編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

建築系スタートアップのスタジオアンビルト(株)(愛知県名古屋市)がシードラウンドで1.1億円を調達

スタジオアンビルト株式会社

From: PR TIMES

2019-01-15 12:00

個人がスマホで建築家に注文住宅の間取りを依頼できる「madree(マドリー)」のサービスを強化

建築系スタートアップのスタジオアンビルト(株)が、ニッセイ・キャピタル(株)、静岡キャピタル(株)、(株)OKBキャピタルを引受先とする第三者割当増資、日本政策金融公庫の挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)の適用により、総額1.1億円の資金調達をシードラウンドで実施しました。
(リンク »)



■資金調達の背景
スタジオアンビルト株式会社は今回調達した資金を使い、2018年7月31日にリリースした注文住宅を検討するユーザーに向けた間取り依頼サイト『madree(マドリー)』( (リンク ») ) の継続的開発および人材獲得、事業推進を行います。

■資金調達の引受先
今回の資金調達の引受先は以下の通りです。
ニッセイ・キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:安達哲哉)
静岡キャピタル株式会社(本社:静岡市清水区、代表取締役:水谷林蔵)
株式会社OKBキャピタル(本社:岐阜県大垣市、代表取締役:飯沼日出満)
日本政策金融公庫の挑戦支援資本強化特例制度 (資本性ローン)


■スタジオアンビルト株式会社メンバー

[画像1: (リンク ») ]



■日本初、注文住宅の間取り作成サービス「madree(マドリー)」とは


サービスリリース後5ヶ月で会員登録ユーザーは1,000名以上
Instagramで3万フォロワー


7月31日にサービスをリリースし、家づくりを検討中の会員登録ユーザーは5ヶ月で1,000名を突破。
また、madreeで作成した間取りをコメント付きで紹介している公式Instagramのアカウントは、昨年末で3万フォローを超え、「#間取り」といったキーワードで検索しながら家づくりの情報収集を行う多くの見込み客にリーチしています。今回の資金調達により、事業成長のさらなる加速を目指します。



95%の建て主が不満を抱えた間取りの質を、建築家の力で改善

日本で注文住宅を建てた人の約95%が間取りに不満があるというデータがあります。(日経ホームビルダー掲載)
その原因の一つは、間取りを作成するのが設計の専門家である建築家・デザイナーでないケースが多いから。

マドリーではスマホに要望を入力するだけで登録している3,000名以上の建築家・デザイナーが作成したオリジナルの間取りが届きます。 わざわざ展示場に足を運ばなくても自宅にいるだけで、クオリティの高い間取りがお客様の元へ届きます。マドリーは新しい注文住宅のつくり方を提案します。

[画像2: (リンク ») ]

▲実際に集まった間取り例

[画像3: (リンク ») ]

madree(マドリー)
(リンク »)


■会社概要
社名:スタジオアンビルト株式会社
所在地:愛知県名古屋市中区2-11-13

代表:代表取締役 森下敬司
設立:2017年6月

資本金:74,500,875円(資本準備金を含む)

事業内容:
注文住宅間取り作成サービス「madree(マドリー)」の運営
(リンク »)
建築設計のクラウドソーシング「STUDIO UNBUILT」の運営
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]