は、学びたい人と教えたい人をマッチングし、リアルな場で講座を開催する日本最大級のスキルシェアサービスです。入会金などは不要で、単発から受講でき1講座数千円~と気軽に学べることが特徴です。現在ストアカは、全国で26万人以上の登録者がおり、170ジャンル2万講座以上が開催されています。
[画像2: (リンク ») ]

また「誰でも気軽に先生になれる」をコンセプトとし、大人の学び直し・リカレント教育、副業解禁やシニアの雇用の後押しのツールの一としてサービス開始から6年が経ちます。1)予約管理 2)受講料の管理 3)講座日の設定 4)生徒からの評価レビューによる信頼性 5)開催告知チラシの作成 など個人で講座を開く際の煩わしい手続きを全て一括して管理することができます。また、「先生になりたい人向けのワークショップ」を東京、大阪、福岡で定期的に開催し、これから先生になってみたいと考えている方々の支援をしています。

|「ストアカ」を運営するストリートアカデミー株式会社について
[画像3: (リンク ») ]

2012年7月に設立し、“教えたい人“と”学びたい人“をリアルにつなぐ、まなびのマーケット「ストアカ」を運営しています。日本全国で登録会員26万人以上のスキルシェアです。ビジネスや自分磨き、趣味やライフスタイルまで、スキルを教えたい個人が気軽に講座を開催し、受講することが出来ます。ウェブ上でマッチング・講座開催は対面で行うことが特徴です。スキルシェアを通じて社会人の学びの選択肢を増やし、社会に「自由に生きる人を増やす」ことを目指しています。蔦屋書店、博多マルイ、近鉄百貨店と共同開催も取り組んでいます。

■URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]